エッチ体験談 13,000話 突破!!

浣腸ヘルス

浣腸フェチさんから投稿頂いた「浣腸ヘルス」。

馴染みのヘルスに浣腸を持ち込んで、何時指名する熟女な嬢に浣腸して貰うことが快楽になっています。彼女には三年以上 お世話になっており 私の性癖をよく理解してくれて 何時も充分満足させてくれます。

今では お店の部屋に入るなり「また 浣腸されに来たの?」と言いながらパンツの中に手を入れて興奮度を確認してきます。
女性の発する”浣腸” の言葉と、柔らかな手で
彼処を握られて既に息が上がり 我を失って
いきます。
持参した浣腸を彼女に手渡すと 便秘の彼に年上の彼女が浣腸してあげると想定したように「便秘してるのね、浣腸してあげるからお尻出して」と言われて 興奮で震えながらパンツを下ろして彼女の指示に従います。
ベッドに四つん這いになるように言われ 恥ずかしいフリをしてお尻を閉じていると、
「浣腸し易いように もっとお尻を突き出して お尻の穴を良く見せて」と言いながらお尻の穴にクリームを塗ってくれます。またその刺激が更に興奮させ 完全に我を失くすこととなります。
彼女に渡した浣腸は、先の長いロングタイプと、イチジク浣腸2個。
「今日は先の長い浣腸で お腹の奥まで お薬をいれますね」と言って長い管にもクリームを塗って準備を進めます。準備を終えると
「はーい、力を抜いてー 、息吐いてー」
長い管がゆっくり入ってきます。
「痛くない? じゃあお薬いれまーす」
お腹の奥で冷たい感じがします。
薬液を入れ終わると 「はーい、お薬入りました。管を抜くからお尻を締めてねー」
ロング浣腸は この管を抜くときの感触がたまらず 思わず声が出てしまいます。
そして 更にイチジク浣腸を二本、立て続けに
入れてくれた後、お尻の穴をティッシュで
押さえて我慢させられ 限界がくるとお店の
トイレを借りてスッキリさせます。
その後、シャワーでお尻を綺麗にして ベッドに戻り 彼女の柔らかい手で彼処を刺激してもらうと あっと言う間にいってしまいます。

コメントを残す