エッチ体験談 13,000話 突破!!

初寝取り

クズさんから投稿頂いた「初寝取り」。

旦那に調教されてるって人妻とチャットで仲良くなって会う約束した。
旦那が寝取られ好きみたいで、是非旦那の前で犯して欲しいと頼まれたんだ。
人前でやった経験無いから悩んだけど、なかなか面白そうだからオーケーした。

場所は人妻の自宅。
最寄駅で待ち合わせたんだけど、旦那とセットで現れた。
「あの、クズさんですか?」
「はい、〇〇さんと旦那さんですね?」
「そうです、今日はよろしくお願いします」
「こちらこそ」
「じゃあ早速我が家に行きますか」
挨拶もそこそこに自宅に招待されて、そのまま寝室直行。
「すぐに始まるんですか?」
「はい、旦那がもう待ちきれなくて」
「思う存分犯してやってください、ピル飲ませてるんで中出しもオーケーですよ」
「それは良いですね!そこまでさせてもらえると思ってませんでしたよ」
準備万端な夫婦だ。
「もしかして何度もされてるんですか?」
「ええ、私が他の男に抱かれるのを見て興奮するんですよ。たまに旦那も途中で混ざってきたりして」
「ほほ〜、それはそれは」
服を脱ぎつつ人妻と会話を交わす。
「良い身体されてますね」
「鍛えるのが趣味なんで」
「このマッチョな身体に抱かれると思うと濡れてきちゃう」
「筋肉好きなんですか?」
「ええ、逞しい男性って素敵じゃないですか」
「俺もこんなスタイル良い奥さん抱けるなんて幸せですよ」
「たくさん中出ししてくださいね」
「頑張ります」
旦那さんが見てる前で抱き寄せてキスを見せつける。
奥さんはキスしながらチンポ握ってきて本当に待ちきれない感じだ。
「フェラしても良いですか?」
「お願いします」
そう言うと笑顔を浮かべて嬉しそうにフェラを始めた。
人妻テク最高。
実に美味しそうにしゃぶってくれるのは旦那さんに見せつける為だけじゃないな。
奥さんもチンポ大好きなんだろう。
「ここも逞しくて素敵」
「気に入ってもらえました?」
「ええ」
「俺にもマンコ舐めさせてくださいね」
使い込まれたマンコをクンニした。
ちょっと黒ずんでたけどそれがまたエロい。
感度も良くてマン汁も豊富。
入れるのが楽しみなマンコしてる。
口に出して飲ませてみたいけど、まずはマンコに出してからだな。
ほどほどに舐め合っていよいよ本番だ。
旦那さんからよく見えるように態勢を整えて生挿入。
「奥さんやり慣れてるみたいですけど締まり良いですね」
「それが自慢なんです」
「このマンコに何人もの男を咥え込んできたんですか」
「初めは旦那以外の人となんて嫌だったんですけどね、旦那にしつこく頼まれて嫌々抱かれたら癖になっちゃって」
「ははは、奥さんも寝取られにハマりましたか」
「でも基本的に同じ人とは二度しないって夫婦で決めてるんです」
「一度きりの後腐れない関係ですか、奥さんと一度でもSEXしたらしつこく迫る人も中にはいたんじゃないですか?」
「いましたよ?でも全部旦那がシャットアウトしてくれたんで襲われたりは無いですね」
「良い旦那さんですね」
「はい」
「旦那さん見てますか?」
「ええ、ここまで嬉しそうに私以外の男に抱かれる妻を見るのは初めてですけど」
「そうなんですか?」
「そうですよ、マッチョ好きなのは知ってましたが、ここまで嬉しそうにされると妬けますね」
「俺としては喜んでもらえてるなら嬉しいですけどね」
「妻はあげませんよ?」
「分かってますよ、今回一度きりなんですよね?」
「ええ、お願いしますよ?」
「約束は守りますよ、その代わりたっぷり中出しさせてもらいますね」
人に見られてSEXするのは変な感じだけど、見てるのが旦那さんだと思うと興奮するな。
奥さんもツボをキッチリ刺激してやれば簡単にイクから楽しめる。
全力でホールドされるくらい喜んでくれたから俺も嬉しい。
奥で一発目の射精を済ませたら体位を変えてもう一発中出し。
更には奥さんが上になってもう一発。
我慢できなくなったのか旦那さんも混ざってきてアナルに入れてた。
「奥さんはアナルもいけるんですか?」
「そう調教しましたからね」
「後でアナルやらせてくださいよ」
「おや?貴方もアナル好きなんですか?」
「ええ、アナル良いですよね」
「私と貴方は趣味が合いそうですね」
「そうですね、やはり女性はアナルも使えてなんぼでしょう」
「そうそう!せっかくのアナルを使わないなんて勿体無いですよね!」
「穴は入れるためにあるんですからね」
「どうです?私はフェラにしますからアナル使います?」
「良いんですか?まだ途中でしょう?」
「いやいや、同志が見つかったんですからお譲りしますよ」
「悪いですね、ではアナル使わせてもらいます」
奥さんに上から一度降りてもらいアナルに入れ直した。
こっちも使い込まれて良い感じにほぐれてる。
しかも今の今までアナルに突っ込まれてた旦那のチンポを咥えさせられても喜ぶ変態奥さん。
犯し甲斐あるわ。
アナルにも中出しさせてもらった。
マンコとアナルから精液逆流させながら旦那さんのチンポの横に俺のチンポも並べると、二本のチンポを交互にフェラし始める。
「良い眺めですね〜」
「ここまで気の合う人は初めてですよ」
「お気に召していただけたなら良かったです」
旦那さんとも意気投合した。
そこからは旦那さんと協力しながらとことん奥さんを犯した。
マンコとアナルの二穴挿しもした。
やりすぎて奥さんがグッタリしたと言えば、どれだけ犯したか分かるだろ?
体力と精力には自信があるから俺はまだ平気だ。
そのせいで身体が保たないって彼女によく逃げられるからな。
ここじゃ歓迎されて是非泊まっていってくれと旦那さんに言われちゃったよ。
それは申し訳ないと一度断ったんだが、奥さんも一緒になって泊まれと言ってくるから断りきれずに泊まった。
飯もご馳走になったんだけど、やたら精力付きそうなメニューだったのは笑えた。

コメントを残す