エッチ体験談 13,000話 突破!!

数年前の事です

Mさんから投稿頂いた「数年前の事です」。

コロナの始まる前の事ですから、あまり会話は、記憶に無いですがこんな感じだったかなと思い載せます。
ダンナの友人の店でアルバイトをしてましたその店はアダルトショップです。その日はたしか客が少なくほとんど居ませんでした。

私も暇で、店内のテレビに流れてるエッチなビデオを見てて、ダンナともしてないのでアソコが濡れてるのがわかります。そしたら私の後ろに店長さん「友人」が居て。
店長「最近してないの」
私「してないですよ」
店長「ダンナも、勿体ないなー綺麗なのに」
私「してもすぐにイッて寝るもん」
店長「じぁ今からしよ」
私はビデオを見てたのでムラムラしてたから
私「いいよ。でも店は?」
店長「閉めるから」
と言ってシャッターも閉めてきました。私はドキドキが止まらず店長とキスをしてました
店長「この下着を着てと」 と私に渡してきます、もちろんエッチな物です、私は躊躇なく着て店長の前に店長の手には、ローターとバイブがあり私の座らせローターをクリに当ててキスをして
店長「濡れるの早いね」
私「ビデオを見てたしローターが気持ちいいし」と言って腰が動いてます。
店長「バイブ挿れるよ」と言ってマンコに挿れてきます。それはすっごく太い物でした。
私「おっきいよ」
店長「入るよ、ほら入った」するとスイッチが、ヴィーン、ヴィーンと私の中で・・
私「アッ・・いい」
すると店長のチンコが私の口にソレは太い物でバイブぐらいありました。夢中にフェラを店の中でしてました。しかもジュポ、ジュポと音を立てて、店長はチンコを口から抜いて店内にブランケットを敷き仰向けになって69になりバイブをジュポジュポと動かしクリを撫でて私は、フェラしながら逝きました。私「生でいいから挿れて」
店長「生でいいの」
私「うん、早く」
店長「挿れるよ」
私「太いよ、アッ・・入っただけで気持ちいいよ、腰が動いちゃう」
四つん這いになり後ろから挿れて、突いてきます。店の中では私の声が響き、私はイッちゃうと言うばかりです。誰も来ない店で、騎乗位や立ちバック、正常位など
店長「もう逝きそう」
私「またイキそう、ダメ・・イッちゃう、」
店長「中でいいよね」
私「・・イクッイクッー」
店長「出る・・ウッ」
私「エッ中に・・ちょっと待って出過ぎ」
店長「止まんない」
私「中に出すなんて」
店長「黙ってたからつい」
私「もうっしょうがないなぁ、でも出過ぎだよ、まだピクピクしまだ硬いよ」
店長「もう一回」
私「もう一回って・・また気持ち良くしてくれる」
店長「するよ」
私「中に出されたから、何回も中に出して」と言って私達は何回もエッチを店の中で・・
また別の日、客が居ても見えない何処でフェラ、店長がレジをしてる時ってバイブを挿れフェラしたりしてました。

コメントを残す