エッチ体験談 13,000話 突破!!

パチ屋の清掃の豊満熟女

クロネコさんから投稿頂いた「パチ屋の清掃の豊満熟女」。

29歳の頃、夜パチ屋の清掃をしていました。
若い人は僕1人であとは40〜50.60代のおじさんおばさんばかりでした。
女8割、男2割な感じで最初はリーダーのおばさんと話すくらいで他の人と喋る事はなかったです。

たまに軽く喋るくらいで作業も1時間くらいで終礼したらサァーーっと解散する感じなサッパリした作業です。
当番ってのが順番で回ってくるのですが1組2人で1週間入り口当番ってのがあり、そこで40歳くらいのおばさんと一緒になりそこから話すようになりました。一緒の当番の人は熟女好きな僕からしたら1番好みな人でした。
喋るのも楽しくそこからよく喋るようになりました。ですが、僕が入って2ヶ月くらいしたら辞めていってしまいました。

その方のおかげでパチ屋の清掃員だけの飲み会に誘われて出席してしました。
仕事で30分くらい遅れて出席したのですが知らない方からメールが入ってて、同じ清掃員の方で”飲むなら私が送り迎えしましょうか?”のメールでした。僕は何時になるかわからないので大丈夫ですとお断りして自分の車でお店まで行きました。
普通にご飯食べて飲んでって感じで、お開きなり最後解散する前にメールをくれた方(Hさん41歳)が不意にしゃがんだ時にTシャツの首元が広いのを着てて谷間が見えて凝視してしまい”めっちゃ巨乳”とそこで初めて意識しちゃいました。
そこでは解散して、何事もなく終わり
清掃作業も自分のポジションが終わると、まだ終わってない人のところに手伝いに行ったりするのですが手伝いに行く時はたいてい同じ人の所で、その中にHさんもはいっており
僕は早く自分の所を終わらせてHさんのところを手伝いにいくのですが谷間が見えないか下心アリアリで手伝っているとたまに見えたりしてラッキーと思っていました。

ある日、ふと思いHさんのメール知ってる!と思い何気なくメールしてみました。するとメールが返ってきて、やりとりを何日間か続き
僕はある日「Hさん胸大きすぎて目に入っちゃいますよー」って送ってみたら
「えぇー大きいのバレた?大きく見えないようにしてるのにー」ってきて、これはもしかしたらと思い
僕は「だって作業の手伝いもHさんの胸がきになるから手伝いにいってますもん」って言ったら
Hさんは「そんな目で見てたのー!いやらし〜」みたいなニュアンスで返ってきたので
僕は「Hさんの胸触ってみたいです」って送ったら
Hさん「私をそんな軽い女って思ってるの?」って返ってきました。
これはヤバイと思い「そんな風に思ってないけどHさんみたいな感じ好きだしオッパイ触らせて下さい!みんなには絶対言わないので」って送ったら
Hさんは「んー、絶対言わないでよ!オッパイ触るだけだよ?」ってきました。
僕は本当に嬉しかったです。

そして僕は賭けに出て「もし、オッパイ触って舐めたくなってオマンコに入れたくなったら最後までしていいですか?」って送ったら
Hさん「エッチまでするの?大丈夫かな?何年もしてないからなぁー、痛くしないでねっ」って言われて、エッチする日程決めて

その当日がきて、Hさん指定の場所まで車で来て自分の車をそこの駐車場に止めてHさんの車で自宅に行きました。
Hさんの部屋まで階段を上がるのですが、Hさんがさきを歩いてる時に階段したからお尻を鷲掴みしたらビックリしてたけど嬉しそうな感じでした。
部屋に上がり少しTVを見て、隣に座らせてオッパイを服の上から最初は触ってキスをしました。
Hさんは「女慣れしてるねー」って言われたけどまぁまぁ慣れてる程度でした。
そこからブラをめくって生乳を触って舐めると恥ずかしがっていました。
そしてすぐにベットに移動して、すぐにお互い下着だけになりHさんに全身舐めをするとオマンコはビチャビチャに濡れてました。
Hさんは処理なしのもとからパイパンに近い薄い毛をしていました!僕はそこに興奮してめちゃめちゃクンニをするとHさんは枕で顔を隠しながら感じてくれていました。
そこから乳首をつまむと感じており、M体質とすぐ思いました。
オマンコがグチャグチャ音をたて出したら投入をしました!最初は痛いって言ってたのですが途中から「気持ちいい!オッパイも舐めて」といい
興奮度が上がりいっぱい突いて、オッパイも揉みながら舐めてお腹の上に精子を出しました。
少しぐったりしたHさんをみたら、もう一回戦したいと思ったけど時間が来て2人とも清掃に向かいました。

Hさんはそれからもメールのやりとりをしてる時に僕が「これからは俺の専用マンコのセフレになってよ」というと
Hさん「いいよ!いつでもしてもいいよ!ダメな日は言うから」っと言ってセフレになりました。
そこから数日が経ってHさんが「ooくんの事好き」って言われて僕は付き合わずセフレだけの契約だったので付き合いは無く。
そこで僕は少し冷めてエッチはそれ以降無く、突然Hさんが「ooくん結婚することになった!」ってメールが来ました。
僕は半信半疑で祝福のメールを送り、それを気にメールのやりとりも無くなりました。

あの時に好きって言ってくれてたのをOKして付き合えば良かったと後悔してます。本当にエロく調教できてスケベ巨乳妻にできそうだったと思っています。

コメントを残す