エッチ体験談 13,000話 突破!!

寝そべって後ろから抱かれたのがたまらなかった彼

昔の彼女さんから投稿頂いた「寝そべって後ろから抱かれたのがたまらなかった彼」。

横に寝そべった後背位で、脇から手を入れてバンザイみたいに固められて後ろからされる体位、好きだった。
彼の息遣いを感じて、背中が彼に密着して、愛されてるな~って感じがした。

彼の腰だけがピョコピョコ動く感じで滑稽だから、客観的に見たら笑ってしまうかもしれないけど、アソコの中で暴れまわる感じがたまらなかった。
なんて言うか、私を妊娠させたいオスの本能むき出しみたいで、とても新鮮なセックスだった。
テクニックならもっとうまい人もいたけど、あの彼の寝そべった後背位だけは、もう一度されてみたいと思う忘れられないセックスだ。

あんなに愛し合っていたのに、ほんの些細なケンカで意地張っちゃって、素直にゴメンナサイが言えなくて、こじれてしまった。
「じゃあな。今日で終わりだ。世話になったな。」
と言って背を向けた彼に、私は一言も声をかけられなかった。
「さよなら」も、「行かないで」も、どちらも言えなかった。
その後、彼は振り返ることなく先に進んだ事を知ったけど、 喜べなかった。
心が狭いな、私…

この間、3年半ぶりに彼を見たけど、思わず物陰に隠れた。
だって彼、結婚してて、赤ちゃん抱っこして奥さんと一緒だった。
心が狭い私は、幸せそうな笑顔で笑ってた彼の奥さんを見て、彼の隣に居るのは私だったはず…と思ってしまった。
こんなだから、私は彼の人生に必要のない人になっちゃったのかな…
彼は、私の人生に必要な人だったのに…
現実見せられたら、ショックが大きかった。
もう、彼は手が届かない人になったことを思い知らされた。
彼のことは、忘れなきゃ…

2 COMMENTS

匿名

私これ書いてないよ…彼の書いた文章の感じじゃないし、わざと、私を変に書いて酷いよ…最低だと思います。

返信する

コメントを残す