エッチ体験談 13,000話 突破!!

本仮屋ユイカさんに似た可愛い妻はマゾ調教を受けていました

S夫さんから投稿頂いた「本仮屋ユイカさんに似た可愛い妻はマゾ調教を受けていました」。

結婚して4年、3歳年下の妻は34歳です。
妻は三十路でも可愛い顔をしていますが、どこか田舎臭さが否めなくて、よく本仮屋ユイカさんに似ていると言われます。
そんな妻と私が出会ったのは7年前、ハメ撮りマニアが集うサークルのオフ会でした。

妻は、20代半ばすぎても、セーラー服コスプレでマゾ調教を撮影されていましたが、そのハメ撮りの出来栄えは素晴らしく、年齢的には奇跡的にセーラー服が似合っていました。

当時の私のパートナーは女子大生で、4年生になって間もなく卒業してお別れと言う頃、パートナーに輪姦体験させたくてオフ会に出ました。
私のパートナーは露出系マゾで、野外撮影が多かったです。
そんな卒業間近のパートナーを、大学時代の思い出に、オフ会で、私を含めて8人の男性で輪姦しました。
もう、パートナーは白目を剥いていて、最後、使用後の8本の結んだコンドームをパートナーのお腹に並べて、輪姦で真っ赤になったオマンコと共に記念撮影しました。

パートナーを大学卒業で失う私は、ハメ撮りマニアが集うサークルを退会しました。
その時、妻のパートナーも転勤で去るので、妻も退会するというから、新しく私とパートナーを組もうとなったのです。
一度退会して、相性を見るために後日、ラブホで会いました。
そして、以前から気になっていた、完全い皮から剥き出たピーナツほどの巨大なクリトリスについて、尋ねてみました。
それは、妻が22歳から27歳までの5年間パートナーだった転勤してしまった男性が、数年かけて根気よく吸引器で吸い出した結果でした。

妻のオマンコは、マゾ調教を5年間受けたにしては、クリトリス以外は綺麗でした。
ビラビラもまだ薄紅色で、閉じるとビラビラが格納されて筋だけになりますが、クリトリスだけが飛び出ている変わったオマンコでした。
「彼は、アソコにあまりおチンポを入れませんでした。クリちゃんを責めながら、お尻の穴におチンポを入れて、そのままお尻の中に射精していました。」
妻のパートナーは、クリトリス責めとアナルが好きな男性だったようです。

クリトリスを肥大化させて、ペニスのようにすると、快感が何倍にもなると言われています。
吸引されて肥大した妻のクリトリスをクンニリングスすると、妻は仰け反って痙攣しながらあっという間に逝ってしまいます。
その後、妻のオマンコにペニスを挿入して、腰を振りながらクリトリスを指で撫でると、妻は激しく逝き狂います。
本仮屋ユイカさんに似た純情顔を歪ませて、淫らな嬌態を見せてくれます。

妻が前のパートナーに調教されている動画があります。
巨大クリトリスを弄られながら、ゴルフボールくらいありそうなアナルボールをアナルからゆっくり引き抜かれて、悶絶していました。
ニュルン!と引き抜かれるとき、アナルがものすごく大きく拡がって、
「アァン・・・」
と声が出ていました。
そしてクリトリスを責められてヨガリまくり、またアナルボールが引き抜かれました。オマンコを責めている動画はほとんど見られず、クリトリスとアナルを苛められていました。

妻は長年アナルが主流だったためか、オマンコでのセックスが新鮮だったようです。
オマンコをペニスで抉りながら、肥大クリトリスを撫でるセックスが私と妻の主流でした。
そんなセックスは、それまでの私や妻のしてきたプレイからすれば、とてもソフトでしたが、いつしか私と妻はプレイと言うより、愛情を持ってセックスしていました。
パートナーになって2年後、私33歳、妻30歳で結婚しました。
現在結婚4年、1歳の娘と3人家族で、34歳の妻は見るからに純情お母さんですが、そのオマンコからは、純情顔に相応しくない巨大クリトリスが顔を出しています。
いつか、子供が大きくなって親子でお風呂に入らなくなったら、妻のクリトリスにピアスを通そうと思っています。
その日を楽しみに、3人仲良く暮らしていこうと思います。

1 COMMENT

匿名

性器改造は、それだけその男に心身ともに捧げてたかという証明。
従属マゾの証。
心も体もご主人様、あなたではない。

返信する

コメントを残す