エッチ体験談 13,000話 突破!!

妹をエロメスに育ててみた

エロ兄穂積さんから投稿頂いた「妹をエロメスに育ててみた」。

ブラコンってほどでもないけど昔から兄の俺に懐いてる妹が一人いる。
マサガキだった俺は当時から妹にチンコ見せたり触らせたりして興味を持たせ、エロマンガを一緒に読んでオナニーを勉強させた。
ついでにマンコを触らせてもらって快感を知った妹はオナニーが日課になり毎日俺の前でオナニーしてくれるようになった。

そんな妹のオナニーを眺めながら俺もオナニーして妹のマンコに精液をぶっ掛ける。
ぶっ掛けた精液を自分の指で奥に押し込ませて擬似中出しを経験させる。
マンコの中も精液を覚えられて良いだろ。
気持ち良い事にどハマりした妹は俺以上にエロマンガを読むようになり、オナニーレベルも比例して上がっていく。
S学低学年で俺のリコーダーをマンコに挿入して激しく抜き差しして中イキするまでになった。
ついでにアナルオナニーも覚えて指を3本入れられるようになってる。
毎回マンコにぶっ掛けも飽きるから、時々顔射したり口を開けさせて口の中に出したりする。
口の中に出すのは初めは嫌がったけど、何度もやって慣れさせたら精液を飲めるようにもなった。
だからフェラチオを覚えさせて、咥えてる妹のマンコを俺がイジる方式に変えた。
妹もオナニーより俺にイジられた方が感じるみたいで暇さえあればせがむようになった。
順調にエロメスに育った妹はS学4年でセックスを覚えた。
相手はもちろん俺だ。
処女と童貞を兄妹で捨てて中出しもした。
リコーダーで慣れてた妹は最初から感じまくって初めての中出しに感動していた。
既に生理もあったし中出しは子供を作る行為だと理解もしてたけど、安全日とかの計算方法なんて知らないまま中出しされて喜んでる。
一発で中出しセックスにハマった妹と俺は生理の時以外はセックスしまくって毎回中出しした。
やりすぎて精子の数が少なかったのか、妊娠は一度もしたことが無い。
俺も妹も避妊なんて言葉を忘れてた妹がC学一年の夏、連日やりまくってたら生理が来ないと言われた。
少し遅れてるだけじゃないのかと確認したが、もう三ヶ月止まってると言われた。
確実に妊娠してると思った俺はクラスの悪友達に連絡しまくってカンパを募り、先輩にも声を掛けて金を恵んでもらった。
それでも足りなかったから今までに貯めた小遣いを合わせて何とか妹を堕胎させる。
未成年だから親に話すと言われたけど、俺達は兄妹だから親に知られるとマズイと説明し、親の代わりに先輩の先輩の親に保護者として手術同意書にサインしてもらった。
それからは安全日と危険日の計算方法を勉強して危険日には避難するようにしたけど物足りない。
そんな時に妹がアナルなら妊娠しないよと言い出したから、アナルセックスを試してみた。
排泄する穴にチンコ入れるのは変態的でめちゃくちゃ興奮する。
妹もアナルに指を入れるのに慣れてたから初めてのアナルセックスでも問題無く感じて中出しも出来た。
これで危険日はアナルで生セックス出来ると知り、より一層妹とのセックスが楽しめるようになった。
だが夏休み期間中に暇さえあればセックスしてたから学校が始まるとムラムラを抑えきれない。
休み時間に呼び出してフェラチオさせたり、授業をサボって体育倉庫の裏でセックスしたりと学校でもやりまくった。
妹が体育の授業の前に中出しした時は溢れ出してきた精液で股間にシミが出来ないか気になって集中出来なかったと怒られたよ。
でも兄の精液がマンコの中に入ったままで授業を受けるのは興奮するとも言ってたから、次が何の授業だろうと飲ませたり中出ししたりと楽しんだ。
学校で外でセックスするのに慣れた俺達は学校帰りや日曜日に外でもセックスするようになった。
下着だけ脱がせて俺もチンコだけ出してやってたのも最初の頃だけ。
だんだんと刺激が欲しくなり始めて下を全部脱ぐようになり、最終的には外で全裸になってセックスするようになった。
開放的で気持ち良いんだ。
日曜日に両親が買い物とかで出掛けた時なんかは、真昼間から全裸で庭に出て青姦もした。
近所の家から見られてるんじゃないかってスリルが興奮を高めてくれる。
二階のベランダや洗濯干し場になってる屋上も青姦するには良い。
特にベランダは出掛けた両親が帰って来た時に少ししゃがめば全裸なのがバレないからな。
妹と全裸でセックスしながら下に居る両親に声を掛けて話しながら中出しした事もある。
もう妹との関係を一生切れる気がしない。

コメントを残す