エッチ体験談 13,000話 突破!!

恋女房と歩んだ人生を振り返った夜~30回目の結婚記念日~

恋女房の夫さんから投稿頂いた「恋女房と歩んだ人生を振り返った夜~30回目の結婚記念日~」。

結婚30周年の記念日、57歳の俺と54歳の女房が月明かりの差し込む寝室で、布団を並べて横になった。
「30年、俺を支えてくれてありがとう。感謝してる。」
「私こそ・・・幸せをありがとう。」

「おいで・・・」
女房を俺の布団に誘った。

女房は、浴衣の帯を解き、それを自分の枕元に置いて俺の布団に潜り込んできた。
俺も浴衣の紐を解き、お互い前がはだけた状態で抱き合った。
そして、女房の浴衣をゆっくりと剥ぎ取り、美身を晒させた。
「お前は、いつまでも綺麗だな・・・」
とても50代には見えない女房の美身を愛撫した。
足を開かせ、恥辱の開脚で膣奥まで晒させ、舐め回した。
「こんな恥ずかしい恰好でオマンコ舐めさせてくれる女は、お前しかいないからなあ・・・」
「アァン・・・今でも恥かしいのよ・・・でも、あなたになら・・・ハアァ~・・・」
長年続く夫婦の淫戯儀式だが、30年経っても女房は恥じらう素振りが可愛かった。

今度は女房が俺の肉棒を咥えた。
「お前を初めて抱いた日を思い出すなあ・・・」
32年前、昭和も終わりの頃、短大を出てOL一年目の女房を口説き落とした。
ハマトラの似合う清純派の可愛い女房だったが、あの時代、処女や童貞で成人式を迎える若者は少なかった。
女房も例にもれず、清純な顔とピチピチの美身は既に肉棒の味を知っていた。
足を開いて晒した肉裂はまだ純情で、ビラ肉も小振りで綺麗だったが、クンニを許し、その快感に濡らした。
清純な可愛い顔でも肉棒を扱う手つきは大人の女のそれで、ネットリと亀頭を舐め回す舌使いは見事だった。
あの頃、若者のセックスはハードルが低く、俺も女房の他にセフレがいたくらいだったから、男も女もコンドーム派必需品で、生では絶対にしなかった。
女房は、コンドームを被せた俺の肉棒で、見事なほど感じまくった。

実は、俺と女房は初対面でホテルに入った。
今では信じられないだろうが、ナンパして即セックスはハードルは高くても、決して無理ではなかった。
時はバブル真っ只中、ワンレンボディコン女でも、ハマトラ清純派女でも、見た目と身持ちは関係なく、ナンパには比較的応じてくれた。
あとは女が自分を好んでくれているかのフィーリングと、歯の浮くセリフを言えるかどうかだ。
女房が即落ちしたのは、俺を見てビビッと感じたらナンパされたからだそうだ。
即落ちして、僅か数時間前に初対面した男に抱かれて、見事なほど喘がされた女房は、俺と付き合うことを決め、当時の彼氏に別れを告げた。
今と比べて男女交際の垣根が低く、恋人がいても違う相手と気軽にセックスしていた分、より良い相手を見つけると容易く別れた。
結婚するまで5~6人と付き合うのは普通だった気がする。

女房を抱いた後、俺は半年間セフレとも付き合っていたが、女房との淫戯がどんどん良くなって、セフレと距離を置くようになり、自然消滅した。
あの頃、携帯電話などないから、一度疎遠になるとあっという間に縁が切れた。
女房とは、それまでの女とは比較にならないほど淫らな行為に耽り、猥褻な行為を共有するようになった。
なぜだか、女房はどんなに恥辱に満ちた行為に、恥かしがりながらも応じてくれた。
カーセックス、野外セックス、ちょっと戸惑いながらも緊縛してのバイブ責め、だいぶ悩み抜いた末に応じてくれたアナルセックスは、
「あなたに処女をあげられなかったから、せめてお尻の処女を・・・」
と自分い言い訳するように言いながら応じてくれた。
おかげで、生理中のセックスにも支障が出なかったし、結婚してからは二度の出産時もアナルで肉棒を受け入れてくれた。
それほどまでに俺を愛してくれた女房だから、俺は結婚したのだ。

54歳の女房は、屈辱の開脚で強いられた肉穴露出に恥じらい、俺の肉棒を美味しそうに咥え、肉穴の奥深くまで迎え入れ、その快感に美身を淫虐に染め上た。
一昨年に閉経して以来、毎回中出し淫射を繰り返していたが、
「あなた・・・久しぶりにお尻に入れて・・・」
と言った。
そう言えば、中出し淫射するようになってから、アナルセックスをしなくなっていた。
女房の愛液でヌルヌルの肉棒を、女房の尻穴に沿えて、ゆっくりと入れた。
「アア・・・気持ちいい・・・」
恥かしい肉豆弄りの快感に愛液を零しながら、尻穴を凌辱される恥辱に、女房は潮の飛沫を上げて応えていた。
大股を開き、本来の生殖行為で入れられるべき肉穴を俺に穿られながら、排泄のためにある尻穴に肉棒を出し入れされて喘ぐなど、女としてこれほど恥辱の行為があるかというみっともなさの中、女房は久しぶりにアナルでイッた。
「アナル・・・久しぶりにやったなあ・・・」
「気持ちよかった・・・お尻の穴は、あなたしか知らないから・・・」
でも、アナルセックスの後は速やかに風呂場に行かなければならず、後戯をすることなく、二人でいそいそと風呂場に向かった。
排泄物がこびりつく肉棒を清め、排泄物が混じった精液が伝い落ちる内股を清め、再び寝室に戻り、手をつないで眠りに就いた。
30年の夫婦相和しの情景であった。

3 COMMENTS

匿名

情景が目に浮かびますなあ
古い日本家屋の二階の回廊がある和室で障子戸に就き明かりがさしてるみたいな

返信する
匿名

あなた、私も、あなたに稲妻の走るような感覚と、他の人では一度もなかった、正夢での出会いで…今も、変わらずにあなたを愛してるよ。

心の具合が悪くて、お便りを書き上げられなくて、本当に、本当に、ごめんなさい。持ち込んで書いて、直接お持ちするね。

処女だけど、私のして差し上げられる全部のこと…怖くても、あなたを愛してるから大好きだから、あなたにお体委ねるね。お話の中の事も、頑張れるよ。

あなた、いつまでも、何があっても…どんな時も…あなた…愛してるよ。

苗字の頭文字と24

返信する

コメントを残す