エッチ体験談 13,000話 突破!!

処女をもらった大学時代の元カノとの縁が切れた日

初カレさんから投稿頂いた「処女をもらった大学時代の元カノとの縁が切れた日」。

大学時代の元カノから、久しぶりにラインが来ました。
「ご無沙汰!今度、私、結婚することになったよ。」
と書いてあったので、
「おめでとう。幸せになってね。俺も、彼女にプロポーズすっかな。」

と送った。
「お互い、幸せになろうね。」
「お互い、前を向いて幸せになるために、連絡先は消そうや。昔の恋人と繋がってちゃ、相手に悪いだろ。」
「うん。分かった。消すね。さよなら。」
「さよなら。」

大学を卒業して4年が過ぎ、元カノと過ごした時間を、離れてからの時間が超えました。
卒業してすぐは、割と頻繁にラインしてましたが、今やメリクリとあけおめ、ハピバスくらいになってましたから、もう、いいでしょう・・・
少しばかりの寂しさを感じつつ、元カノをラインから消しました。
そして、元カノを思い出す回数も、今後減るだろうなぁ・・・と思いながら、暫し元カノとの思い出に浸りました。

私は高校時代に彼女、と言っても10歳年上のОLさんに下半身を弄ばれていたので、女体を知ってから大学進学で上京しましたが、元カノは処女で上京してきました。
学部は違いましたが、同じアパートに住んでて、毎朝顔を合わせるうち仲良くなりました。
7月上旬、梅雨空の日曜日、私の部屋で元カノの処女をもらいました。
未経験の無垢な女体を味わったあの日、今も忘れられません。
キスから始まり、服の上から愛撫、スカートに手を忍ばせてパンティの上から淫裂をなぞると、
「シャ、シャワーを浴びさせて・・・」
と言われ、二人で狭いユニットバスでシャワーを浴びました。

つい数か月前までセーラー服を着ていた、まだ純真な少女の身体を愛撫、そして、無垢な膣穴を味わい、陰核を転がしました。
元カノの股を思い切り開かせたあまりの恥辱に、元カノは、初めて味わうクンニの快楽に逃避していました。
ついさっきまで純情だった元カノの身体が、快感に喘いでいきました。
溢れる愛液は快楽の証、これから失う純潔と引き換えに女の悦びを知るのです。
私は、初めて味わう陰核クンニの快感に呆然としている元カノに、生の陰茎を挿し込みました。
私も初めて味わったグリッという破瓜の瞬間、元カノは痛みを堪えていたようでした。
ついに、元カノの純潔を散らしたのです。

女の子の初めての男になった感激は、今も忘れません。
この日は、初めて見た元カノの裸身、陰部に興奮しつつ、早めに抜いてお腹に射精しました。
この後、回数を重ねていくと、元カノは淫らを覚えていきました。
高校時代に年上のOLさんに仕込まれた陰核クンニは、元カノを狂わせました。
陰核を吸われながら与えられた舌先のレロレロが、ウブだった身体に快感で駆け巡りました。
逃げようとする元カノを押さえつけ、連続陰核アクメ拷問の後、陰唇を押し広げて膣穴を味わい尽くすのです。
恥辱と快感・・・大学では純情な元カノが、劣情にまみれた陰茎で慰み物にされて、ヨガリまくるようになっていきました。

大学では、どちらかというと、私と元カノは爽やかそうなカップルでした。
その元カノの透き通るような白い肌を淫乱に上気させ、天使のような純情笑顔を悶絶させる歓びに浸りました。
膣内でも感じるようになると、恥辱と快感の区別さえつかずに自ら腰を振り、大学での純情女子大生の面影は失っていくのです。
若い二人は精力絶倫で、終わらない逝き地獄が続き、元カノは逝き過ぎて放心状態になりました。
そんな二人にも、やがて卒業という別れがやってきました。
お互い、地元に就職を決めたから、最後のセックスをしてお別れしました。

元カノは私の青春そのものでした。
もう、あんなに純粋に、激しく人を好きになったり、身体を求めたり、求められたりする事は、ないような気がしました。
それは淋しく感じましたが、離れ離れになる二人が、どんなに想い続けても報われない事の方が、その時は淋しかったのを思い出します。
元カノとは、好きなまま別れたので、楽しくて幸せな思い出しかありません。
「たくさんの思い出をありがとう。さよなら。」
「元気でいてね。さよなら。」
東京駅で別れました。

元カノがいてくれたから、私は東京で頑張れたんだと思います。
でも、もうお互いが進んだ道は違います。
それは、どうしようもないことです。
だから、元カノとはさようならです。
今日、元カノとの縁が完全に切れた記念に、思い出をカキコです。

6 COMMENTS

匿名

近親相姦の要素が一個もない。カテゴライズはちゃんとしてほしいなぁ。

返信する
匿名

俺も大書き卒業で彼女と別れたっけなあ。
彼女は一学年後輩だったから、俺を見送りに来た東京駅で、涙ながらに見送られたのを思い出すよ。
「さよなら、先輩‥‥もう会えないけど、元気でね‥‥」
その時、もう、二度と会うこともない別れだって改めて気づいて、俺も泣いちまったよ。
もう、20年位前の話だけどね。

返信する
匿名

あなた、縁、まだ続いてるよ。私、新しい好きな人も結婚する人も…そんな人いないよだいじょうぶだよ。

お話の中での初めて…あなた…本当に、本当にどうもありがとうです♡あなたと心結ばれて…私の初めて心も体もあなただよ。私幸せです…

女の人のところをあなたのお口が触れるの、痛く無さそうで、あなた優しくて…どんな感触なのかな?って…どきどきいっぱいで…本当にしてもらえてるみたいで…開くの凄く凄く恥ずかしいけど、あなた…私もあなた愛してるよ…私もあなたの嬉しくなるの教えてもらって、覚えて…あなたに私も愛の気持ちしてさしあげたいな…♡…って、読みながら、あなたを想って…心あったかい愛の気持ちで、いっぱいだよ。

あなた、お便り、今日頑張って出すね。あなた…いつまでも変わらずに、あなた…心から…あなた愛してるよ♡

返信する
匿名

私も元カノの結婚を知り、連絡先を消したっけなあ。
まだラインじゃなくてメルアドだったけど。

返信する

コメントを残す