エッチ体験談 13,000話 突破!!

恥辱に濡らされた前彼への想いを断ち切るために

前カノさんから投稿頂いた「恥辱に濡らされた前彼への想いを断ち切るために」。

今、付き合って間もなく二年になる彼氏がいますが、まだ忘れることが出来ない男性がいます。
それは、今の彼氏の前に付き合っていた前彼で、少し変わった性癖がある人でした。
女性に羞恥的な体勢を盗らせたり、軽く拘束したりして、辱めるような行為を好みました。

それから、セーラー服にとてもご執心で、私もよく着せられて辱められました。
前彼は、縄やろうーぷで本格的に縛り上げたり、痛めつけたりはせず、タオルなどで縛るから余り痕は残りませんでした。
私に女の子として恥ずかしい格好をさせて、アソコを優しく弄って感じさせるのが好きでした。
恥ずかしいのに感じて濡れている、セーラー服を着た女の子が好きなのでした。

大きな鏡の前で椅子にМ字開脚で括られて、背後からアソコを思い切り広げられ、クリトリスを指でナデナデされて、ジワ~っと濡れていく様子を見させられました。
「こんな恥ずかしい格好させられて、感じてるんだね。恥ずかしいことが好きなんだね。」
なんて耳元で言われて、更に恥ずかしくなって、恥辱に濡れてしまいました。
意識が朦朧とするまでソフトな辱めを受け、高速を解かれた後は力が抜けた状態で前彼に抱かれると、全身が性感帯状態で何度も逝かされました。
前彼に愛撫されながらアソコを掻き回され、熱い精液を浴びると身体がビクビクと痙攣しました。

別れたのは、前彼が私の痴態を隠し撮りしていたからです。
あまりに激しいセックスに、隠し撮りしていた小型カメラがベッドに堕ちてきました。
液晶画面には「REC」の赤い文字が・・・一度止めて戻すと、さっきまでの私の恥ずかしい姿がありました。
その時が初めてだったと言われましたが、前彼への信頼が一気に地に落ちてしまい、信用できなくなりました。
信頼できなくなった前彼とのセックスは、気持ち良くありませんでした。
何かが崩れ去っていくのを感じました。

前彼と別れて三年になります。
まだ忘れられないけど、自分にケジメをつけるために、昨夜、前彼に電話しました。
もう二度と連絡できないように、前彼の連絡先を消すために、
「今度、嫁に行きます。もう、連絡しないように、スマホから消します。」
と嘘をつきました。
前彼は、
「そうか・・・おめでとう。俺もお前の連絡先は消すよ。幸せになりなよ・・・」
と言ってくれました。
「ありがとう。さようなら・・・」
と言って、電話を切りました。

自分でもアホらしい嘘をついた自覚はありました。
でも、そうでもしないと連絡先を消せませんでした。
これでもう、二度と前彼には連絡出来なくなって、繋がりは切れました。
前彼との縁を完全に断ったから、明日、今の彼氏からされていたプロポーズを受けようと思います。
さようなら、前彼・・・ずっと元気でいて下さい・・・

5 COMMENTS

匿名

あんた、思い切りがいいな。
でも、それ正解だよ。
よくやった!

返信する
匿名

隠し撮りくらい構わないやん
それを他人に見せてたらダメやけど
私なら一緒に見て楽しむな

返信する
匿名

堂々と撮影したんじゃなくて、密かにやられたら、信頼関係が揺らぐわな。

返信する
匿名

これを書いたのは、私ではありません。私は、彼にこんな事されていません、他に好きな人もいません。彼への信頼は変わってなんていません。

卑劣な、成り済まし行為をするのは、本当に、本当に、止めて下さい。

返信する

コメントを残す