エッチ体験談 13,000話 突破!!

屍姦

変な男さんから投稿頂いた「屍姦」。

病院で亡くなられた方を最後に綺麗にするのは知ってますよね?
その間ご家族は1時間ほど退室してもらいます。
つまり亡骸に何してもご家族には分からないんですよ。

若くして亡くなられた女性や魔性の魅力のある熟女等、犯したくなる亡骸と数多く対面して来ました。
この処理を始めたばかりの頃は真面目にやってましたよ。
でも彼女と別れて溜まってる時につい魔が差して亡骸を犯してしまったんです。
倒錯的なエロスに病みつきになり、それからは積極的に亡骸を犯すようになりました。
どうせ穴と言う穴に詰め物するんで中出ししたって問題無し。
御臨終直後ならまだ暖かいから人間らしさも感じられます。
ただしどれだけ前戯しても濡れないのでローションは必須。
100均で売ってる小さい化粧水ボトルにローションを詰め替えてポケットに忍ばせておけばいつでも使えます。
最近も53歳でお亡くなりになった熟女の亡骸とSEXしました。
アナル経験なんて無さそうだったので、アナルと膣の両方で楽しませてもらいました。
最後に口に突っ込んで喉まで犯して喉奥にも出します。
その後に詰め物して身体を清め、ご家族に用意して頂いた服を着せてからご遺族を呼び戻します。
犯したばかりのご遺体に縋り付いて泣くご家族を見て私の興奮は更に高まります。
なにせ亡骸の中には今しがた出したばかりな私の精液が詰まってるんですから。
あとはご自宅に引き取ってもらって火葬場に運ばれるので証拠も残りません。
この楽しみを知ってから恋人がいなくても良いと思えるようになりました。

1 COMMENT

コメントを残す