エッチ体験談 13,000話 突破!!

亡き妻の代わりに…

チーズさんから投稿頂いた「亡き妻の代わりに…」。

娘と引き換えに命を落とした妻。
娘はその妻の見た目を引き継いでいる。
妻の代わりに私の全霊を持って育てた甲斐があり、すっかり父親っ子になった娘と関係を持つようになるのは当然の流れだと思う。

初めて娘を抱いたのは娘がまだ初潮を迎える前だ。
身長は小さいものの胸の発育は良くてパイズリができるほどの成長を遂げていた。
頑張り屋な娘はディープスロートもできるようになり、毎日私を楽しませてくれた。
だがそれ以上に素晴らしいのが子供らしい小さく狭い膣だ。
大人のペニスでは根元まで入らないほど短い膣長だったが、その不満を上回る程の締め付けは過去最高と言える。
ミッチリと膣を埋め尽くす私のペニスは相当痛かっただろうが、それでも最後まで弱音を吐かずに子種を受け入れてくれた娘に感謝しかない。
それから回数を重ねることにより快感を得られるようになった娘は完全に性交の虜となった。
暇さえあれば私のペニスと子種を強請るようになり、初潮を迎えてからはアナルの開発もして外に無駄撃ちしないで済む身体にしてやった。
C学生ともなれば身長も伸びて益々妻に似てくる。
娘は独自の努力で子種を飲めるようになった。
私としては無理して飲む必要はないと言ったのだが、吐き出して無駄にするのは嫌だと言う。
一滴残らず自らの身体に取り込もうとする娘の努力は賞賛に値する。
こんな素晴らしい娘を他所の男と結婚なぞさせてなるものか。
C学卒業間近に娘と話し合いをした。
「お父さんと子供作らないか?お前が嫁に行くのは耐えられないんだ」
「私もお父さん以外の人と結婚なんて考えたくない」
「そうか、なら今日からお父さんのお嫁さんになってくれるか?お前以外考えられないんだ」
「嬉しい!お父さんのお嫁さんになっていっぱい子供産むよ!」
どんな返事が返ってくるか不安だったが、娘もその気だったようですんなりと話し合いは終了。
役所に出せない婚姻届を取りに行き、娘と私の名を記入した。
花嫁修行として高校進学は無しにして主婦として頑張ってもらう。
ついでに危険日の種付けも解禁だ。
娘が一番喜んだのは種付け解禁かもしれない。
それでもせっかくアナルを開発したのと飲めるようになったので全てで楽しませてもらう。
娘自身も全て私の所有だと自覚できるからその方が良いと言うので問題なし。
こんな素晴らしい娘を残してくれた妻にも感謝して墓前に報告した。
ついでに嘘ではない証明として妻の墓前で娘と性交した。
あの世で妻も喜んでくれてる事だろう。
子供ができたらまた亡き妻に報告に来ようと思う。

2 COMMENTS

良識人間

完全に作り話ですね、もし事実であれば父親は鬼畜で必ず天罰が下るでしょう。

返信する

コメントを残す