エッチ体験談 13,000話 突破!!

フルチンボッキって何??

ゆーたさんから投稿頂いた「フルチンボッキって何??」。

これは僕(ゆーた)がS学5年生の時の話です。
当時、少しずつ性に興味を持ち始める生徒が多い中、僕はS3からパソコンでエッチなサイトを見てオナニーしていたので詳しい方でした。

図工の授業で、僕と、さきちゃんとゆうりちゃんと3人グループになりました。
2人とも学年の中でもすごく可愛い方でS5ながらに大人びていていたけど彼氏はいませんでした。

僕:♣︎
さき:♢
ゆうり:♡

そんな2人が作業をしながら
♢「ゆーたってさ、色々詳しいん?」
とこっそり聞いてた。
なんの事かはだいたい察したので
♣︎「まあね〜」
と照れながら返した。
♡「色々教えてほしいねん、フルチンボッキって何?」
おそらくフル勃起の事だろうと思ったので説明したら2人から
♢「ゆーたのフルチンボッキ見してよ」
と言われたので放課後見せる約束をした。

放課後、校舎の人気がない場所で集合し、

♢「早く早く!」
♡「フルチンボッキ見せて!」

2人はノリノリで急に恥ずかしくなってきた。
そんな状況でもお望み通りフルチンボッキしていたので一気にズボンとパンツをおろした。

♢「おぉ〜っ!でかっ!」
♡「すごぉ!お兄ちゃんのフルチンボッキより大きい!」
♣︎「いやゆうり見たことあるんかいっ」

恥ずかしさもあったけどすごく興奮した。
すると自然と2人の手は僕のおちんちんを触り、

♢「めっちゃかたいやん!」
♡「フルチンボッキやば!」

笑いながら興味津々で僕のおちんちんを握ったりめくったりして遊ばれていると、

♢「これがしこしこ?気持ちいん?」

さきがおちんちんを扱きはじめた。

♣︎「さきめっちゃ知ってるやん」
♢「知ってるけど本物見るのは初めてやで」
♣︎「俺だって人にされるの初めてやわ」
♡「さきだけずるい!ゆうりもやる!」
♢「しこしこしたら白いの出るんやろ?」
♣︎「そやで、見る?」
♢♡「うん!!」

そこからは自分でしこしこ、オナニー鑑賞が始まった。人前でオナニーするのは当然初めてで、気持ち良さも緊張もあって膝がガクガク震えていた。

♣︎「しこしこってさ、おかずがいるねん、女の人の裸とか」
♢「そうなん?下だけでいい?」
♡「え〜恥ずかしいって」

そう言いながら2人の下半身は靴下だけの状態で丸見えになり、女子のあそこをまじまじと見たのも初めてだった。
さきはS5にしては毛深かったと思う。
ゆうりはまだツルツルでワレメが丸見えだった。どうやら2人のおまんこはぬるぬるになっている。

♡「たまにさ、濡れてる時あるねん」
♢「それはエッチな気分の時なるねんで」
♣︎「そうそう、この辺指で触ってみ?」
♡「うん、、、あっ…何これ気持ちい!」
♣︎「しこしこの女版みたいなんやで、さきやったらしたことあるんちゃん?」
♢「うん、、、ああっ…んっ…きもちい…」
♣︎「3人で気持ちよくなろ?」
♢♡「うんっ…」

相互オナニーが始まり、2人とも地べたに座り、しこしこを顔間近で見ながら脚を大胆にを広げてエッチな声を漏らしながら触っている。特にさきは触り慣れてるのか、とても激しい。

♢「あ..あぁん…クチュクチュ…んんっ…あ…あっ…」
♡「ゆーた、、やばい…気持ちいねんけど…」
♣︎「やばい出そうっ!」

2人はおまんこを触りながら、さらに顔を近づけてきた。

♣︎「かかっちゃうで!?」
♢「いいよ、エッチな漫画でやってたから!」
♡「ゆうりもかけて!」
♣︎「わかった!イクッ!!!!!」

勢いがすごく、量も多く、さきとゆうりの顔は精子まみれになった。
♢「すごぉ温かいなぁ!」
♡「ゆうりの顔白なってんちゃうん??」
♣︎「ごめんめっちゃかけちゃった」

その後ティッシュで顔を拭き、ぐちょぐちょおまんこのまま、3人で下校した。

♢「またフルチンボッキとしこしこ見せてや」
♡「もっと見たいわ」
♣︎「いいけど2人も見せてよ?」
♢「しゃーなしな」
♡「ゆうり女版しこしこまたしたい!」

その日からゆうりはオナニーを覚え、さきもゆうりも授業中こっそりしたり、休み時間のトイレでしたり、家に帰ってからも、暇さえあればオナニーしていました。
2人とはセックスまではしなかったけど、おちんちんとおまんこを触りあったり、舐めあったり、おしっこを見せ合ったり、とエッチな関係は卒業まで続きました。

あー、最後までしたかったなぁ。

コメントを残す