エッチ体験談 13,000話 突破!!

バイパスで、、、産後処女のタメ息2

バイパスで、、、産後処女のタメ息2

沙那恵さんから投稿頂いた「バイパスで、、、産後処女のタメ息2」。

沙那恵です。
1男たちの車の中で歪められたわたしの続きです。

車内の環境は最悪、フラットになったために、助手席の人も加わり、私を含め、7人でした。
 リョウさんがみんなにビールを一本づつ渡して言いました。

『じぁ、可愛い子ちゃんに乾杯だ。奥さんも泣いてばかりいないで飲みな。』
 親方からみんなが紹介されました。私は泣き濡れていたため殆ど、聞いていませんでした。
『奥さん、名前は』
 私はこたえませんでした。
『さぁ、またガキがいつ泣き始めるか分からないから、今のうちに上着脱ぎなよ』
『いや!』
『嫌じゃないよ!これは命令だって言ってんだ!』
 すると親方が強引にピタニットを剥ぎにかかりました。私は抵抗虚しくあっという間に上半身裸にさせられました。
 私は男たちに取り囲まれた真ん中で体育座りのパンチラ姿勢で、腕をクロスして両胸を隠し、膝伏して身を固まらせました。これしか身を守る方法はありませんでした。
『チェ、つまんねぇ!』
 すると親方は私のエルメスのカバンを盗り、荷物を漁り始めました。
 私はそれを抵抗しましたが、中味を取り出され、床にぶち撒けられました。
財布、化粧ポーチ、携帯、サングラス、ハンカチ、巾着、、、そして、母乳搾乳器、、。
 親方は当然それを手にします。
『なんだこれ?』
『親方、それ乳絞る機械っすよ』
『えっ、マジ?、、おい、中味入ってんぞ、みろ!』
 私は主人の実家に訪れていた際、かなり胸が張ってしまい、我慢していましたが、痛みが走りはじめたので、トイレに駆け込み、搾乳したのを思い出しました。かなり溜まっていたために、両胸で160ccの満杯になっていたのを思い出しました。
 みんなが回してそれを確認していると、親方は言いました。
『日本酒、日本酒!』
 親方は日本酒をコップに半分くらい継ぎ、母乳搾乳器のポットを取り外し、溜まった満杯の母乳を日本酒の入ったコップになみなみ注ぎました。
『にごり酒の完成!』
『親方、俺缶コーヒーに入れて飲みテェ!』
『カフェオレか、それもいいな。』
『親方、俺も!』
 私の母乳が、赤ちゃんのためのミルクが、遊ばれて男たちのエサになりました。
 親方の荷物検査の暴走は更にエスカレートしました。
 到頭、親方に早速気づかれてしまいました。巾着を取り出して、中味を開きます。
『こりぁなんだ?』
 私はそれを見た途端一気に血の気が引きました。必死に取り返そうとしますが、ダメでした。
 中味が床に引きづり出されました。
 ナプキン、パンティライナー、生理痛薬、替えようショーツ、花柄のビニール。親方はその花柄のビニールから、包まれた個体を出します。私の使用済みの2つ折りにしたパンティライナーでした。
『あっ!だめ!』
『これ奥さん、使った奴か?』
 万事休す。親方は2つ折りにした使用済みのパンティライナーの接着を剥がして開き返してしまいました。
 そのパンティライナーには生理の血は無かったです。ただオリモノ、つまり愛液や潮、オシッコが夢精に垂れて固まって黄色い一本線が入っていたことを覚えていました。
 親方はそのクロッチ部分に鼻をつけて嗅ぎました。
『おぉ、使用済みだぜコレ!奥さんのアソコ、石鹸とオシッコと生血の魅惑な匂いだ。』
『しかも羽根つき!』
 男たちから拍手喝采です。私は顔を手で覆うしかありませんでした。
 その使用済みパンティライナーは男たち全員に回されて嗅がれました。
 最後の運転手の人が嗅ぎ終わると、そのパンティライナーはフロントガラスに貼られました。
 運転手の佐々木さんは、私を覗き込み、こう言ったのです。
『超可愛いお色気弁天の御守りだな。暫くはこの車は安全だ。』

 暫くして親方が私の母乳と日本酒のミックスを飲みながら言いました。
『じゃ、恒例の宴会ゲームやるかいな!』
『おー!』
私は何がなんだか分からずに、ただ宴会ゲームと聞いて嫌な悪感が走りました。
 私は胸を丸出しの中、後ろ手を縛られて、目には睡眠マスクをつけらます。私は両サイドの男性に動かないように固定されます。
 私の向かいに立つ男性も目にはマスク。その状態で人差し指一突きで私の乳首を当てるゲームです。
当てられたら、男が口に含んで散々うがいされた日本酒を口移しで飲み干さなければなりません。逆に男性側が外れても、今度は私が日本酒を口に含んで男性にこぼさず、口移しでお酒を飲まさなければならないゲームです。又、うまく男性の口の中にお酒を入れなければ、又私が飲まされるハメになります。
 私は勝っても負けても男性に口づけを受けたり、しなければならない屈辱的なゲームです。
 後から聞けば、それは親方たちが、デリヘル譲と遊ぶ時のゲームで使われることを知りました。

 私が男たちから口にしっかりうがいされ口臭の染み付いた日本酒を注ぎ込まれますが、それを全て飲み干せる訳も無く、殆どを車内マットに吐き出します。しかし男たちは平気でディープな今までに受けたことのないような、脳みその中がえぐられるようなキスを私に施しました。
 これ程多くの男性から激しいキスを連続で受けたことのない私は失神寸前で、堪らず倒れてしまいました。

 気がつくと車は次の2回目のドライブインについていました。
 どうやらあまりに激しいキスの衝撃で、私は気絶してしまっていたようでした。
 主人の車も止まり、主人がこの車に来たはずですが、、。
 既に外にタバコを済ませた男たちが、車に迫っていました。
 私は親方とドライバーの貫井さんに挟まれて胸を揉まれながら乳を吸われていました。
 私はそれを振り解いて、起き上がりましたが時すでに遅く、タバコから帰った男性たちが、缶ドリンクを買い込んで乗り込んで来てすぐ、出発しました。

『おはよう、奥さん。』
『主人は?』
『旦那さんは来たけど、俺らが気絶してる奥さんの乳首吸ってるの見たら失望していっちったな。』
『主人に会わせて?』
『もう、遅いよ。』
 外から帰ってきた男性たちが言いました。
『親方、ブラックコーヒーに又、奥さんの乳入れて飲みたいんすけど。』
『そうだな。にごり酒も無くなったら、奥さんから搾りだそうか、、、いいのあるしな』
と、母乳搾乳器を取り出しました。

『!!、、』

 親方が言いました。
『と言っても、俺と貫井が今まで吸い取ってたから、まだ出るかどうかだ、、』
『じゃ、親方時間決めて、左右どっか出るかにかけて当たった方が乳飲めるとかに。』
『いいな、やろう。じゃ、搾乳競争だ!』
 搾乳時間は左右10分で、左は親方が、右はリョウさんが絞ることになりました。
 殆どが右に偏りましたが、私の利き胸は左なので。
左は初めこそ、全く出ませんでしたが、親方が乳房を揉みながら搾取すると、あれよあれよという間に80ccから100ccまで到達しました。
 右はリョウが力強く、強く激しく揉みながらの吸引しましたが、幾ら時間を費やしても、40ccから50が精一杯でした。
『左の勝利!』
 左を支持したのは、親方、元中央席の一人しかいなかったため、乳、取り合いのゲームの結果は持ち越し延長されました。
『じゃ、下着の色当てクイズ!』
と親方が言うと
『親方、もうみんなわかってまっす!』
『白です。白!』
『バストもHですよ!』
『なんだよ、いきなりクリトリスかよ?つまんねぇな。』
『クリトリスボッキサイズ当てクイズ!』

『! ! !、、、、』
 私は親方、リョウさんに両手両肩を拘束されました。
イヤイヤをしましたが、あと3人のうちの一人が私の片足をとり、一人が私の股間に割って入り、タイトスカート、ストッキング、ショーツは手際良く脱がされ、先頭席の運転手の貫井さんに渡されます。
 貫井さんはタイトスカートとストッキングはハンドル前天板に押し込め、ショーツは運転席の吸盤ストラップに電車の吊革のようにかけました。
『おっ、また生理品だ』
 男性は私の股間からパリパリとパンティライナーを剥がしてデルタ部分を目撃しました。
『ゼリーがべっちょりだ!』
『!!!、、、』 
『出来立てホヤホヤだ。』
 親方が私のクリトリスサイズを集計します。
包皮を剥かれた状態の短小時0.5cmから勃起時1cmから5cmの間で争われます。

 又みんなでそれを一人一人に舐め回されました。そして最後に貫井さんに渡され、又前のパンティライナーと並べてられて運転ガラスに貼り付けられました。
 全裸にされた私は、かなり抵抗しましたが、巨漢な男性一人でも抵抗が難しい中にあって6人に封じられれば、ほぼ無抵抗な状態にならざるをえませんでした。
 股間に割って入った人が私の両足を上げながら言いました。
『さ、お楽しみのご開帳のお時間だ!』
 私は6人の男性に囲まれながらまんぐり返しをされて、股を開かされました。
『人妻のクパだ。』
 親方が両親指で大陰唇、小陰唇を開かされ、クリトリスの包皮を剥ぎます。
 親方の手には施工道具で使用されるノギスがありました。
『えーと、奥さんチンポはと、短小時、0.6、、、』
 親方がクリトリスを指で撫でたあと、口を近づけて舐め始めます。
『はっひ!』
 私は苦悶に喘ぎました。親方は舐めるだけでなく、思いっきり吸ったり、指でこねくり回し
たり、。
とても耐えられないほどの衝撃でした。堀さんが言いました。
『奥さん、親方のクンニ効くだろ?』
主人のクンニとは全く違いました。
 親方になぶられただけでも、腰が浮き、ポルチオが疼き、下腹部が痙攣始めました。
『おぉ!』
下っ端の湊さん、堀さん、神田さんが訪ねました。
『親方、サイズは?』
『すげぇ、べっぴんさん、2.8にもなったぞ!調教したら変わるぞこの女。俺の女にしたくなった、、』
 みんな携帯を取り出し、みんなからまわされるように撮影されました。
 結果的に2.8は近場で堀さんが2を予想、続いている鈴木さんが1.8、貫井さんが1.5だったので、母乳はこの3人に分け与えられました。
 その後、私は6人の男性に囲まれて、まんぐりクンニ嬲りを受けました。
 一人が終わると一度はまんぐり返しから解放されるのですが、又1分も経たない内に、又別の男からまんぐりされて舐められはじめます。
 その間、バギナクンニだけで、繰り返しのたうち回るオーガズムを10回以上味あわされ、失神気絶を繰り返しました。
 車が最後のドライブインに到着しました。
とてもこれ以上、ここにいることは出来ません。

 私は親方にお願いしました。
『上着と下着、スカートを返して下さい。』

『ダメに決まってんだろ!』

と、私は親方から大きい寝袋を渡されました。
 丸で小さなテントを思わせるくらい大きいサイズでした。多分この寝袋は夫婦用のものを男性一人で使用しているのです。

『早くしないと旦那が来るぞ!早くしろ!』

 私は全裸の私は寝袋の中に入りました。酷い汗臭さと、男くさい悪臭が鼻をつきました。鼻を押さえていないと、とてもいられないところでした。
 するとそこになんとリョウさんと親方がニヤつきながら入って来ました。
『ちょっ!』
 寝袋の中が満員になりました。袋の中で2人に挟まれながら、手で身体中を触られました。
 親方が一度運転手の貫井さんに言いました。
『ヌク、旦那来たら頼むな。』
『かしこやりました。』

 暫くして主人が来たようです。
『旦那来ました。』
 親方とリョウさんは寝袋に隠れ、私の胸やアソコを舐めまくりました。
 主人は運転席の窓から覗き込みました。
主人は運転席にぶら下げられたショーツに不可解さを隠しきれないようでした。

『どうしたね、旦那さん?』

『いや、女房と娘は大丈夫かなと、、』

『娘さんなら、あれからスースー寝てるよ。』

『女房は?』  

 私が顔を出そうとすると、私は口を抑えられて親方に制されました。

『奥さん、飲み過ぎちまって、今、寝袋でねかせてるよ。』

 『女房は酒飲めない筈なんですが、、、』

 私は涙で頬を濡らします。

『そうなの、、』

 主人は遠く離れた運転席の窓から声をかけます。

『おい、大丈夫か?』

『おい!』

 親方は口を解きました。
 私は寝袋から顔だけを出しました。

『大丈夫か?』
『どうした?』
 涙で答えられませんでしたが、親方が私のお尻をつねります。
『だ、大丈夫よ。気にしないでね』

 私のセリフを聞いた主人は落ち着いた様子で、
『そうか、もう少しだからな。』

 主人はそう言うと、もう一台の車に行ってしまいました。

 車が走り出すと、親方とリョウさんは飛び出して私を寝袋からひきづり出しました。

 私は一人一人にまわされました。
『こりゃ、まんぐり種付プレスしかないな!』

まんぐり種付プレスとは、両足首を持たれ、足をV字に開かされながら頭の上を超えてまんぐり返しで押さえつけられると、必然的にちょっと尻が浮くような状態になり、その状態で、バギナにデカ竿を挿入され、男性は全体重をかけて奥まで強引な突き落としピストンする体位です。これは子宮口をモロに突かれる体位で女性は堪らず、愛液が溢れ出しする拷問のような体位です。

『奥さんのあえぎ声、可愛いくていいな』

 又、まんぐり崩れで、方足だけ持たれ、強制的なキック開き体位でガン突きされる〝種付け十字〟も体験させられました。

 もも刺しとは両足首を握り、た、です。
 股間の真上から突かれている場面を後ろ底辺視点で見ると女性の尻がももに見えることからついた名です。

全員、ゴムなしの真正中出しでした。

 地獄の時間を都内ICにでるまで車内に繰り広げられました。
『やりたりねぇよ、親方。』
『こんなエロい身体した上玉めったにねぇし。このまま返すの勿体ねぇよ』
『そうだな、旦那にゃわるいが、チト借りるか。奥さん、調教すりゃ、性格変わんのわかってるしな。』   

インターチェンジを降りたところで、車二台は道路の端に縦列停車しました。私の車から、堀さんが娘を持って、私たちの車から降りると同時に私たちの車は走り出します。
 堀は主人に対して、
『奥さん、ちっと酒飲ませすぎちったんだ。急性アルコール中毒になったかも知れないから、親方急いで救急病院連れてったさ。あとで病院着いたらアンタの電話に親方が連絡するから、俺にアンタの連絡先教えてくれ。』
 と、堀さんは主人から連絡をうけると、娘を主人に渡し、今まで主人が乗っていた席に乗車し、わたしだけを連れ去ったらしいです。
 一体彼らは私をどこへ連れていこうと言うのでしょうか?
 私はこれから彼らにどんな目にあわされてしまうのでしょうか?

コメントを残す