エッチ体験談 13,000話 突破!!

飲み屋勤めのママ

竜斗さんから投稿頂いた「飲み屋勤めのママ」。

パパとママが離婚してからママは飲み屋で働き始めました。
毎日お酒と香水の匂いをプンプンさせて深夜か明け方に帰宅します。
たまにおっさんの臭いを服に付けてる時があるから、セクハラされたり襲われたりしてないか心配になります。

その日もいつもと同じ深夜にママが帰宅しました。
台所で水飲んでそのまま座り込んで寝ちゃいました。
僕にはママを運ぶだけの力は無いから、何度も体を揺すって起こそうとしました。
でも全然起きないんです。
その時に乱れた服の隙間から胸とパンツが見えました。
こんな事しちゃいけないってわかってるけど、ママの大事な所が見たくてスカートをまくってパンツを脱がしせました。
もじゃもじゃの毛の奥にマンコが見えます。
顔を近付けて匂いを嗅いだらオシッコの匂いがして、いつも体から良い匂いがするママもこんな匂いさせるんだと興奮しました。
起きないでと願いながらマンコを触ります。
お酒飲んでるからなのかすっごい温かくて柔らかいです。
触ってたら濡れてきてヌルヌルし始めました。
穴の場所を確かめて指を入れてみます。
「ん…」とママが吐息を漏らして起きたのかと思って急いで指を抜きます。
様子を見てたけど起きた気配が無かったのでまたマンコに指を入れてイジリました。
どんどんヌルヌルした液が出てきて、それでもイジリ続けたらママがビクンとしてマンコが締まります。
それがものすごいエッチでチンチンが痛いくらい元気になりました。
ママのマンコにチンチン入れたらどんな感じなんだろうと興味が出てきて、すぐにパンツ脱いで今度はチンチンをマンコに入れます。
中のお肉がチンチンを包んで強く締め付けて来ます。
こんなの気持ち良すぎて入れただけで終わりに出来ません。
目を覚ましちゃうかもしれないのに夢中で腰を振って中でイキました。
ママのマンコに精子をドクドクと注ぎ込むのはオナニーより全然気持ち良いです。
精子を出しながら腰を振り続けます。
赤ちゃん出来ちゃうかもしれないけどやめられません。
2回目も中に注いで、ブラウスのボタンを外してチンチン入れたままおっぱいを吸いました。
小さい頃に吸ったおっぱいを今吸うのはエッチで興奮します。
マンコにチンチンを入れたままなのも興奮する理由です。
ずっとこうしていたいと思ってたらママが目を覚まして僕をギュッと抱きしめました。
「どうしたの?ママのおっぱい欲しくなっちゃったの?」と話しかけて来ます。
チンチンが入ってる事は言われなかったので、「いつもママが夜居なくて寂しかった」とおっぱいを吸い続けます。
「いつまでも甘えん坊さんね、寂しい思いさせてごめんね」って頭を撫でられてまた中に精子を出してしまいました。
「えっ?なに?え?うそ!」とママがマンコにチンチンが入ってる事に気付きました。
「ごめんねママ、ママとずっと一緒に居たくてチンチン入れちゃった。これで3回中に精子出しちゃったよ」と正直に話しました。
「こんな事しちゃダメでしょう?出しちゃったものはしょうがないからもう抜きなさい」ってちょっと怒られたけど、起きてるママにも精子を注ぎたくて抜くふりをしてまた深く入れます。
ママが「ダメ」とか「抜くの!」とか言ってるけど無視して腰を振って最後に深く入れて奥に精子を注ぎ込みます。
それでもうチンチンは元気を無くしていってマンコの中でどんどん小さくなっていきます。
抜きたくないのに小さくなったチンチンがマンコに押し出されてしまいました。
ママと離れちゃったのが悲しくて泣きながらおっぱいを吸ってたら、ママが強くギュッとしてくれてます。
ママに謝って布団に行くように言いました。
フラフラと布団に向かって歩くママのマンコから精子がボタボタと床に落ちます。
たぶん太ももの内側にも垂れてると思います。
次の日の朝、ママに「昨日はごめんね」と謝ったら「何のこと?」と覚えてないみたいでした。
だから嘘を教えました。
「夜ママが居なくて寂しいって言ったらエッチさせてくれたんだけど、中に出しちゃダメって言われたのに3回も中に出しちゃったんだ」
「嘘でしょ?」とママが驚いてます。
「嘘じゃないよ、エッチすればママを深く感じられるでしょ?ってママが優しくエッチしてくれたんだ」僕が襲ったんじゃなくてママと合意の上でママから誘ってくれたことにしました。
「そんな…全然覚えてないわ」と頬に手を当てて考え込んじゃいました。
「ねえ、今日も仕事行く前にエッチしてくれるって言ってたのも忘れちゃったの?ママとエッチ出来るから僕は寂しくても我慢するって約束したのに!」
そんな約束はしてないけど、またママとエッチしたいから嘘を重ねます。
嘘泣きで涙を浮かべてママを見つめると、ママが僕を抱きしめてくれました。
「泣いちゃうくらい寂しい思いさせてたのね、ごめんね…ママ子供のためならエッチくらい何度だってさせてあげるから許して」
嘘を信じてそう言ってくれました。
ちょっと胸がチクリとしたけど、これでまたママとエッチできます。
まだ仕事に行くには早いからって布団に入ってエッチします。
「昨日の事全然覚えてないんだけど、ママはどんな風にしたの?」と聞いてきました。
「あのね、チンチンを食べられて気持ち良くなって出しちゃったんだけど、ママは全部飲んでくれたの」口でなんてしてもらってないけど、どうしてもして欲しくてまた嘘をつきます。
「そう、そんな事もしたのね」とチンチンを咥えてくれました。
「今日も飲んでくれるの?」って聞いたら「良いわよ」って言ってくれました。
ママが良いって言ったんだから僕は口に出します。
本当にゴクゴクと精子を飲んでくれてます。
「今日も気持ち良かったよ、次は昨日みたいにアソコに入れさせて」とお願いしました。
「エッチってそこまで?でも昨日は許して今日はダメって言うのも変よね、ちゃんと今日は外に出すのよ?約束して」少し考えてからチンチンを入れるのを許してくれました。
酔ってないママのマンコにチンチンを入れます。
昨日は最初寝てたから反応無かったけど、今日はちゃんと起きてるので気持ち良さそうな声を出してくれます。
「ママの感じてる声って可愛いよね、僕大好きだよ」と褒めたらママが照れてしまいました。
たくさん腰を振って、出そうになったからママに言います。
「ママもう出そう!また飲んでもらって良い?」中に出さない代わりに飲んでほしくてお願いします。
「ちゃんと外に出してくれるなら何度だって飲んであげるわ」と約束してくれたのでチンチンを抜いてママの顔の前にチンチンを出します。
咥えようと口を開けて舌が当たった瞬間に出ちゃって顔にも少しかかっちゃいました。
だけどすぐに咥えて残りを飲んでくれます。
口でしてもらいながらマンコをイジリました。
チンチンで最後までママを気持ち良くさせてあげれなかったから、せめて指で気持ち良くさせてあげようと頑張ります。
昨日みたいにママがビクンとしました。
その時な強くチンチンを吸われてまた精子が出ます。
それも全部飲んでくれて、「ママもイッちゃったぁ…」とチンチンをペロペロと舐め続けてくれます。
「ママも気持ち良くなれた?」って聞いたら「イクくらい気持ち良かったわよ」って答えてくれます。
「これからも毎日仕事の前にエッチしてくれる?」ってもう一度確かめます。
「ママが約束したんだから毎日してあげるわよ、でもママが中に出しちゃダメって言った時は今日みたいに約束守ってね?」って言われたから、気になった事を聞きました。
「ママが中に出して良いって言ったら中に出しても良いの?」そう、ダメって言った時はと言われたのでそこを確認しました。
「ええ、中に出しても良い日があるから、その時は中に出しても良いわよ」と説明してくれました。

コメントを残す