エッチ体験談 13,000話 突破!!

大学生にとっての人妻セフレ

やまさんから投稿頂いた「大学生にとっての人妻セフレ」。

私は夜の散歩でママさんこと朱美さんに出会い家に招待していただいきいい感じになり朱美さんの自宅の旦那との寝室で関係を持ちました。
私はその後のことが不安になっていました。

もちろん関係を持ったこともそうですが中出しを一度しまったことなど色んな不安があり連絡先は交換したのですがその日にアフターピルを産婦人科がもらったという返事から音沙汰がなかったので気になっていました。
どんなにラインしても返事が返ってこなかったので朱美と出会ったきっかけともなった。
散歩に出かけました。
そして朱美さんの家の前に差し掛かると朱美さんがポツンと立っていました。
向こうも今日自分が来ると思い待っていたそうで深夜の道端で話すのもアレなので朱美さんの運転でドライブに行くことになりました。
そこで色々不安だった事を聞きました。関係を持ってしまった事、ラインの返事がない事など朱美さんは
朱美さん「関係を持ったことについては私はが悪いと思ってる。中出しの件もアフターピル飲んだし今後もピル飲んでいくから心配しないで!」など
朱美さんの方が申し訳ないと思っていた。
ラインの返事がない事は浮気だと思われるから出来なかったそうでとりあえず今後は自分が女の名前のもう一つのラインのアカウントを作りトークは非表示にしていただくことにしていただき納得してもらい自分が思い描いている人妻朱美さんをセフレにする計画に一歩進展があった。
正直今ドライブで二人きりなので暗いところに車を止めるかホテルに入ればヤレると思っていてどう誘導するか考えていた。
ホテルに行くとなるとやるということが決定してから向かうので時間がかかると考え暗い場所に誘導しようと思った。
とりあえずコンビニでドリンクを買って停車しながらゆっくりしませんかと提案して自分がしる深夜に人が絶対来ない場所へと誘導した。
到着してから色々策は講じていたがすでに自分のムスコが朱美さんの巨乳でパンパンだったので素直にお願いした。
自分「朱美さん単刀直入に言います。やらせてください!僕のムスコは朱美さんにこんなんです。」
とズボンとパンツを下ろしわざわざ見せつけた。
朱美さん「なんでそんなに大きくなってるの!とりあえずしまって!」
と驚かれたが引かずに
自分「お願いします。」
と押したら
朱美さん「わかった。わかった。やるかは置いといてとりあえず辛そうだから抜いてあげる。」
とまずは抜いてもらうことに
表情は嫌々そうではあるが手は丁寧に優しく僕のムスコをしごいてくれた。
車の後ろの席に移動してしごいてもらっているがやはり狭いので隙をねらって巨乳に手をかけた。
朱美さん「ちょっ!もう待って。」
と言って上とブラを脱いでおっぱいを生で触らせてくれた。
手でしごいてもらい自分の手はおっぱいを揉んでいたらすぐに発射した。
車の中が汚れるのを恐れて朱美さんが口で受け止めてくれた。
舌で器用に最後の一滴まで舐めてもらって最高でした。
今度は椅子をできるところまで下げ朱美さんに寝転んでもらい僕が朱美さんの下の世話をした。
朱美さんは終始嫌々みたいな声を出していたが行動を反していたのでオッケーだと思い、とりあえずパンツになってもらった。
パンツになってもらって気がついたが毛がなくなっていることに驚かされた。前回は4日前でまばらにあったのに朱美さん曰く
朱美さん「こっちの方が綺麗に見えるかなと」
やる気満々じゃねか!と思ったが気持ちを抑え続きを開始
とりあえず朱美さん無防備な事をいいことにパンツのクリのところをどかし舐めた。
いい声を出したので舐め続けたら朱美さんがピクピクしてイッてしまった。
うなだれる朱美さんを見て僕もイキたくなってもう挿入しようと思った。
自分「朱美さんだけイッてずるいからもういれてもいいですか?」
朱美さん「いいよ」
ということで
ゴムを持ち合わせていなかったので生で挿入!
気持ちいいのはもちろん奥まで入れた時に何か当たるものがあった。
おそらく子宮で前回はなかったがつくたびに朱美さんが声をあげるのでとにかくついた。
目の前の揺れるおっぱいに目も暮れずひたすら奥をついたら先に朱美さんがイッた。
気持ち良さそう顔をしていて自分がここまでしたと思うと誇らしげに思え少し止めたがムスコは穴の中でギンギンだったので朱美さんの少し落ち着いたタイミングを見て再び腰を振り出した。
結局再び始めて数十秒でイキそうになり朱美さんのお腹の上に発射。
朱美さんの首あたりまで飛んで拭くのに大変だった。
お互いに2回イッたが自分はまだまだいけそうに対し朱美さんもまだイケそうな感じだった。
でも車の中の密室で暑さがすごくてお互い汗がすごく狭さにうんざりしていた。
そんな時自分の中に変態な名案が浮かんだ。
自分「朱美さん。もしよければ外でしてみませんか?ここら辺は自身があるくらい人が来ないので。」
流石に朱美さんはもし人が来たら恥ずかしいということで最初は断られた。
それでも諦めずにここら辺に人が来ない理由と外で爽快にしませんかなどと今思うと戯言にも聞こえるがなんとか説得を図り、朱美さんが車の中ですることにうんざりしていることに漬け込んで了承をもらった!
とりあえず人が来た時ように上下一枚着てすることにした。
とは言ってもする時はお互い下半身は半分は丸出しになるので意味があるのかと思ったが気にせず車を降りて車の後ろ側に移動。
服上下着ているのはいえ朱美さんはブラとかはつけていないので巨乳が揺れまくっていてすかさず後ろから触ってしまった。
その流れで朱美さんに車に手をつけさせズボンを半分に下ろしたが結局あってもなくても下半身は丸見えなので全部脱がし後ろから生で挿入!
外の方が少し寒かったからなのか中はすごい締まっておりすごい絡み付いてきた。
流石にがまん汁が大量に出たがそれ以上に朱美の中がびしょびしょだった。
下に汁が垂れるくらい出ていて声を出さないように頑張っていたが今日で一番感じてるのがわかった。
すると朱美さんが
朱美さん「車の後ろだと手の奥位置が辛いから前のパンパーの方に移動しない?」

正直バンパーの方が人から見つけられやすいと思ったから後ろにしたのに朱美さんの方からバンパーを提案されたのは驚いた。
まぁ折角なので挿入したままバンパーに移動し再開。
心なしか抑えていた声にストッパーが外れ時折声を出していた。
そして先に朱美さんがイッてバンカーの上にぐったり状態になったがお構いなしで腰を振り続けた。
自分もイキそうになり
自分「朱美さん僕もイキます。どこに出せばいいですか?」
出せる場所がぱっと見る限り地面かバンパーしかなかったのでついつい聞いてしまったがまさかの
朱美さん「ピル飲んでるから中に出してもいいよ」
ということで一気に腰を振り中に発射。
出した瞬間は最高でしたが抜いて穴から白いのが垂れてきた時は流石に罪悪感があったが
朱美さん「大丈夫。ピル飲んでるし心配しないで」
と一言
一応中に出したものを掻き出して服を着てその場を去りました。
帰りの車の中で
朱美さん「今日はごめんね。今後僕君が困ったらいつでも言って!」
遠回しのセフレになってあげるという言葉なのか疑問に思い、直接聞いてみた。
自分「それはつまりセフレ的な意味ですか?」
少し溜めて
朱美さん「そんな直で言われちゃうと反応に困るけどそんなところかな笑」

ということでGカップ人妻をセフレにすることにできました。
セフレなんて人生初めてだけど笑

折角なので別れ際にお願いしてもう一回抜いてもらってわかれました。
最高のセフレですね。
今はセフレになってくれて1ヶ月程ですが普通にご飯をご馳走になる日もあり週一回朱美さんの家でやって、週3回は外でドライブの車の中かホテルでやっています。
半分は中出しで妊娠してしまうんじゃないかと出した後いつもヒヤヒヤしていますがとりあえず現在は大丈夫で
浮気のことも元々旦那さんとは仲がよくないので朱美さんに興味を持たれてないのでバレないとのこと。

1 COMMENT

匿名

人妻セフレの自宅で
露骨にセックスし巻くり
生ハメ生中出しで
精液を射精して
亀頭を子宮に突き上げて
人妻の腰が砕けるまで
セックスする
人妻の締め付け抜群で
吸い付くマンコで
やった後も勃起した
XLサイズのぺニスが
ガチガチで気持ち良いよ
人妻のマンコも快感で
真っ赤に腫れ上がって
何度も何度も
逝きまくるよ

返信する

コメントを残す