エッチ体験談 13,000話 突破!!

ロリコンは恥だが役に立つ……事もある

肉のマンセーさんから投稿頂いた「ロリコンは恥だが役に立つ……事もある」。

俺の大学で同じゼミを受講しているやつに花田という奴がいる
見た目はいかにもキモオタでなにやら教室でマンガ雑誌を読んでいる
普通のマンガ雑誌かと思ったら、有名なロリコンマンガ雑誌らしい

何かよく呟いているのだけどたまたま近くに行った時、「おパンツ」と聞こえてマジキモかった
同じ大学の女の子達も気持ち悪がって常に距離をとっていた
そんなある日偶然、花田と帰りにかち合って大学前の横断歩道で花田と信号待ちをしていた
通りがかった母親と幼い女の子も信号待ちに加わったのだけど、花田はニタニタしながら女の子を凝視
「おパンツ見てえ」
と呟きが聞こえてマジでこいつヤベーわと思った
母親の方は信号待ちの間スマホを見ていて花田の呟きには気が付かない
女の子は母親のそばで「ダイトーリョーになったらねー」とか歌いながら跳び跳ねていた
なおも凝視を続ける花田
もしかしてこいつパンチラを狙っているんじゃと思ったその時、女の子が勢い余って車道に飛び出した
そこへ車が
危ないっ!って思ったら花田が女の子を抱き抱えた女の子は花田に抱き抱えられて無傷だったけど、花田は直接車と接触して道路の端でグッタリ
その場は騒然となり、悲鳴が響き渡った
次の日は花田は大学には現れず、その次の日に右腕にギブス、首元にまで包帯が見えていた
大学の女の子達の『キモオタ』の評価は変わらなかったが、「よくやった」と見直されていた
本人はニタニタしながら、女の子を触りまくれるチャンスだと思って抱きついた
体をたっぷり触れた。おパンツも見れた。もうちょっとでちゅーもできたのにと堂々と話してこれまで以上に周囲からドン引きされていた

コメントを残す