エッチ体験談 13,000話 突破!!

腹を割って話したら母さんと仲良くなった

普通の大学生さんから投稿頂いた「腹を割って話したら母さんと仲良くなった」。

俺は母さんとヤッてしまった。

きっかけは両親の夜の営みについて母に文句を言ったこと。

「最近母さん達仲良いよね?一緒に寝てるし」

「なに急に(笑)」

「ほら最近…してるじゃん?」

こんな感じで営みについていろいろ聞いたし他のことも話した。エロい話はダメだろうと今までそんな話をしてこなかったけど、母も案外乗り気で、

「父さんのこーゆうところがー…」
「危ないときは中じゃなくて外にさせてる」
とか愚痴と一緒に出てくる。

俺も俺で相槌しながら、

「いつも短いけどなんで?」
とか聞いてた。1時間半くらい話して、
「あんたもそういう時期かぁ…」
って嬉しそうに言われた。こんな話題でも腹を割って話した俺と母さんの絆が深まったように感じた。

それから3日経った昨日、話したときと同じように父さんは夜勤で俺達2人の夜。

「「ふふっ」」

目が合うと俺も母さんも笑ってしまう。なにもおかしくないのに。

「何?まだなんかあんの(笑)」

「いやなんもないけど(笑)」

「母さんお風呂入ってくるからその間に食べてて」

黙食。食べ終わったらスマホ弄りながら母さんが戻ってくるのを待った。

母さんが戻ってくると、

「まだいたの?」

「ちょっとね」

「何?やっぱりまだなんかあんの?」

「久しぶりに一緒に寝ない?」

「何いってんの?(笑)嫌に決まってんでしょ。というかダメ。恥ずかしくないの?」

「この前腹を割って話したから吹っ切れた」

「あはははは!あれで!?ほんとに?」

母さんは爆笑して涙まで浮かべてる。

「まぁ母さんも同じよ。良いよ1回くらいなら」

母さんと一緒に寝室へ。

「うわ、小さい頃以来」

「そうね。ほら」

「あの時と同じようにやっぱりこのベッドで父さんとしてるんだよね?」

「覚えてないけどね(笑)してるよ」

「俺の部屋までしっかり聞こえるから(笑)」

「ごめんって(笑)てかあんたほんとに小さい父さんだね」

「知ってる」

「こっちはどう?」

瞬間、ズボンとパンツを一気に脱がされた。完全臨戦態勢のチンポが母さんの目の前に。

「アハハハハ!やっぱそっかぁ。あんた誘うの下手すぎ、もっと自然にって言ったじゃん」

「うるさい…」

「はぁ…ほんとはダメだけど嬉しいと思う母さんもいけないけど」

母さんは起き上がると全裸になった。

「母さんすごい」

「もう!やめて(笑)あん!」

そこからはあまり覚えてない。気づいたら腰振ってた。母さんは、

「あっ、あん!良い…んあっ!」

父さんとしているときと同じ喘ぎ声。

最後は、外に出そうとしたけどガッチリ抱え込まれて中出し。

俺も母さんもヘトヘトになったけどまた仲良くなったからOKかな?

コメントを残す