エッチ体験談 13,000話 突破!!

17年乗ったアルテッツアには嫁の前カノの思い出が残っていた

オッサンさんから投稿頂いた「17年乗ったアルテッツアには嫁の前カノの思い出が残っていた」。

結婚して13年の42歳、嫁39歳、小5と小3の子供の4人家族。
一昨年、17年乗ったアルテッツアを86のラストモデルに買い替えた。
ファミリーカーの座を嫁のヴィッツに譲って4年、俺の遊び車になっていた。

あのアルテッツアには、嫁との出会い、はじめて嫁を口説いてラブホに連れ込んだ思い出、結婚、子供が生まれてベビーシート着けたり、家族旅行とか思い出がいっぱい。
でも、嫁と出会う前から乗ってるから、嫁の前カノの思い出も詰まってる・・・
アルテッツアを手放すとき、トランクやグローブボックスの荷物を出したら、もうずっと聞いてないMDがトランクから出てきた。
前カノが編集したMD・・・懐かしいのと、思い出す別れ・・・

俺がアルテッツアを買ったのは24歳の時、大学時代に乗ってた兄貴のお下がりのトレノを下取りに出して買った。
MDがきっかけで、当時のことを思い出してしまった・・・
アルテッツアの助手席ではしゃいでる前カノ、その屈託のない可愛い笑顔を思い出す。
前カノは嫁と同い年で、当時大学3年生だった。
処女ではなかったけど性体験が浅く、前の彼はクンニをしなかったようで俺のクンニに驚いてた。
若い娘がオマンコを広げて舐められる・・・羞恥と快楽の狭間に揺れてた。
フェラはさせられてたようで、そこそこ上手だった。

前カノ、嫁と違って結婚前なのに生入れを許容し、生セックスに恥じらいながらも感じた。
俺は、挿入してすぐはあまり動かず、ピストン系じゃなくグラインド系の腰使いで、前カノ、腰を押し付けて激しい刺激を求めた。
前の彼氏は大学生で激しかったんだと思う。
俺は、前カノがはハアハアしてから抉り系のピストン、そして最後、射精へ向かう拘束ピストンに移行するが、前カノ、高速ピストンになると急に、
「アァァァアァァァアァァァアァァァアァァァアァァァ」
って物凄い喘ぎを見せた。
そして、精液を身体に振り撒かれるのが好きで、振り撒かれた精液を身体に塗り広げるんだ。

前カノ、兄貴が実家を継ぐので、俺と付き合い続けられるように、大学のある都会に就職を決めたんだけど・・・
前カノの就職先、前カノが大学を卒業する直前、倒産したんだorz
新卒を採用する会社が倒産するわけないと粉飾させて、資金調達して致命的な穴埋めだけして、計画倒産したらしいんだ。
前カノ、失意のまま実家に帰ったよ・・・
別れの日の前日、すっかり片付いた前カノの部屋を閉じ、駅のホテルで過ごしたんだ。

最後のセックスは高速ピストンできなかったよ。
射精したら終わる・・・そう思うと、いつまでも繋がっていたかったんだ。
あんなに動かず、繋がったままでいたことは無いよ。
30分、いや、40分以上繋がったままだったと思う。
「もういいよ・・・最後の精液、出して・・・」
泣きながら射精したのもあれが最初で最後だった。

翌朝早く、朝食を食べて前カノを駅で見送った。
「元気でね。」
って手を振って、笑顔で別れた後、パーキングからアルテッツアに乗って、一人出勤したんだ。
前カノがいない助手席が、とても寂しかったよ。
今では素敵な思い出だけど、自分たちのせいじゃない別れは辛くて、他人には言えてない。
でも、前カノは初めて結婚を考えた信頼できるパートナーだったと思う。
別れてから電話もメールもしたことないけど、元気で幸せに暮らしていてほしいと願うばかりだ。

2 COMMENTS

匿名

クルマと当時の彼女、そして当時流行って車で聞いた歌って、やっぱり思い出しますよね。

返信する
匿名

忘れられない元カノとクルマで聞いた曲は、カセットテープだったなあ。

返信する

コメントを残す