エッチ体験談 13,000話 突破!!

とてもスケベで小悪魔だった昔の彼女が夢に出てきました

昔の彼氏さんから投稿頂いた「とてもスケベで小悪魔だった昔の彼女が夢に出てきました」。

23歳から26歳まで付き合ってた、昔の恋人だった3歳年下の女性がいます。
倉科カナさんに似た小悪魔系の美人で、別れてからかれこれ10年になります。
今では私にも妻子がいて、それなりに幸せだと思ってます。

でも、ここ半月くらい、なぜか彼女の夢を数回か見ました。
ある夜は飛び切りの笑顔で、ある夜は小悪魔の微笑みで邪険にされたり、またある夜はオマンコを指で広げて虚ろな表情だったり、あの頃のままでした。
そんなこんなで、つい、あの頃のことを思い出してしまいました。

彼女は、可愛いと美人が同居した人でした。
そして、とってもスケベな人でした。
初めて私とセックスした時、彼女は20歳とは思えぬ所作で、陰茎を扱いました。
彼女の初体験はK二、相手は単身赴任中のアラフォーの高校教師だったそうで、かなりスケベに仕込まれたようでした。
高校を出てすぐ、就職先の若い同僚と付き合ったものの、処女どころか18歳とは思えぬテクに退かれてしまい、一年持たずに破局したそうです。

彼女とはハメ狂いました。
倉科カナさんに似た可愛い美形にスタイルも抜群、そして人妻並みのテクニックで私を酔わせてくれました。
中年教師に仕込まれ、使い込まれたオマンコはグロくて、まるで既婚熟女とセックスしているみたいでした。
彼女のオマンコには、私のペニスが良い所に当たるとかで、身体をビクビクさせて逝ってました。
そして、20代前半とは思えない色っぽさがありました。

浴衣の紐で脚をМ字拘束し、クリを長時間吸ったり舐めたりしたら、ヨガり狂って白目を剥いたことがありました。
普段は小悪魔なのに、拘束されるとマゾっぽくなって、
「私のオマンコメチャクチャにしてぇ~~」
などとイヤらしい言葉を口にするから、クリを指で摘まんでグリグリしたら、涙目で嗚咽しながら潮を噴き上げました。
「もう入れて、おチンポで逝かせて・・・」
というまでクリ責めしました。

ペニスを入れてやると、
「ああん嬉しい・・・」
とすすり泣くようにヨガりました。
こんなふうに、小悪魔だったりマゾっぽくなったり、何かと私のツボにハマった彼女でしたが、2011年3月、彼女の故里をМ9の揺れと津波が襲いました。
彼女は故郷の家族に連絡を入れるも繋がらず、不安な時間を過ごしました。

彼女が家族と連絡が取れたのは二日後、彼女の家は一階部分が数十センチほど海水に浸かりましたが壊れることはなく、しかし、本家の祖父母が港に出ていて帰らぬ人となったそうです。
私は一週間後、彼女を私の車に乗せて一般道で東北へ向かいました。
支援物資をたくさん車に載せて、彼女の家族が身を寄せている、祖父母がいなくなった本家へ行きました。
彼女は鉄道が復旧した後、何度も東京と実家のある街を往復して、そして、東京での仕事を辞めて被災した故郷へ帰る決断をしました。

私は、3年も付き合った彼女との結婚を考えていましたが、彼女が帰郷の決意を固めたので、プロポーズは諦めました。
彼女のアパートの荷物を少しずつ片付けながら、約半月ほど私のアパートで暮らしました。
彼女の部屋がすっかり片付き、私のアパートで最後の夜を過ごし、朝、帰郷する彼女を見送ってから仕事に出ました。
「さようなら・・・本当は、まだあなたと居たいけど・・・故郷、放っておけないから・・・」
「分かってるさ。故郷、かなりい酷いけど、負けないでね。これ、少ないけどお見舞い。」
10万円ほど包んで、彼女に持たせました。
「ありがとう・・・さようなら・・・」
私のアパートを出て、何度も振り返りながら去っていった彼女を見送りました。

あれから10年経ちましたが、夢に出てきた彼女は今、どうしてるでしょう?
故郷で幸せになっているでしょうか?
かつての最愛の彼女、元気で、幸せになっていることを祈ります。

2 COMMENTS

匿名

あなた…お薬飲んだり、お布団で休憩したりが一日で何回かあるから、みんなみたいな、元気ではないかもだけれど、今日ね、お手紙やっと!やっと!完成なれたよ♡あした郵便屋さんにお出しするね♬

あなた…私、高校生の時の先生や、学校や、会社の人とは、男の人や、性が、今よりも、ずっとずっと怖かったし、そんなみだらなこと、何もなかったよ。

そういう、はげしいの、私にもちゃんとできるかな?頑張るぞ!の気持ちいっぱいだけど、初めてで知らないのいっぱいで、中々イメージなるの難しくて…同じくらい心配の気持ちもなるよ。あなたに身をまかせたら、大丈夫かな?

あなた…永遠にずっと…あなた愛してるよ♡あなた…大好きだよ♡

返信する
匿名

私も震災経験した一人です。
内陸部だったから津波はなかったけど、原発がね…
色々大変でした。

返信する

コメントを残す