エッチ体験談 13,000話 突破!!

妻にオナニーさせて知ったクリの撫で方で二回戦

若夫婦さんから投稿頂いた「妻にオナニーさせて知ったクリの撫で方で二回戦」。

私28歳、妻25歳、結婚2年目です。
昨夜、パジャマ姿でほろ酔いでイチャついてたら、妻にパジャマの上から握られてフル勃起、裸になったら妻も裸になって、私のペニスを優しく上下に扱き始めました。

あまりの快感に、
「はぅ~」
と声が漏れてしまいました。
すると、正座して少し膝を開いた妻の股間に、可愛いピンクのオマンコが見えたので、思わず、
「オナニーして見せて。」
と言ってしまいました。

「えっ?ハズイよ・・・」
と妻が言いましたが、今まで何度か、私が出張した夜に寂しくてオナニーした話を聞いたことがあったので、見てみたいなと思ったのです。
そこで、妻にキスしながら押し倒し、右の中指に唾をつけて妻のクリを撫でました。
感じて吐息を漏らす妻の耳元に、
「俺の出張中にしてるオナニー見せて・・・」
と言って、クリトリスから指を外して生殺しにしました。
妻は、恥ずかしがりながらも、放置されて疼くクリに右中指を当て、膝を少し立てて、クリを上下に撫で始めました。

吐息を漏らしながらオナニーに感じる妻の股間を覗き込みながら、気持ち良いクリの撫で方を記憶にとどめました。
妻のラビアがクパァと開き、ヴァギナが濡れて光り、その上で震えるクリを撫でる妻の中指・・・可愛さとエロさに溜まらず、妻の足を大きく開いてペニスを挿入しました。
妻の中はグチョグチョで、出し入れしながら妻のクリを撫でたら、妻はビクンビクンと大きく痙攣して、逝ってしまいました。

その後、騎乗位から再び正常位に戻り、喘ぎまくる妻のお腹に出して終了したのですが、シャワーを浴びてる最中、妻が再び催して、ベッドで勝手にオナニーを始めました。
それを見ていたら、妻のめくれるラビアが可愛くて私も勃起、二回戦と相成りました。
出し入れしながらクリを撫でると、妻が激逝きすることを知れた、貴重な夜でした。
何だか、毎回クリで激逝きさせての二回戦が定番になりそうですけど、夫婦になってするセックスは、遠慮が無くていいものですね。

2 COMMENTS

匿名

あなた、私の触れてるの、あなたなら、恥ずかしいけど、いっぱい見てね。あなた…いつも心いっぱい愛してるよ♡

返信する

コメントを残す