エッチ体験談 13,000話 突破!!

俺に抱かれて見せる嫁の反応に元彼の名残を感じて嫉妬と興奮にまみれる

旦那さんから投稿頂いた「俺に抱かれて見せる嫁の反応に元彼の名残を感じて嫉妬と興奮にまみれる」。

結婚して10年、俺は41歳で嫁は37歳。
初めて嫁を抱いたのは12年前、嫁は25歳で見るからに清楚な淑女だった。
でも、情熱的なキスをしたから、明らかに処女ではないと分かった。

普通に股広げてマンコ見せたし、そのマンコはやや赤茶けたビラで、クリも赤らんでて、完全に非処女と分かった。
フェラの舌使いは見た目の清楚さからは想像つかない見事さで、生挿入を咎めなかった。
正常位で挿入して暫くすると、俺の腰の動きに合わせて、嫁も腰を動かした。
その腰使いは、元彼に仕込まれたのだろう。

非処女とセックスすると、その女が過去にどんなセックスをしてきたか、ボンヤリだがわかるということだ。
目の前の嫁の反応は、直前の彼氏である前彼に見せた反応、つまり前彼に抱かれてた時の嫁の反応なのだ。
そう思って嫁を抱くと、前彼に抱かれてる嫁を見てる気がして、嫉妬でチンポが固くなった。
騎乗位の時の腰のくねらせ方、対面座位の時の腰の突きだし方、後背位の時の背中を反らせて腰を震わす様、全部前彼の名残だ。
初めてやってきた安全日、
「アアッ・・・そ、そのまま中に・・・今日は大丈夫だから・・・」
嫁のマンコの奥深くまで挿入し、ドクドクト精液を流し込んだ。
俺に生挿入させ、安全日に中出しさせたということは、前彼も、元彼も、同じことしたはずだ。

普段は清楚すぎる淑女の嫁を好きになればなるほど、嫁の痴態に嫉妬した。
嫁の処女膜はいつ破られたのか、どんな奴の生チンポで破られたのか?
25歳までに何本のチンポが挿し込まれ、何発の中出し精液を受け入れて来たのか?
嫁のマンコは、知らない男たち精液で汚されたマンコだと思うと切なかった。
なまじ清楚な淑女なだけに、中出し精液を垂れ流すマンコを見たとき、これを見た男が何人かいたんだなあと、胸がいたくなった。
俺との付き合いが長くなると、俺のチンポの当たりどころに合わせて嫁の腰使いが変わってきた。
結婚する頃になると、特に騎乗位での腰使いは、明らかな変化が見られた。
自分の感じる場所に当てるには、前彼と俺ではかなり違うんだと感じた。

結婚して、嫁との営みが日常化した頃、嫁を抱きながら何人かの元カノを思い出すことがあった。
あの元カノは、こんな反応しなかったよなあ・・・とか、あの元カノは、こういう時にこんな反応したよなあ・・・とか。
その時、かつて嫁のマンコを味わった男たちは、嫁の淫らな痴態を回想することができるという事に気付き、なんか嫉妬だけでなく、興奮もした。
街角で元彼が嫁を見かけて、
「ああ、あの女が若いとき、俺とセックスしてアンアンヒイヒイ言ってたっけなあ・・・」
ってその光景を思い出してたらなんて妄想すると、悔しいほどの興奮に襲われるようになった。
そういう時、俺の勃起は凄まじく、嫁も歓ぶ。
俺って寝取られなのかなあ・・・

1 COMMENT

コメントを残す