エッチ体験談 13,000話 突破!!

公園でのお姉さんとの夜

ててさんから投稿頂いた「公園でのお姉さんとの夜」。

私の大学3年生の頃、アルバイトで疲れ、終電を逃して人気のない高速道路下の公園での待ってた時のとあるお姉さんとのお話です。

その公園は灯りはあるが周りに何もないことから人気がなく人が通るのは滅多にないことから僕の現実逃避の休憩場所になっていました。
自分はバイトでろくに寝れず終電を逃したことからその公園で微動打にせず座っていました。

人が来なさすぎるせいか公園の横を通る人がいるとツイツイチラ見してしまうのが自分の癖で
座っていたら公園の横を通る人が見えたのでチラ見すると女の人で珍しく感じたが疲れていたことからそれ以降のことは何も考えずにまた無神経に座っていました。
それから数分後また人の姿が見えてチラ見すると女の人でさっきの人だと思いそれ以上のことは考えず目を逸らそうとしたらその女の人がこちらに向かってくるのが見えた。
最初は自分の後方にあるトイレに行くんだと納得したが自分の方に近づいてきて話しかけてきました。
女の人「こんなところで何してるの?」
急に話かけてきて驚きましたが疲れていて考えるがだるかったので自分は素直に答えました。
自分「終電逃して疲れたので休憩してます。」
それからは質問攻めで
女の人「ここあまり人がいないのに変な人がいるなと思って気になったけどなるほどね!なんで疲れてるの?」
自分「バイトで〜〜」
ひたすら疲れている理由のバイトのことについて聞かれて無神経に話していたが女の人と話すに連れて元気が出てきました。
素になって今の状況を考えると女の人は歳はおそらく20代半ば〜後半、上は白シャツ、下は半パン、格好と化粧をしていないから感じからするとコンビニ帰りか散歩中だったんだと思う。
それでも女性経験の少ない僕からしたら年上の細身の美人と話が出来ることに嬉しさを覚え白シャツから透けて見えるピンクのブラジャーに歓喜を起こしていた。
話は戻るがそのお姉さんは僕のバイトに対する不満を全て受け止めてくれて同情までしてくれた。その頃にはベンチの自分の横に座って話を聞いてくれていた。
そしてこれからが自分のこの夜の特別な体験の始まりだと今では思う。

話を聞いてくれてひと段落が着いた時にお姉さんが急にハグをしてきた。
お姉さん「何も言わなくていいよ」
急で驚いたが細身でありながら余りの包容力を感じてしみじみしていたところハグを外してお姉さんが急に
お姉さん「僕君お疲れだったね。わかった!私が僕君を抜いてあげる!」
驚いたが流石に冗談だと思い、
自分「嬉しいこと言ってくれますね!是非お願いしたいところですよ〜!」
と冗談混じりで返しました。
正直この段階まではまだ性欲よりもお姉さんの人の良さと疲れが勝ってことから冗談と認識していましたが、一言
お姉さん「いいよ!」
と冗談ではなく本心で言ったのがわかったの
で性欲が一気に湧き上がってきました。
流石に人気がないとはいえ公園の一番明るいベンチするのは恥ずかしいのでトイレ横の少し灯りが差し込む場所に移動しました。
念のため
自分「本当にいいんですか?」
お姉さん「いいよ」
ということで
僕は立ち、お姉さんがしゃがむ状態になりました。
お姉さん「脱がすよ?」
自分「はい」
お姉さんは自分のズボンとパンツを一緒に下ろし自分のものが露わになりました。
正直この時は外であることと緊張でものが縮んでいましたが
お姉さんの上目遣いと上から見える谷間に興奮してすぐにはち切れんばかりに大きくなり汁も大量に出てきました。
一言
お姉さん「元気だね!」
それからは
お姉さんの優しさしごきと
お姉さん「大丈夫?気持ちいい?」
という言葉で1分持たずに発射しました。
急にきたのでイクことも伝えてなかったのでお姉さんの服の肩あたりに精子がついてしまいました。
自分「気持ち良すぎてすみません」
お姉さん「イク時は言ってね!まぁ気持ちよかったならオッケー!」
もちろんこれだけでは満足出来なかったのでもう一回お願いしようと思いました。あとプラスでもう一つお願い事をしました。
自分「もう一回お願い出来ませんか?後もう一個おっぱい見せてください!」
正直されている最中、上から見る谷間に興奮していました。見てみてみたいという感情でいっぱいでした。
お姉さん「もう一回はいいけど・・おっぱいは見せるくらいならいいよ!触るのはなし!」
外であるということから少し渋っていましたが無事見せてもらうことに成功しました!

まずお姉さんが白シャツを託しあげピンクのブラジャーがお目見えになりました。
すごく白い肌でピンクのブラジャーもかわいくて、つい
自分「ブラジャーの上からでも触っちゃだめ?」
と聞きましたが
お姉さん「ダメ!見るだけ!恥ずかしいから」
と断られました。
どっちみち次で見ることが出来る。
そしてブラジャーを外すとそこには凄くピンクの乳輪をしたおっぱいがありました。
つい
自分「綺麗です」
と言ってしまいました。
一言
お姉さん「恥ずかしい。ありがとう」
想像以上にピュアの方で俄然興奮していました。
何より驚いたのがそのサイズと形。
女性経験の少ない自分でもわかるくらいきれいなお椀型で垂れも少ないサイズもD.Eくらいはある。
服の上ではわからなかったがすごいものを持っているお姉さんでした。
見るだけ言われていましたが隙を狙って触ってみた!
もちろん
お姉さん「ちょっとルール違反!」
自分「もう少しだけ!」
お姉さん「少しだけだよ」
お姉さんは押しが弱い人だとこの時わかった。
ちなみに触った感触は言わなくてもわかると思いますが最高でした。
結局この後にノーブラの白シャツを着たお姉さんから2回目を抜いてもらうまさかの1回目と同じ速さでイキました。

流石に一回休憩でお姉さんとベンチで談笑しました。この時点で深夜の2時くらいだったと思います。
今度は自分がお姉さんの不満を聞きました。
お姉さんは僕以上に抱えていてすごい努力の方だとわかりました。
ちなみにこの時にはブラジャーはもう付けてました。
話に区切りがついた所で3回目でもお願いしよう思った時にお姉さんから
お姉さん「私は気持ちよくなりたい。」
自分「と言いますと?」
お姉さん「恥ずかしくていいずらいけど・・入れていいよ」
まさかの挿入許可を頂きました!
恥ずかしく言う様が非常にかわいかったです。
あと
お姉さん「ゴム有ればだけど」
自分「あります!」
大学生の財布に一つ携帯する癖があってよかったと心から思いました。
今更だけど流石本番を外でするのはまずいので公園にしては綺麗な公衆トイレですることになった。
トイレであることから後ろからしか出来ないが自分は後ろからが一番好きなので気持ちが最大に上がっていた。
一応室内に当たるので折角なのでお互い裸がでやるのを強くお願いしたら渋々オッケーしてもらえた。やっぱり推しに弱い!
まず白シャツとブラジャーを脱がした!
当然生おっぱいのところで2.3分は費やした。
本当にいいおっぱい!
そしてパンツは脱いでもらった。
お互いの脱いだ服は自分のバックに入れるためパンツを一度預かったがもらった時に非常に濡れていた。
自分も2回イカせてもらったのでまず自分がお姉さんのクリをいじり一回イッてもらった。
そして穴に指を入れたところ中はぐちゃぐちゃに濡れていた。
もう一回は手がイカせてあけだいと思っていたが僕のムスコに限界が来てしまった。
自分「もう入れてもいい?」
お姉さん「いいよ」
ゴムをつけていざ後ろから挿入!
すっごい締まり!
お尻に腰を打ちつけるたびに締まってとにかく凄かった。これが名器というものだと実感した。
このままでは先にイッてしまうと思い、トイレの洋式があったのでそこに上を向くように座ってもらい正常位で挿入!
こっちはこっちでおっぱいが目の前にありすごかった。
とりあえずここで一度イッてもらうことはできた!
もう一度後向きに変えてもう一回イカせてあげようと思ったらお尻を軽く叩くと同時に急に締まりその勢いで自分はイッてしまった。
まだ相手がイッてないのに
流石に申し訳なくてふざけて
自分「生でいきますか?」
冗談混じりで述べたら
お姉さん「外で出していただければ」
まさかのオッケー
心配だっただけど流石にこの快楽を止められなかった。
後ろから再び生で挿入!
流石に生は違った!
入れた瞬間にヒダが絡みつくような感じで声が出そうになった。
ちなみにお姉さんは思いのほか声は出してました。
結局先にお姉さんをイカせることに成功!
自分は本心を押し殺してその場で終了を選んだ。

それを見かねたお姉さんが口で嫌がることは嫌がっていたが申し訳ないから口でしてあげる自分の口から言ってきた。
折角なのでお願いした。
流石に4回目なので少ししか出なかったが口は非常に良かった!
この時点で深夜の3時30で始発までかなり時間はあるが二人とも流石に疲れたので後はベンチで話をした。
それでもたまにおっぱいが触りたくなって触ったりはした。
結局お姉さんは散歩の途中だったため携帯は家に置いてきてたため連絡先交換することは出来なかった。
またここで会うと思いその日はわかれました
性格的にも非常に合う人でいい人でした
帰りの電車の行為のことで頭がパンパンだったけど笑
また会うことになるのでそれはまた別の回で

4 COMMENTS

コメントを残す