エッチ体験談 13,000話 突破!!

娘の萌美

ちちさんから投稿頂いた「娘の萌美」。

幼い時からパパ大好きと言う娘でした。
妻とは仕事の場所で知り合い結婚その当時妻は17歳でバイトの女の子で名前は美奈子と言います。
未だ女子高生だったので女子高を卒業と同時に結婚どちらの親からも反対される事無く無事結婚。

子供は直ぐに出来て生まれました女の子です良くお父さんに似てとは言われ知らない人が見ても親子だと直ぐに分かると言われてましたが。
妻とは一回り歳が離れてます結婚した時は周りからは大丈夫?とかからかわれたものです。
アレから◯2年が経ち娘もC学の1年に成った頃です。
妻は元々友達も多く良くママさんバレーボールの母親達と仲良くなり今日は練習が終わったら皆で吞みに行くからネとか言いながら良く出掛けてました。
萌美も其の辺りは良く分っていて学校の友達から聞いたと言って帰って来てました。
其の頃の歳に成っても「ママは?」とか聞くような事は無く「自分がいないと妻にパパはいないの?」と聞かれるそうです。
妻曰く「ハィハィ」「ママよりパパだもんね」「どおせならパパと結婚すればモエと娘に言うと」「うん」「分かったパパと結婚する」妻に返すそうです。
自分は内緒で「ママをかまってあげないと寂しい見たいだぞ」と言うと「大丈夫だよママ飲み友達沢山いるから」と返されます。(確かに其のとおりですが)
そんな妻がまた「パパ今日からママさんバレーボール大会で暫くいないけどよろしく」
「パパならば大丈夫なのは分かってるけど一応ね」とママ友の車で出掛け行きました。
娘が帰って来たので今日の夜はどうする?と聞くと「焼肉」と返されました。
またかよ「パパ焼肉はいらない」と言うと「ジャ良いヨ」「ファミレスで回転寿司は嫌だ」娘は生ものが苦手です。
という事でファミレスで夕食です。
帰って来てお風呂と言うと「パパママがいないお風呂一緒に入ろうよ」「パパと入るって言うとママがもうC学生なんだから1人で入れば恥ずかしく無いのモエアソコに毛が生えてるのに」って言うから「ママだってアソコに毛が生えてるじゃんパパと一緒に入るのに何でパパは良いの?」「パパと娘だよ良いよね」と言われたそうです。
と言う事で2人でお風呂に入りました。
1年ぶりぐらいです其の頃の女の子は成長が早いので見た時は未だオッパイも小さかった其の上にマンコに毛は生えてませんでした。
自分が先に入ると直ぐにモエが入って来ました「パパ一寸恥ずかしいネ」とか言いながら前も隠さずに入って来ました。
オッパイも膨らみ腰の辺りも大人っぽくなりマンコにも多くはありませんが毛が生えてました。
モエが「ネッ」「パパ私の事好き?」と聞かれたので「大好きだよ」「どのくらい好き?」「萌の裸見てどう?」「エッチしたくなる?」「友達の中には彼氏とエッチした友達もいるよ」「中には大学生ととか」「後は大人の男の人とかね」「私はパパが好き」「パパだけ好きなのは」「だから萌とエッチしよ」と大胆発言されました。
自分はモエに自分が今言ってる事を分かっているかと聞くと「分かってるよ」「駄目なの?」「親子だから」「其れも分かってる」「でもパパが好き」と真剣な表情で言われました。
まさかこんなことになるなんて思いもしませんでした。
自分は「ホントに良いの?」「萌、萌のアソコにパパのチンチンが入るんだよホントに良いんだね」と言うと「ウン」「分かってる」
そう言う事で娘のベッドに行きました。
萌を寝かせて小さな胸未だ乳首とも言えないぐなピンク色の小さな乳首を優しく触ると「くすぐったい」「でも何だか変な気分」とか言いながら体をブルッと震わせてました。
其の侭したに手を持って行くとプックリと膨らんだ恥骨からは生えたばかりの毛があり其処から縦一本筋のマンコがありました。
足を大きく広げさせるとピンク色のまだあどけないマンコがありプックリと膨らんだ大陰唇に隠れる様に小さなピンク色の小陰唇が開いてマンコの中まで丸見えでした。
マンコを触ると既に濡れて粘液が垂れてお尻まで濡れてました。
指も簡単にスルッと1本入りましたが流石に指を入れると顔を歪めてました。
「萌痛い?」と聞くと「痛くない一寸恥ずかしいビックリした」「痛くないよ」「なんかアソコ気持ちイイ」と言うので指を出したり入れたりすると。
「パパだめ変になりそう」「アソコじんじんしてる」と言うので指を出し入れしながら「萌」「アソコって何処?」って聞くと「えっ!!??」「モエのアソコだよ赤ちゃんが生まれる所」と言うので「でも皆何て言うの?」と聞くと「パパエッチ」「アソコはねおマンコだよ」と言いながら顔を真っ赤にしてました。
「パパモエパパのチンチン触りたい」と言うので触らせました。
「パパチンチンおっきい硬い」「お風呂の時の大きさと違う」「ホントに入るのかなモエのココにおマンコに?」「痛いよね」と少し引いてました。
自分は萌の股の間に体を持って行き「入れるよ萌のマンコに」と言って縦一本筋のマンコに添って少しずつ入れると意外と入りました。
「パパ痛い」「動かないで」「痛いアソコ痛い」「小股痛い」「パパチンチン出して」と言うのでチンコを出すと血が付いてました。
「パパチンチンに血が付いてるよ」と言われ「良いヨ」「萌の血だからネ」「痛いんだ」「止めようか」と言うと「大丈夫だよ」「良いヨもう一度チンチン入れて」と言われてチンコを入れて腰を振ると「パパ痛い」「萌のアソコからチンチン出さないで良いヨ痛い我慢する」自分は腰を振りました「萌パパ出そう」と言うと「パパだめだよ中に出したら」自分はマンコからチンコを抜き萌の口の中に出しました。
流石にビックリした様で「えっ!!??」と同時に「パパ臭い変な味する」と言いながら吐き出してました。
其れからというもの「萌と隠れてしてます」「今ではフェラも上手く自ら上になり腰を振り犬の様に後ろから抱きかかえたりしてます。

コメントを残す