エッチ体験談 13,000話 突破!!

オナラとウンチとオシッコが大好きな僕

拗らせ君さんから投稿頂いた「オナラとウンチとオシッコが大好きな僕」。

友達皆に理解してもらえないんだけど、スカトロが至高のエロだと思ってます。

それをクラスの女子に洩らした友達がいて女子全員から僕は避けられてるので彼女が出来ません。

どうしてもスカトロを経験したいのでママにお願いしました。

ママも最初は僕の口にウンチするのは嫌がったんだけど、それなら一緒にトイレに入ってウンチした後、僕が舐めて綺麗にしたいと言ったら悩みに悩んでから許してくれました。

「あ、トイレかも」

「ウンチ?」

「うん、本当にやるの?」

「約束したじゃん!ママのウンチ舐めたいの!」

「何でそんな汚い物を舐めたいのかしら…」

「好きなんだからしょうがないじゃん」

「ふう…前に約束したものね、しょうがないから舐めさせてあげるわよ」

「やったー!ママのウンチが見れて舐められるなんて最高!」

便座に座ったママの前にしゃがんでウンチが出る所を覗きます。

お尻の穴から太くて臭いウンチが出てきたから隙間から手を入れて受けとりました。

出たての温かいママのウンチが僕の手の上に乗ります。

「ちょっと!何してるのよ!」

「これがママのウンチ…我慢出来ないからウンチでオナニーするね!」

ママが見てる目の前でチンチンを出して手の上のウンチに突っ込みます。

「ママのウンチに僕のチンチンが入ってる!気持ち良いよお!」

チンチンをウンチまみれにしてシコシコ擦ります。

「ママ見て!ママのウンチに僕の精子出すから見てて!」

茶色いウンチに僕の白い精子が混ざって綺麗なマーブル模様になりました。

「あは…こんなに出たよママ」

「そんな事したら病気になるわよ!早く拭きなさい!」

「嫌だよ、もっとチンチンをウンチまみれにしてママのお尻の穴舐めるんだから」

精子の混ざったウンチは便器の中に捨てて、新しく出てきたウンチをまた手で受け取ります。

ホカホカしてて美味しそうなウンチをちょっとだけ舐めました。

「美味しい…これ食べても良い?」

「ダメ!本当に病気になっちゃう!」

「でもこれからウンチの付いたママのお尻の穴を舐めるんだよ?これ食べるのと変わらなくない?」

「それはそうだけど…量が違うじゃない」

「食べたいのになあ…」

ママが嫌がるからチンチンに塗ってシコシコします。

「全部出た?もう舐めれる?」

「出たけど本当にやるのね?」

「うん!その為に一緒に入ったんだもん!」

ママが諦めて便座から腰を上げて僕にお尻を向けてくれました。

「美味しそうな匂い…いただきます」

ウンチで汚れたお尻の穴を舐めました。

ウンチだけを舐めるよりママのお尻の穴の感触があった方が美味しく感じます。

口を付けて吸ったり舌を入れて中まで綺麗に舐めました。

「はあ…ママのウンチ付きのお尻の穴美味しかったよ、また舐めさせてね?それか直接僕の口にウンチしてくれても良いんだよ?」

「息子の口にウンチなんて出来るわけないでしょ?」

「すぐじゃなくても良いから、舐められるのに慣れたらお願いね」

僕は諦めたくないのでしつこくお願いしました。

ウンチまみれのチンチンはママに無理矢理拭かれてしまいました。

でもチンチンを洗うのだけは拒否して手だけ洗います。

せっかくママのウンチの臭いがチンチンに付いたのに洗うなんてもったいないてすからね。

オシッコ付きのオマンコはお風呂で舐めさせてもらいました。

ウンチよりも抵抗が無かったみたいで、顔にかけてとお願いしたらかけてくれました。

顔の上を流れるオシッコを口を開けて飲みます。

しょっぱくて美味しいです。

それなのにオマンコに口をつけて飲むのは許してくれませんでした。

これも諦めたくないのでしつこくお願いしました。

毎日トイレでウンチ付きのお尻の穴を舐めさせてもらい、お風呂でオシッコを飲みました。

時々ママのお尻に顔を埋めてオナラをしてもらい、全部吸い取ります。

臭くて良い感じです。

3ヶ月も続けるとママも慣れたのか、トイレに行くよとかオナラ出そうと教えてくれるようになりました。

最初に許してくれたのはオマンコに口を付けてオシッコを飲む事です。

いつものようにお風呂でオシッコをしてもらう時に、今日はオマンコに口付けて飲んで良い?と聞いたら仕方ないわねって感じで許してくれました。

寝転がった僕の顔に座ってもらってオシッコをしてもらいます。

ムニュッと柔らかいオマンコから勢いよくオシッコが出て口の中に溜まっていきます。

ゴクゴクと飲み続けないと零れてしまうので一生懸命飲み続けました。

オシッコでお腹いっぱいです。

お礼にオマンコを隅々まで綺麗に舐めてあげます。

「ママのオマンコもオシッコも美味しかったよ、ありがとう」

オマンコに口を付けてオシッコを飲めるようになってからだいぶ経って、ママがウンチするからと僕をお風呂に連れて行ってくれました。

「トイレじゃないの?」

「今日は前からお願いされてた事を叶えてあげようかと思って」

「口にウンチしてくれるの!?」

「うん…本当に良いのね?」

「お尻の穴に口付けても良い?」

「良いけどどうなっても知らないわよ?」

「顔の上にウンチしてもらうのも良いなあ…」

「そこまでウンチやオシッコが好きになったのは何でかしら…」

「普通じゃないから興奮するんだよ!最高にエロいじゃん!」

服を脱いでお風呂場に入ります。

寝転がった僕の顔に座ってもらって口を開けてお尻の穴にくっ付けます。

「本当にウンチしちゃうからね?今ならやめられるわよ?」

「早くウンチして食べさせて!」

ママが警告してくるけど、僕は夢が叶うのが嬉しくて急かしました。

僕が諦めないと解ったママがいきんでウンチを出します。

臭くてホカホカのウンチが口の中に入ってきたのでよく噛んで飲み込みます。

おかわりは口いっぱいに溜めて、それからママのお尻を少し持ち上げて顔の上に続きを出してもらいます。

口の中にも顔の上にもたっぷりウンチしてもらって最高に幸せです。

溢れるくらい溜まった口の中のウンチをよく噛んで飲み込み、顔の上のウンチは顔と体に塗り広げて余ったウンチは食べます。

ママのお尻の穴も残りを吸い出して中まで舐めて綺麗にしました。

「凄く幸せだよママ、全身ウンチまみれでオナニーするから精子出るところ見てて」

顔や体に塗り広げたウンチを指で掬って食べながらチンチンを擦ります。

「ママ!もう精子出ちゃう!ママに掛けても良い?オマンコかお尻の穴に掛けたい!」

僕にお尻を向けて顔だけ振り向いてこっちを見てくれてるので、お尻の穴に精子を掛けさせてもらいました。

「ああ!ママのお尻の穴が僕の精子でドロドロになってる!エロいよママ!気持ち良かったあ」

ウンチを食べてテンションが爆上がりしてたせいか、無意識に精子まみれのママのお尻の穴を触ってました。

「あ…優しくて擦っちゃダメよお…」

「僕のでヌルヌルだね、簡単に指入っちゃいそう」

「んん…!あ!そんな…いきなり指入れるなんて…」

「人差し指が全部入っちゃったよママ」

「ああん!ズボズボしちゃだめえ!」

「はぁはぁ…ママのお尻の穴の中に僕の精子が入っていってる…」

上から垂れてくる精子も指を出し入れするたびに巻き込まれてお尻の穴の中に入っていきます。

小さくなったはずのチンチンがまた大きく硬くなりました。

気持ち良いのか悪いのか知らないけど、ママは目を瞑ってブルブル震えてて僕を見てません。

僕はママのお尻の穴から指をゆっくり抜いて、代わりにチンチンを入れました。

「んああ!何を…」

「入った!ママのお尻の穴に僕のチンチンが入ったよ!ああ!気持ち良い!ウンチ穴セックス気持ち良いよママ!」

「だ…だめ!そんな所にオチンチン入れちゃダメなの!激しい!お尻の穴捲れちゃう〜!」

「腰が止めらんない!ま、また精子出るう!」

「ああ!そんな…中に出すなんて…熱い…」

「ああ…ママの中に精子出しちゃった…気持ち良すぎるう…」

勢いでママとお尻の穴でセックスして中に精子を出しちゃいました。

「あ…ママごめんなさい!勝手にお尻の穴にチンチン入れて精子出しちゃって」

「ふぅ…ふぅ…落ち着いた?怒ってないから大丈夫よ」

「ママぁ…」

「泣かないの、ママも少し気持ちよくなっちゃったし気にしてないわ」

「でも…」

「してる時はあんなに男らしかったのに急にどうしたの?」

「だってママに嫌われちゃうと思ったから…」

「嫌いになんかならないわよ、って言っても信じられない?」

「本当に?」

「しょうがないわね…もっとママのお尻の穴で気持ち良くなって良いから元気出しなさい」

「ママ…良いの?いっぱい中に精子出しちゃっても良いの?」

「良いのよ、気が済むまで何回でも中に出して良いから元気出して」

ママのウンチの臭いに全身包まれてチンチンはお尻の穴の中で気持ち良くなれて、ママにもっとしても良いと言われて何かがプツンと切れたように僕は腰を振って何回もママのお尻の穴の中に精子を出しました。

「ああ…も、もうこれで最後…うう…!」

「いっぱい出したわね、スッキリした?」

「うん…ありがとうママ」

力が抜けて座り込むのと同時にママのお尻の穴からチンチンが抜けました。

「あ!抜いたら出ちゃう!ああ〜!」

閉じ切らないお尻の穴からビュルッと精子が逆流して吹き出しました。

「あ…ああ…」

いっぱい出した自覚はあったけど、吹き出した後もドプドプとお尻の穴から逆流し続ける精子を見て自分でも驚きました。

「僕こんなに中に精子出してたんだね、お尻の穴から精子漏らしてるママ凄くエロくて素敵だよ」

流れ出る精子がオマンコの上を伝ってお風呂場の床にボタボタと落ちます。

暫く眺めてたけど徐々に出る量が少なくなってきて、ついに止まってしまいました。

「もう残ってない?」

「ん…まだ少し残ってる感じ…」

「ウンチするみたいに出して見せてよ」

お風呂の蓋に捕まって空気椅子の態勢でママが力んでくれました。

ブリブリと音を立てて精子が出てきて泡立ってます。

真っ白じゃなく茶色も混ざってるのがお尻の中に入ってたのをよけいに実感させてくれます。

僕は両手でお皿を作ってそれを受け止めてました。

ブビビビッとオナラ混じりで精子を吐き出させたと思ったら、今度は細いウンチが途切れ途切れに出てきました。

いっぱい中に精子だしたから浣腸みたいな役割をしたんでしょうか?

プスゥ〜っとすかしっ屁が出し切った事を教えてくれます。

僕の両手の上にはこんもりとウンチが乗ってます。

どうしても我慢出来なくて、また全身にママのウンチを塗り広げました。

僕の精子が混ざったウンチで僕は顔から足の爪先までコーティングされます。

「凄い臭いだよ、こんなにエロい臭いに包まれて寝たら最高だろうね」

「ちゃんと流さなきゃお風呂から出してあげないからね!お布団が汚れちゃうでしょ!」

幸せな気分にに浸っていたのに、ママがシャワーで僕の全身を流し始めました。

「ほら、ちゃんと擦って洗い流しなさい!」

自分が出したウンチに触りたくないのか、僕自身で擦って洗い流せと言われます。

残念だけどママが監視してるからゴシゴシ擦ってウンチを落としました。

「はい、今度はボディソープ使って洗うのよ」

ママがボトルを持って僕の手にボディソープを何回もプッシュしてきます。

ウンチの臭いが消えちゃうから嫌なんだけど、見られてるから嫌々洗いました。

「ママもお尻を洗うよね?僕が洗ってあげるよ」

せっかく泡だらけになったのでママのお尻も洗いました。

泡を流してもらって臭いチェックを受けました。

まだウンチ臭いと言われて、3回洗い直しさせられました。

臭いチェックで合格貰ってお風呂から出たら、今度は歯磨きをさせられて口の中からもウンチの臭いが消えちゃいました。

2回の歯磨きと2回のリステリンをやらされてママのチェックを受けたから間違いなく臭いは消えてます。

「また明日もウンチ食べさせてくれる?」

「毎日こんな事してたらすぐに病気になるからダメよ、月に一回…半月に一回…わかったわ、週に一回食べさせてあげるから泣きそうな顔しないで」

「わかった…ウンチは週一でも良いからオシッコなら毎日でも許してくれるでしょ?」

「う〜ん…飲尿健康法とかあるくらいだし…オシッコなら毎日でも大丈夫かしら?」

「やったー!ママのオシッコ毎日飲めるなんて最高!朝一番のオシッコを水筒に入れて学校に持って行っても良い?それと専用の入れ物に溜めてもらってご飯の時とかおやつの時に飲みたい!」

「お水代わりにするつもりなの!?」

「ねえママぁ…良いでしょう?誰にも言わないからさあ」

「う〜ん…他の人の前でママのオシッコ飲まれるのは恥ずかしいんだけど…」

「ママのオシッコ飲みたいの〜!お願い!」

抱き着いてオッパイに顔を埋めながらお願いしたら頷いてくれました。

次の日からさっそく朝一番でママのオシッコを水筒に入れてもらって学校に行きます。

休み時間のたびに一杯ずつ飲んで、お昼に残りのオシッコを飲みながらお弁当を食べます。

友達から何を飲んでるのか聞かれたから、お茶だと言っておきました。

黄色っぽいお茶もあるから友達はお茶だと信じてくれたので、お弁当箱に残ったご飯にオシッコをかけてオシッコ茶漬けにして食べました。

「ただいま!オシッコありがとうね!友達に何飲んでるか聞かれたからお茶って言っといたよ!誰にも話してないしバレてないから明日もお願いね!」

「もう!そんなに嬉しそうな顔してしょうのない子ね!絶対ママのオシッコだって話しちゃダメよ?」

「うん!絶対言わないよ!皆はお茶だって信じてるからご飯にかけてオシッコ茶漬けにして食べたけど大丈夫だったもん!」

「やだ…友達の前でご飯にママのオシッコ掛けて食べたの?」

「凄く美味しかったよ!家でも食べたいくらい!」

「はあ…わかったから手洗いうがいしてきなさい」

洗面所から戻って冷蔵庫を開けたら、約束通り黄色いオシッコが麦茶を入れるような容器に入ってました。

「ねえママ、これオシッコだよね?」

「そうよ、約束したでしょ?」

「冷えたオシッコってどんな味なんだろ」

ワクワクしながらオシッコをコップに注いで一口含んで味わいます。

塩気が柔らかくなって臭いも少なめに変わってました。

「冷蔵庫で冷えたのよりオマンコから直接飲んだ方がオシッコは美味しいね、でもいつでもママのオシッコがのめるのは嬉しいよ!」

オシッコをジュース代わりにしてオヤツを食べてママと色々話をしました。

まだ完全に僕の性癖を理解しきれてないみたいだけど、理解しようとしてくれてるみたいで嬉しいです。

話をしてる最中にママがモゾモゾ動いてたから、どうしたのか聞いたらオナラが出そうだと言われました。

「嗅ぎたい!お尻の穴に鼻くっ付けて直接嗅がせて!」

「オナラ嗅がせるのって本当に恥ずかしいんだからね?それだけはちゃんと解ってね?」

ママがパンツを脱いで準備してくれたので、お尻に顔を埋めてお尻の穴に鼻をくっつけます。

ブウー!と勢いよくオナラが出て温かい風が僕の顔を撫でました。

急いで深呼吸して吸い込みます。

「はあ〜、良い臭い…ありがとうママ」

恥ずかしいのを我慢してオナラを嗅がせてくれたお礼にお尻の穴にチュッとキスして舐めました。

「んん…あ…!何か変なの!ああん!」

お尻の穴を舐めてこんな声出すなんて今まで聞いたことありません。

「どうしたの?」

「わからない…舐められるとゾクゾクしちゃうの…」

「もしかして気持ち良いの?」

「んあ!舌入れちゃ…ああん!」

「やっぱり気持ち良いんだね?でも何でいきなり気持ち良くなったんだろう?」

「お尻にオチンチン入れられてから変なのよ…」

「もう一度試してみる?それで原因がハッキリするかもよ?」

「え…でも…親子でお尻でエッチなんて…」

「ママもチンチンが原因かハッキリさせたいでしょ?僕もママのお尻の穴にチンチン入れたいし良いよね?」

チンチンを出してお尻の穴に入れようとしたけど、舐めたぐらいじゃ滑りが足りないのか入ってくれません。

「いた!待って!そのままじゃ痛くて入らないわ!」

「たくさん唾付ければ入るかな?」

「しょうがないわね…」

口に唾を溜めて吐き出そうとしたら、ママが振り向いてチンチンの前に座りました。

何をするんだろう?と見てたら、パクッとチンチンを咥えてきます。

「え?ええ!?ママが僕のチンチン食べてる!」

「いっぱい濡らさないとママも痛いもの」

「ママの口の中でニュルニュル舐められてるう!そんなにチンチン舐めたら精子出ちゃうよお!」

「お口に出しちゃダメよ?ママのお尻に入れてくれるんでしょ?」

「うう…お尻の穴に入れるために我慢…我慢〜」

精子が出ないように必死に我慢してたらチンチンを口から出して、今度は唾をたっぷり付けながらチンチン全体を舐めてくれました。

「ふう…これくらい濡らせば入るかしら?」

やっとママがチンチンから舌を離してくれたから見てみると、ベッチョリ唾が付いてチンチンがテカテカに光ってます。

唾つけすぎじゃない?ってくらいベッチョリで、袋の方まで唾が垂れてます。

「乾く前に入れてくれる?」

ママがいつの間にか立っててお尻を突き出してました。

今度はすんなりとお尻の穴にチンチンが入っていきます。

「あああ…またママのお尻の穴にチンチン入れられて幸せ…」

「ん…はああん!オチンチン気持ち良い…やっぱりオチンチンのせいでお尻で感じるようになっちゃったみたいね」

「動いても良い?」

「また激しくしてもらえる?」

「うん!ママにもいっぱい気持ち良くなってもらえるように頑張るよ!」

まだ外は明るいけど、リビングでママのお尻の穴にチンチンを激しく出し入れします。

「気持ち良いよママ!ママも気持ち良くなってくれてる?」

「イイ!良いの!お尻で感じちゃうの!」

「もっと気持ち良くなって!僕ももっと頑張るから!」

パンパンと音を響かせて大きく激しく腰を打ち付けます。

「お尻の中でウンチをチンチンでかき混ぜてると思うと興奮しちゃう!」

「お腹の中をいっぱいグチャグチャにかき混ぜて!ママ気持ち良くてイキそうなの!」

「僕もイキそう!また中に精子出しても良い?中に出したい!」

「ああ!お尻でイッちゃう!中にいっぱい出してママをイかせて!」

「出すよ!ママの中に精子出すよ!イクぅ!」

「ああー!ママもイッちゃう!あああ〜!」

お尻の穴がギュッと締まって一瞬精子が止まりました。

その後もキュッキュッと何度も締まったり緩んだりを繰り返してきます。

もっと精子を出してと言われてるみたいで休まずに続きをします。

また何回もママの中に精子を出しました。

「はあああ…お腹タプタプよお…今日もいっぱい出せたね、ママ凄く気持ち良かったわ」

「僕も気持ち良くて何回も中に出しちゃった…チンチン抜いたらまた精子吹き出すかな?」

「此処で抜いたら大変だからお風呂場に行きましょう?抜けないように気をつけてこのまま一緒に歩いてね?」

ママに後ろから抱き着いてお風呂場まで歩きました。

「ママ、オシッコ出そう」

「ええ!?ママの中でオシッコする気なの?」

「お風呂だから良いでしょ?ダメ?」

「今日だけよ?気持ち良くしてくれたから特別よ?」

ママが許してくれたからお尻の穴にチンチン入れたままオシッコしました。

「んふう…オシッコが入ってきてお腹苦しい…」

「もうちょっとで全部出るから!あとちょっとだから!」

ママのお腹がポッコリするくらい中にオシッコをしました。

「ふう…ふう…お腹が妊娠したみたいになっちゃったわ…オチンチン抜いたら絶対ウンチも出ちゃう…」

「僕が片付けるから気にせずウンチも出して良いよ」

「オチンチン抜くと同時に避けてね?勢いよく出ると思うから」

「わかったよ」

チンチンがギリギリ引っかかる所までゆっくり抜いて、そこで一回止めます。

「良い?チンチン抜くよ?」

「良いわ、もうお腹がギュルギャル言っててすぐに出そうだから気を付けてね?」

僕はママのウンチを浴びても良いんだけど、まだ制服着たままだから汚しちゃダメとママに注意されたので素直に避けることにしました。

横っ飛びする様にチンチンを引き抜いたら、噴水みたいにウンチ混じりのオシッコが吹き出します。

ブシャー!ボチャボチャ…ブビュー!

なんてエロい音なんでしょう。

お風呂場の壁も床もママのウンチと僕のオシッコと精子で染まっていきます。

ママの横に立って出しやすいようにお尻を広げて手伝います。

ブリブリ…ブッ!ブビュ!

まだまだ出てきそうです。

「いっぱいウンチ出すね、オシッコ浣腸が効いた感じ?」

「はぁはぁ…だってあんなにたくさん出すんだもの…お腹の中の物全部出そう…」

話してる間も臭いウンチがモリモリ出てきます。

最後の方でお尻の穴にウンチが引っかかって顔を覗かせてるのに引っ込んだりしてました。

「指でかき出してあげるから力んで」

「んんん〜!」

お尻の穴が膨らみながら広がっていきウンチが顔を覗かせました。

ウンチとお尻の穴の境目に指を入れて引っ掛けるようにしてウンチをかき出します。

「まだ残ってるよね?もう一回力んで」

「んん〜!」

思った通りまたウンチが入り口に顔を出したので、同じように指でかき出します。

「全部出たかな?」

僕は何度も指を出し入れして中で動かしてウンチをかき出そうとしました。

「も…もう出し切ったから…そんなに弄らないで」

「もしかしてまたイキそう?イッても良いよ」

ヌチョヌチョのお尻の穴を弄り続けてママをイかせました。

「見てママ、お風呂場も僕の指もこんなにウンチまみれだよ」

お尻の穴から引き抜いた指とお風呂場の様子を見せました。

「ああ…恥ずかしい…」

「全部食べたいけど週に一回の約束だから指に付いたのとママのお尻の穴に残ったのだけで我慢するね」

指に付いたウンチを舌で舐め取ってママに見せつけます。

「よく見てて」

舌に乗ったウンチを見せたら口を閉じてよく噛んでから飲み込み、また口の中を見せます。

「ママのウンチ美味しいよ、次はお尻の穴に付いたウンチ食べさせてね」

ママの後ろにまわってよく見たらオマンコにも少しウンチとオシッコが付いてました。

「オマンコにも付いてるから綺麗にしてあげる」

臭いを楽しみたいからお尻の穴に鼻をくっつけてオマンコから舐めます。

「ああ!そんなにオマンコ舐めたらまたイッちゃう!」

ガクガクと膝を震わせてイッたママは力が抜けて僕の顔に座るようにお尻を押しつけてきました。

鼻の先が少しお尻の穴に入ります。

臭いが濃くて興奮しちゃいます。

お尻を支えながら今度はお尻な穴を舐めます。

表面だけじゃなくて舌を入れて奥まで綺麗にしてあげました。

「ああ〜!気持ち良くてイクの止まらない!」

お尻の穴を舐められてまたイッてしまったみたいです。

もうウンチは残ってないので、残念だけどお尻の穴から口を離します。

「大丈夫?後は僕が片付けるからママは座って休んでて良いよ」

ハァハァと呼吸を荒くしたママをお風呂の縁に座らせて僕は一回お風呂場から出ました。

ゴミ袋を持ってきて、お風呂場に入る前に制服を脱ぎます。

裸でお風呂場に入った僕を見てママがモジモジしてます。

「制服を汚さないためだよ?またお尻の穴にチンチン入れられると思った?」

「そ…そんな事思ってないわよ…」

「ママが欲しいなら僕は何回でもお尻の穴にチンチン入れたいけどね」

ママが恥ずかしそうに俯いて太ももの間に手を挟みました。

手が動いてるように見えます。

無言になったので僕は手でウンチを集めてゴミ袋に入れていきます。

全部集めたら手についたウンチを舐め取って袋の口を縛り、お風呂場から出してシャワーで壁と床を流します。

「綺麗になったよ、ママ?聞いてる?」

「ふあ?え?何?」

「全部綺麗になったよ、どうしたの?顔が赤いよ?」

「なな、何でもないの!掃除してくれてありがとうね!」

「どこ見てるの?」

ママは僕の顔じゃなくチンチンを見てるようです。

「そんなに見たいならもっと近くで見せてあげる」

ママに近付いて顔のすぐ前に大きく硬くなってるチンチンを差し出します。

やっぱり太ももに挟んだ手が動いててクチュクチュと音を立ててます。

「さっきからずっとオナニーしてるでしょ?音がしてるからバレバレだよ?」

「だって…ママに元気なオチンチン見せるから…」

「さっきまで自分のお尻の穴に入ってたチンチン見て興奮したの?また入れて欲しい?」

「う…その…」

「僕はママに入れたいよ」

「じゃあ!今度はその…」

「今度は何?」

「あの…お尻じゃなくてオマンコに…入れて欲しいの…」

「オマンコに入れたら近親相姦になっちゃうよ?それでも良いの?我慢出来なくて中に精子出しちゃうかもしれないよ?」

「うう…それでもママ我慢出来ないの!オマンコでイキたいの!だからママとオマンコでセックスして!」

「うん!ママが許してくれるなら僕もママのオマンコにチンチン入れたい!ママも服脱いで裸になろ?」

下はもう脱いであるから上だけ脱げばママも全裸です。

「ママの手、こんなだから脱がしてくれる?」

オマンコを弄り続けて汁まみれの手を見せられました。

シャツに手を掛けて脱がしていきます。

「バンザイして」

手をあげてもらってシャツを抜き取りながら息が掛かるくらい顔の近くにチンチンを寄せます。

「はい、脱げたよ」

「ああ…オチンチン…はあ…」

自分のウンチの臭いがするはずなのにクンクンと嗅いできます。

「少しだけ解った気がする…舐めても良い?」

「ウンチ付いてるけど良いの?」

「良いの、我慢出来ないの」

自分のウンチ付きのチンチンをパクッと口に入れて美味しそうにしゃぶり始めました。

「あは…美味しい…臭いオチンチン美味しいよ…」

「そんなに激しくしたら精子出ちゃうってば!」

「出して!ウンチ臭い精子飲ませて!」

もう以前のママと違うみたいで、口の中に精子を出させようと激しく吸われました。

「くっ…もう出る…」

先っぽを咥えて舐めながらシコシコと擦られます。

こんなの我慢するなんて無理です。

ママの口の中に精子を出してしまいました。

「んふ〜、んふ〜」

怖いくらいママがチンチンから精子を吸い出そうとしてきます。

根本から先にかけてギュウーッとチンチンを絞られました。

「んふふふ…まだこんなに出るのね…」

口の中の精子を見せつけられ、それから口を閉じたママがゴクンと精子を飲みました。

「美味しい…もっと出せるでしょう?こんなに元気なんだもの」

チンチンに頬擦りしながら上目使いで見てきます。

お風呂の縁から降りて床に寝転がって足を広げ、オマンコを僕に見せて誘ってきます。

「ね、ここにオチンチン入れて激しく突いて」

「本当に入れちゃうよ?良いんだね?」

「後悔なんてしないから早くう…オマンコにオチンチン欲しいの…」

蕩けた顔で言われたらこれ以上確認する必要もありません。

ビッショリ濡れたオマンコにチンチンを入れました。

お尻の穴は入り口が狭くて中は広くてフンワリ柔らかくチンチンを包んでくれるようでしたが、オマンコは入り口から奥までチンチンに吸い付いてくるようです。

「ママのオマンコの中、僕のチンチンに吸い付いてるみたい」

「ああ〜!凄くイイの!ママも気持ち良くてオマンコがオチンチン離したくないって勝手に吸い付いちゃう〜!」

「すぐに精子出ちゃったらごめんね?動くね」

ヌル〜ッとチンチンをオマンコから引き出して、またヌル〜ッと奥まで入れます。

「お尻の穴と全然違うよ、オマンコ気持ち良い〜」

「ゆっくり動かされたらママ本気になっちゃうから激しく突いて!お願い!」

「もっとママのオマンコ感じたいからもう少しだけゆっくりで良いでしょ?すぐに精子出ちゃったら勿体無いよ」

「やあん!そんな風にオマンコこね回されたらママもうオチンチンから離れられなくなっちゃう〜」

「そしたら僕はママのオマンコにチンチン入れててあげるよ」

「オマンコだけなの?」

「もちろんお尻の穴にもたくさんチンチン入れるよ!」

「ああ!息子に抱かれるのがこんなにイイなんて!これからはママだけを見てくれる?それなら毎日ウンチ食べさせてあげるしいつでもオシッコ飲ませてあげるわ!オマンコもお尻の穴も好きなだけ使って良いから!」

「口でもしてくれる?」

「お尻に入れた後のオチンチンだってママ喜んでしゃぶるわ!だからずっとママだけを見て!」

「うん、僕は一生ママだけを見てママだけとセックスするよ!僕のチンチンはママだけの物だよ!」

「嬉しい…息子に愛されてママ嬉しすぎてイキそうよ」

「オマンコでも僕のチンチンでイッてくれるの?凄く嬉しいよ」

「ああ!大きいの来ちゃう!くうう!お願い!一緒にイッて!ママの中に精子出して!」

「出すよ!ママのオマンコの中に僕の精子出すからイツて!」

「ああ〜!熱いのが入ってくるう!イク!ママイッちゃう!」

オマンコの中に精子を出したらギュウッとチンチンを強く締め付けてきました。

「凄いオマンコが締め付けてくる…気持ち良すぎ…」

「ママも凄いの来ちゃったわ…こんなに本気でイッたの初めてかも…」

「ウンチ食べた後だけどチューして良い?」

「ウンチの付いたオチンチンしゃぶった後なのよ?それくらいもう平気よ」

「ママ…」

ウンチ臭いお風呂場でキスしてウンチ臭い涎を交換しました。

「あは…臭いのに興奮しちゃう…ママも変になっちゃったのかな?」

「ママもウンチとオシッコで興奮するの?僕と一緒だね!」

「こんなエッチな行為を避けてたなんてね…これから二人でいっぱい楽しみましょ?」

「ママもウンチ食べられるようになってくれたら嬉しいな」

「それはまだ難しいかな?でも口移しで食べさせてくれたら食べられるかも…」

「試してみる?」

「ん〜、怖いけど挑戦してみようかしら」

外に出したゴミ袋を掴んでお風呂場の中に入れます。

「固形のままじゃ抵抗あるかも知れないから、僕がよく噛んで涎と混ぜてドロドロにしたの飲ませてあげる」

ママのウンチを少しだけ摘んで口に入れ、グチャグチャに噛んで涎と混ぜました。

そのままママにキスしてウンチを口移しします。

本当は僕のウンチを食べさせたいけど、今はこれしかないから我慢して欲しいです。

自分のウンチが口の中に入ってきたママは暫く飲み込むのを躊躇してたけど、舌を入れて涎を追加したらゴクッと飲み込みました。

「ウンチ食べれたね、どうだった?」

「自分のウンチ食べるなんて変な感じだけど、いけない事してるみたいで興奮しちゃう」

「本当は僕のウンチ食べさせてあげたいんだけど今は出そうにないからごめんね」

「涎をたっぷり混ぜてくれたから大丈夫よ、それより…ママの体にウンチ塗って食べたい?」

「食べたい!良いの?」

「その方が美味しく食べられるかと思って」

「これ全部塗って良い?」

「ママを美味しく食べてね」

袋の中からウンチを一掴み出してママのオッパイに塗り広げます。

「ママのオッパイが凄いご馳走に見えるよ」

「ウンチオッパイ食べながらオマンコ突いて」

ベットリ塗ったウンチを舐め取りながら腰を振りました。

ピンと立った乳首を覆い隠すように乗せたウンチごと口に入れます。
ウンチと舌で乳首をこね回すようにしてゆっくり涎と混ぜて飲み込みます。

「物凄く美味しいよ、ママに塗ったウンチは最高だよ!」

「もっといっぱい食べて良いのよ」

「僕ウンチまみれのセックスしてみたい」

「良いわよ」

袋の中のウンチを全部ママの体に乗せて、僕の体と挟んでヌチャヌチャと体で塗り広げました。

ママの体温とウンチの感触を同時に感じられて天国にいるみたいです。

「ママ、また精子出そう」

「ウンチで興奮しちゃったのね?ママの中にたくさん出して良いのよ」

「ウンチキスしながら出したい」

「欲張りさんね」

ママが体からはみ出したウンチの塊を僕の口の中に入れてくれる。

さっきよりも多めの量だけど良いみたいです。

「あまり噛まないで食べさせてみて、少しずつ慣れていきたいの」

さっきの半分くらい噛んだ所でキスをして口移しします。

ママから舌を入れてきて僕の口の中からウンチを取っていきました。

お互いの口からウンチの臭いが立ち込めます。

まだママの口の中にウンチがある状況で舌を絡め合います。

ママの口の中も、もうウンチまみれになってるはずです。

飲み込んだのを感覚で感じ取ったので、今度は摘んだウンチを指で潰してママの口に入れます。

指をチュウチュウ吸って全部舐め取ってくれました。

僕も口にウンチを入れて噛まずにママとキスします。

固形のウンチをお互いの舌で潰し合い、歯に塗ったりして食べさせ合いながらオマンコの中に精子を出しました。

精子を出しながらママの口にウンチを厚めに塗って、口の周りをウンチまみれにしたキスをします。

ウンチの美味しさとキスの気持ち良さが合わさって精子が止まりません。

ドプドプと長々とオマンコに精子を出して、その間に何回もウンチを食べさせ合います。

「ママ、チンチンにウンチ塗ってオマンコに入れても良い?」

「オマンコの中もウンチまみれにしたいの?どんな感じになるのかしらね」

チンチンを抜いてウンチを塗ります。

ママも手伝ってくれて、一回りチンチンが大きくなるまで厚く塗られました。

「太いウンチをオマンコに入れられちゃうのね、ドキドキするわ」

「入れるね」

吸い付くようなオマンコなので入り口でウンチが削り取られたけど、それでも結構な量のウンチがオマンコに入りました。

「ああ!これでもうママの全部が息子の物になったのね!もうパパとはセックスしないからたくさんウンチセックスして!」

「オマンコの中もウンチまみれになったけど興奮してる?気持ち良い?」

「こんなに興奮した事ないわ!物凄く気持ち良いの!」

「僕もだよ、ウンチまみれのオマンコにたくさん精子出してあげるからね!」

今度は激しく腰を打ち付けてオマンコの中にウンチを塗り込みます。

体の中も外もウンチまみれになってセックスするのは本当に最高です。

ママを抱き起こしてギュッと抱きしめ合って背中にもウンチを塗り合い、その手で顔を触り合ったので顔もウンチまみれです。

「ああ…こんな幸せなセックスがあったなんて…ママ今が本当に幸せなの」

「僕もだよ、ママ愛してる」

「私も愛してるわ」

顔を舐め合ってウンチの乗った舌を絡ませ合います。

唇を強く押し付けてウンチを食べさせ合い、そのままママのお尻の穴に指を入れました。

口とオマンコとお尻の穴の3箇所と同時に繋がってママがイキました。

僕もすぐ後を追いかけるように精子を出します。

息が落ち着くまでそのまま抱き合って休憩して、落ち着いたらオマンコからチンチンを抜きます。

体が離れる時にヌチャ…っと潰れて広がったウンチが音を立てます。

床に零れたウンチをママが拾い、チンチンに塗ってからしゃぶってくれました。

「はあ…ウンチでデコレーションしたオチンチン美味しい…これで精子も出してくれたら最高なんだけどな〜」

ママが上目遣いで見つめてくるから、口の中に精子を出します。

「あは…ウンチと精子が口の中で混ざって凄いことになってるの…見て」

グチャグチャになったウンチと精子を僕に見せつけてから飲み込みます。

「いっぱいウンチ食べたしたくさんセックスしたね、洗い流すの勿体無いからまた袋に入れてご飯と一緒に食べても良い?」

「本当に全部食べるのね?残さず食べれて偉いわ」

二人の体についたウンチを集めて袋に入れて軽く体を流しました。

ボディソープは使いません。

せっかくウンチの臭いが体に付いたのにボディソープで消したくなかったので。

夕飯はハンバーグだったので、ソースの代わりにウンチを塗ってお互いに食べさせ合いました。

ご飯の上にもウンチを乗せます。

味噌汁にもウンチを溶かして飲んで大満足です。

食後の飲み物は冷えたオシッコです。

こんなご馳走が食べれて幸せです。

ウンチを食べるとチンチンが大きくなっちゃいます。

「ママ、またチンチンが大きくなっちゃったんだけど」

「元気ね、でももうすぐパパが帰ってきちゃうわ」

「ただいま」

「ほら、帰ってきたわ」

「ん?なんだか家の中臭くないか?」

「さっきトイレが詰まって逆流しちゃったからそのせいでしょ」

「直ったのか?」

「ええ、何とかなったわ」

「いや、それにしても凄い匂いだな…換気扇は…ついててこれか、ちょっと窓開けるぞ」

今さっきまでご飯にウンチ乗せて食べてたし、体にもウンチの臭いが染み付いてるからパパには臭くてたまらないみたい。

僕とママには良い臭いなんですけどね。

ママがパパの分のご飯を作り始めたから、僕もママにくっついて行ってお尻の穴とオマンコを舐めさせてもらいました。

オマンコもお尻の穴も奥の方からウンチの臭いがして凄く興奮します。

「ママ、チンチンしゃぶって」

「パパが居るのよ?」

「下は見えないから」

「しょうがないわね」

ハンバーグを焼いてるコンロの前でチンチンをしゃぶってもらいます。

「お尻の穴に入れるから唾たっぷり付けてね」

「んむ…」

チンチンを唾でベチョベチョにしてもらって、ママのぱんつを脱がせてお尻の穴に入れました。

「ああ…ママはオマンコもお尻の穴も口も全部気持ち良いよ」

「ママの体は息子の為にあるんだもん、喜んでもらえてママも嬉しいわ」

先にハンバーグが焼けちゃって精子を出すのが間に合いませんでした。

仕方ないのでパパのご飯を運ぶママに抱きついたまま歩きます。

「なんだ?今日はずいぶんママに甘えてるな?何かあったのか?」

「ううん、大好きなママと離れたくないだけ」

パパはママを正面からしか見てないから、スカートの後ろが捲れてるのもお尻の穴に僕のチンチンが入ってるのも気付きません。

ママはパパに正面を向けたままさり気なく後ろに下がって僕ごと椅子に座ります。

より深くお尻の穴にチンチンが入ってママが震えてました。

「ママ重くない?大丈夫?」

「大丈夫だよ!ママ良い臭い…ママの臭い大好き」

テーブルの下はパパからは見えないので、ママに大きく足を開かせてスカートをたくし上げ、オマンコもチンチンが入ってるお尻の穴も晒します。

「うん、部屋は臭いけどハンバーグ美味しいよ!ママのハンバーグは最高だな!」

「ありがとうアナタ」

「どうした?顔が少し赤いぞ?」

「そう?何もないけど」

平然を装ってるけどお尻の穴をチンチンで突かれてオマンコも弄られてビショビショに濡らしてます。

パパの目の前で息子の僕とエロい事してるんだから顔が赤くなるのも当たり前です。

大きな音が立たない程度にオマンコに指を出し入れします。

パパがご飯を食べる時のカタャカチャって音に紛れて小さくクチュクチュとオマンコが立てる音がします。

「あー、美味かった!ごちそうさん!コーヒー淹れてくれるか?ママ」

「ママ行っちゃやだ」

「コーヒー淹れるだけよ、すぐに戻るから」

「ははは!こんなにママに甘えてるの見たのは小さな頃以来だな!」

パパが僕とママを見て笑ってる最中にオマンコを指でイかせてお尻の穴の中に精子を出しました。

「本当にね…突然甘えん坊になるんだものビックリしちゃったわ」

「嫌われるよりは良いだろう?」

「そうね、可愛い息子だもの」

ママが話を広げてくれたから精子を出し切れました。

「さ、一回離してちょうだい?コーヒー淹れたらすぐ戻るから」

オマンコから指を抜き、スカートを軽く下ろしてからママが立ち上がります。

ヌポッとお尻の穴からチンチンが抜けました。

また戻ってきたら僕の上に座ってもらうのでチンチンは出しっぱなしにします。

ママがコーヒーを淹れて戻ってきました。

僕にもコップにオシッコを入れて持ってきてくれたのでお礼を言って飲みます。

「今飲んだの何だ?見た事ないな」

「新しいジュースだよ」

「美味いのか?」

「ん〜、僕は大好きだけど結構好みは分かれるかもね」

「試すのは怖いな」

「僕は試して良かったと思う」

そんな話をしてたらママがスカートをバサッとやって僕の上に座ってくれました。

しかも今度はオマンコにチンチンが入ってます。

また足を大きく広げさせてスカートをたくし上げてオマンコを晒します。

目の前で自分からオマンコにチンチンを入れたママにパパは全然気付きません。

お尻の下に手を入れてお尻の穴に指を入れ、空いてる手でクリトリスを弄ります。

パパの前で本当のセックスをして3箇所同時に気持ち良くされてオマンコが強く締まります。

ママがパパの目の前でイキました。

それでも僕は休まず責め続けます。

ママをイキっぱなしにさせて、何回目かの時に僕も一緒にイキました。

勢いよくオマンコの中に精子が出てます。

もうパパは使わせてもらえない僕だけのママの穴です。

パパがコーヒーを飲んでる間に僕とママは先にお風呂に入りました。

甘えてる姿を見せてたからパパも何も言いません。

堂々と一緒にお風呂に入って先ずは床と壁を洗剤でよく洗います。

お風呂に付いたウンチの臭いを取るためです。

排水口にもたっぷりお湯を流して臭いを消します。

それからお互いの体を洗い合ってお湯に浸かりました。

「さっきは気持ち良かった?」

「パパが下を覗いたらどうするつもりだったのよ、丸出しにされてドキドキだったわ」

「オマンコで何回もイッてたしお尻に精子出してる時もずっと話をしててくれて僕が出し切るの待っててくれたよね?」

「だって…興奮して気持ち良かったんだもん…」

やっぱりママも気持ち良くなってくれてたから嬉しくなりました。

「チンチン入れて良い?入れたくなっちゃった」

「お風呂でもしたいの?オマンコとお尻の穴、どっちに入れてくれるの?」

「ママはどっちに入れて欲しい?」

「お尻の穴に入れてからオマンコにも入れて欲しい」

「ママも欲張りだね、お尻の穴に入れてあげるからチンチンしゃぶって」

立ち上がってママにしゃぶってもらいます。

その時パパがお風呂場の外から話しかけてきました。

「パパちょっとコンビニ行ってくるから」

「はーい、気をつけて行ってきてね」

「ゆっくり入りすぎてのぼせるなよ」

磨りガラス越しにパパのシルエットが見えてるけど、ママはチンチンをしゃぶりっぱなしです。

「のぼせる前に出るから大丈夫だよ」

「そうか、結構入ってるからちょっと心配だったんだ」

たっぷりチンチンに唾をつけてくれたママが後ろ向きになってお尻をお湯の上に出しました。

「そんなに長く入ってるかな?」

「40分くらい経ってるぞ」

パパと話しながらママのお尻の穴にチンチンを入れます。

「ママと一緒だから楽しくてそんなに時間経ってると思わなかったよ」

「のぼせて倒れてなきゃ良いんだ、じゃあ行ってくるな」

「行ってらっしゃい」

腰を振りながらパパを送り出しました。

「僕とママがお風呂の中でこんな事してるなんて思ってないね」

「さっきパパの目の前でセックスしたばかりだから気にもならなかったわ、パパが出掛けたなら声も音も気にしないで大丈夫ね?」

「激しくするね」

お湯をバシャバシャ跳ねさせてバチバチと腰を打ち付けます。

ママの喘ぎ声もエコーが掛かってよけいエロいです。

抱き着いてオッパイとクリトリスを弄ります。

獣みたいな声を上げてママがイキそうになってるので精子を出します。

中に出されてママもイキました。

休ませずにお尻の穴からチンチンを抜いてすぐにオマンコに入れます。

パックリ開いたお尻の穴に指を入れてかき回しながらオマンコを突き続けます。

指二本入れてるから隙間からプスプスとオナラが漏れてます。

「力んでお尻の穴から精子漏らさないようにね?」

「こんなに気持ち良いのに力まないなんて無理よ〜」

「お湯の中に精子が垂れたら大変だよ?」

「わかってるけど力入っちゃうのよ〜!」

下から上にチンチンで突くように腰を振る角度を変えました。

「オマンコ側から精子を奥に押し込んであげる」

「それダメ!もっと感じちゃう!」

「後ろからだとこの角度が良いんだ?」

「それされるとすぐにイッちゃうから〜!ああん!」

ママの弱い突き方を発見したのでしつこく突き上げました。

「ああ!ああ!イク!イッちゃう!」

「ママがイッたら僕も中に精子出すよ」

「ああー!」

一際大きな声を出してイッた瞬間に僕も中に精子を出します。

「はひい…はひい…凄すぎよお…今日だけで何回ママをイかせるつもりなの…」

「ウンチたくさん食べたせいかまだまだ元気なんだよ!」

「オマンコもお尻の穴もおかしくなっちゃいそうよ」

「じゃあ後はお口でしてくれる?」

「もう一回お尻の穴でイかせて」

良いよ、でもそろそろお風呂から出ておかないとパパが帰った来ちゃわないかな?」

「それなら部屋でする?息子の部屋で抱かれるのも素敵だと思うの」

「良いね、僕の部屋に行こうか」

まだパパが帰って来てないのを確認して着替えを持って僕の部屋まで裸で行く事にしました。

「今パパが帰って来たら二人して裸で僕の部屋に向かってるの見られちゃうね」

「この姿見られたら息子に抱かれる気満々なのバレちゃうわ」

僕の腕にしがみついてキスしてきたから舌を入れてあげました。

そのまま玄関横の階段を上がって行きます。

僕の部屋に着いてもパパはまだ帰って来ません。

オマンコの汁が乾き始めてたのでまたママにチンチンを舐めてもらい、それからお尻の穴に入れました。

こうしてベッドでゆっくりやるのは初めてだけど良いものですね。

ギシギシとベッドを軋ませて激しく腰を打ちつけます。

ママがイク〜と声を出しかけた時にパパが帰って来ました。

「ただいま」

「おかえりー!」

「さすがに風呂からは上がったか」

「今はママと楽しんでる!」

「ゲームか?」

「そう!ちょっとドタバタするかもしれないけど気にしないで!」

「もう夜だし近所迷惑にならないようにな」

「はーい」

階段下のパパに部屋から声掛けしてママと激しくやっても怪しまれないようにしました。

「これで激しくやり続けても大丈夫だね」

「パパが下にいるのに堂々とお尻の穴で息子とセックス出来るなんて…」

「楽しいね!」

「ええ!最高よ!」

「あはは!ママ嬉しそう!」

「だって嬉しいもの!こんなに激しく気持ち良い汗かけるのよ!」

「だよね!気持ち良いね!」

「あん!また強くしたわね!」

「へへっ!激しい方がママ好きでしょ?」

「そうだけど…激しすぎてママもう…ああー!」

「ああ!僕も!」

お尻の中にドプドプと精子を出しました。

「パパにイク声聞かせるなんてママもエロいなあ」

「ゲームしてると思ってるなら大丈夫でしょ?何か失敗したとか喜んでるとしか思わないわよ」

「実際はお尻の穴で僕とセックスしてイッた声だけどね」

「こんなに堂々とセックス出来て嬉しいわ、明日からもゲームって事にしてお部屋でセックスしましょ?」

「そうだね、パパが居る時は『部屋でゲーム』を合図にしてセックスしようか」

パパが家にいる時も堂々とセックス出来る様に合言葉を作りました。

お尻の穴から抜きたてのチンチンをしゃぶってもらって口の中に精子を出します。

「ママの体は本当どこも気持ち良いね」

「ちょっとだけ休ませてもらえる?」

「うん、僕も一緒に休む」

パパが来ても良いように布団をかけてママと裸のまま抱き合って横になります。

「こうしてるだけでも気持ち良いね」

「肌を合わせるって幸せよね」

「チューしたい」

「ん…」

お互い強く抱きしめ合って余計な事はせずにキスだけに集中します。

何時間でもしてられそうなくらいキスが気持ち良くて、長々と涎を飲ませ合ってたらドアがノックされました。

邪魔しないでよと思いながらキスをやめて返事をします。

「なーにー?」

「いや、急に静かになったからどうしたのかと思ってな、入るぞ?」

ガチャッとドアが開いてパパが入ってきます。

「なんだ、もう横になってたのか?」

「ちょっと疲れたから休憩」

「ママも一緒か、仲が良すぎて妬けちゃうな」

「僕のママだよ!」

「パパのお嫁さんでもあるんだぞ?」

「ダメ!僕の!」

パパに宣言したのが嬉しかったのか、布団の中でママがチンチンを触ってきました。

お返しにお尻の穴とオマンコに指を入れてあげます。

「やれやれ、それより美味しそうなケーキが売ってたから買ってきたぞ」

「後で食べる!ありがとう!」

「ママの分もあるからな」

「あら、私の分も?ありがとう」

「休んだら降りておいで」

パパはそれだけ言って部屋を出て行きました。

チンチンをエロい触り方されてたから布団の中で僕はママの手に精子を出してました。

「まだこんなに出てる…美味しそうな精子ね」

手の平に乗った精子をママがジュルジュルと啜って飲みます。

「パパが待ってるのにそんなエロい飲み方されたらしゃぶって欲しくなっちゃうよ」

「少しくらい遅くなっても平気よ?ママにオチンチンしゃぶらせて」

布団を捲って僕のチンチンをしゃぶり始めちゃった。

「ママにしゃぶってもらうのも気持ち良い〜」

「ママも息子のオチンチンしゃぶるのがこんなに興奮すると思わなかったわ〜」

「今パパがドア開けたらお尻の穴とオマンコから僕の精子溢れさせてチンチンしゃぶってる姿見られちゃうね」

「考えただけでもゾクゾクしてイキそう」

「もしバレたら僕とママの二人で暮らそうね」

「ふふ…ママと結婚してくれるの?」

「そうだよ、ママは僕のだし僕はママのだもん」

「ありがと、まさか息子にプロポーズされる日が来るなんてね」

「嫌?」

「嫌なわけないじゃない、今すぐ結婚して赤ちゃん作りたいくらい嬉しいわ」

「僕とママの子供かあ…欲しいね」

「毎日オマンコにたくさん出してくれたらすぐに赤ちゃん出来るわよ」

「良いの?産んでくれるの?」

「嫌だったらオマンコの中に精子出させないわよ」

「ありがとう!ママ愛してる!」

「ウンチもオシッコも愛してくれるくらいだもんね?パパみたいな軽い愛じゃないのが解るから嬉しいわ」

「明日はママに僕のウンチ食べさせてあげるからね!オシッコも飲ませてあげるからね!」

「楽しみにしてるわ」

そろそろ精子が出そうって時にまたパパが来てドアをノックされました。

「おーい、ケーキ食べないのか?」

「あとちょっとしたらイクから待ってて!」

「パパも一緒に食べたいから待ってるな」

見つかっても構わない感じでママは布団も被らずにチンチンをしゃぶり続けました。

遠ざかるパパの足音を聞きながらママの口に精子を出します。

「ん、ん…」

「ママ隠れようともしなかったね」

「んく…だってママと結婚してくれるんでしょう?なら隠れる必要なんて無いじゃない」

「でもオマンコとかお尻の穴見られちゃうよ?ママのオマンコもお尻の穴ももう僕の物だからパパに見せたくないんだ」

「それはごめんなさいね、そこまで考えなかったわ」

「もうパパには体を見せない、体に触らせない、セックスしないって約束して」

「この先何があっても息子だけって約束するわ」

「ありがとう、それじゃそろそろパパがうるさいから下に行こうか?」

「そうね、ケーキ食べたらまたセックスしましょ」

服を着て下に行きました。

「おっ!来たな、これなんだがどうだ?」

「あら、美味しそう」

「本当だ!パパありがとう!」

「コーヒーが良いかしら?」

「そうだな、また淹れてもらえるか?」

「ええ」

「僕はジュース用意しよ!」

ママとキッチンに入って冷蔵庫からオシッコをだしてコップに注ぎました。

ママはパパのコーヒーを淹れてます。

僕はオシッコを一口含んでからママに近付きキスしました。

舌の代わりにオシッコを口移しして飲ませます。

「美味しい?」

「不思議な味ね」

ママがパパにバレても平気だと言うので、今度はオシッコ無しでママとキスします。

軽くチュッと何度もキスしてたらパパが見たようです。

「おいおい、そこまで仲良くする事ないだろ?」

「羨ましいの?パパ」

「全然羨ましくなんてないもんね」

「だってさママ、もっとチューしよ」

軽く抱き合って繰り返しチュッとキスします。

パパが呆れて目を逸らしたので、舌を入れて絡め合います。

パパがチラッとこっちを見てすぐに目を逸らすので、暫くキスして舌を絡め合ってました。

「ママとチューするの好き?」

「大好き!ずっとチューしてたい」

「ママもチューするの好きよ」

コーヒーとオシッコを持ってパパの向かいにママと並んで座ります。

「いただきます」

3人でケーキを一口食べます。

「美味し〜!パパありがとう」

「ほんと、コンビニのケーキもバカに出来ないわね、美味しいわ」

「気に入ってもらえて良かったよ」

パパのヤキモチも無くなったみたいでニコニコしてます。

僕はチンチンを出してわざとクリームを落としました。

「あっ!あれ?どこに落ちた?」

「どうしたの?」

「クリーム落としちゃった」

「あらあら、あっ、そこにあるわよ」

「どこ?」

「ちょっと下がってもらえる?ママが拭いてあげるから」

なにもいわなくてもわかってくれて、ママがティッシュ片手にテーブルの下に潜り込みます。

そして床を拭くふりしてチンチンをしゃぶってくれました。

「まあ一枚ティッシュもらえる?」

「はい、ありがとねママ」

なかなか出てこないママが気になったのかパパがテーブルの下を覗き込みました。

「そんなにたくさん落としたのか?」

「クリームだから油がしつこくてね」

ママを真後ろから見てるからチンチンしゃぶってるのが判らなかったみたいです。

床の何処を拭いてるのかパパがテーブルの下を見てるので、ママの口に精子を出します。

ママも後ろから見られてるのに平気で精子を飲んでます。

「もう綺麗になってるように見えるけどな」

「ちょうど拭き終わったわ」

それを聞いてパパが顔を上げてまたケーキを食べ始めます。

ママも満足そうな顔でテーブルの下から出てきて何食わぬ顔でケーキを食べてます。

ハッキリとパパが見てる前でママに精子を飲ませるのは隠れてセックスするより興奮しました。

「あん!やだ今度は私?」

ママがちょっとだけクリームを落とします。

「二人とも落ち着きがないなあ」

パパが苦笑いしてるけど、僕の番です。

「見つけた、ママ少し下がって」

ティッシュを持ってテーブルの下に潜り、ママのスカートを捲り上げて足を広げさせます。

パンツをずらしてオマンコを舐めました。

ママが下に潜ってたのと同じくらいの時間僕も潜り続けます。

指も入れて気持ち良くなってもらいました。

ママが僕の頭をポンポンと軽く叩いたのでテーブルの下から出ます。

「ありがとね」

「さっきはママがしてくれたからお返しだよ」

「ん〜、チュッ」

ママからチュッとキスしてくれました。

パパがまたヤキモチを焼き始めたけど無視してオマンコとチンチンを触り合いながら残りのケーキを食べます。

僕がオシッコをゴクゴク飲んで、残り一口分くらいでママが飲みたがりました。

「残り一口くらいだけどママにも飲ませてくれない?」

「あ、パパも飲みたいな」

「一口だけだから先に言ったママにあげる」

ママが自分のオシッコをパパに見られながら飲みました。

「ママ、どんな味だ?」

「ちょっとしょっぱいような感じで甘味は少なめね、それに独特の臭いがあるわ」

「うへえ…そんなの飲んでんのか?パパは飲まなくて良かったかもな」

「これはパパには合わないかもね、ママは普通に飲めるけど」

「僕とママで飲もうね」

「ママも飲んで良いの?」

「うん、一緒に飲もうよ」

「ありがと」

またママが舌は入れないけど長めにキスしてくれました。

「パパだけ除け者にしないでくれよ〜寂しいじゃないか」

「パパも僕のママと仲良くしたいの?」

「パパのお嫁さんだぞ〜?」

「僕のママだもん、ね?ママ」

「そうよ〜、息子とラブラブなんだからパパは邪魔しちゃだめよ〜」

「はいはい、パパはお風呂に入ってくるよ」

煽りすぎたみたいでパパは拗ねてお風呂場に行きました。

「行ったね?」

「行ったわね」

「さっきは解ってくれてありがとね」

「オチンチン出してるんだもん解るわよ」

「ずっとパパがママ見てたね」

「そうだったの?」

「うん、真後ろからだからチンチンしゃぶってるの判らなかったみたいだけど、ずっと見てたよ」

「じゃあママはパパに見られながら精子飲まされたの?」

「うん、パパがジッと見てる最中にママの口に精子出して飲んでもらったの」

「それで気付かないパパもどうかと思うけど、これからもパパに見せつけてあげましょう」

「そのつもり、ママとセックスしてるとこ見られても良いかな?って思ってる」

「それはママも思うわね、でもいきなりはダメよ」

「なら次はチューして舌入れちゃう?」

「そのくらいがちょうど良いかもね」

ママがパンツ脱いで僕と向かい合って膝に乗ってきました。

「オマンコでセックスしましょ」

ニュルンとチンチンが入って、ママがキスしてきます。

ニュルニュルと舌を絡め合ってたからパパがお風呂から出てきました。

「あ〜、良い湯だっ…二人とも何してんだ?それは親子でするキスじゃないぞ!?」

「あら、お風呂早かったわね?」

「サラッと流そうとするなよ、母と息子で何やってんだよ!」

「何って…チューしてたのよ?」

「今舌入れてたろ!」

「それがどうしたの?親子で愛情を確かめ合ってただけじゃない」

「いくらなんでもそれはやりすぎだろ!」

「そうかしら?私はそうは思わないわ」

まだパパが何か言ってるけどママが僕にキスして舌を絡めてきます。

「んふ、親子でこわなチューも良いわね」

「ママの舌気持ち良い」

「ママも気持ち良くなってきちゃった、もう一回しましょ」

唇を重ねないで舌を伸ばしてパパに見せつけるように舌を絡ませます。

それからゆっくり唇を重ねて時間を掛けてたっぷりとキスしました。

信じられないものを見たって感じでパパが見てるのでオマンコの中に精子を出します。

ちょっと僕もママもビクッとしてしまったけど、スカートに隠れてセックスしてるのまでは気付かれてません。

「ママと一緒に寝たい」

「ダメだ!二人を一緒になんて…」

「良いわよ、ママと一緒に寝ましょ」

パパの言葉を途中で遮ってママが良いと言ってくれました。

「おい!ママ!それはどう…」

「母親と息子が一緒に寝るだけよ?何を心配してるの?変な人ね」

「いや…だってあんなキスするような関係で…」

「親子でキスくらいどこの家庭でもしてるでしょう?」

「いや、舌まで入れないだろう?普通は」

「普通とは何を基準に言ってるんです?私にとっては親子で舌を入れるキスするのはおかしいと思ってませんよ?あなたの基準を押し付けないでもらえます?」

「いやいや、世間一般的に変だと言ってるんだ!」

「そんなのは各家庭の問題でしょう?我が家では親子でキスする時は舌を入れる、それだけですよ」

「今までそんな事してなかっただろう!」

「思春期の男の子だから嫌かと思って遠慮してただけですよ?息子から甘えてくれるようになだたんですもの、キスして舌を入れたって良いじゃない」

ママがそれっぽく屁理屈を並べてパパはタジタジです。

「とにかくダメったらダメだ!」

「私の息子でもあるんです!パパの一存で決めつけないで!分からず屋のパパとはもう金輪際一緒に寝ませんからね!今日から息子と一緒に寝ます!」

「おい!何処に行くんだ!」

ママは話は終わったとばかりに僕と手を繋いで歩き出しました。

「息子の部屋で一緒に寝るんですよ、人の話を聞いてなかったんですか?」

凄く冷たい言い方でパパに言い放ち、その後はパパを無視して僕の部屋に来ました。

「あ〜もう!何なのあの人!いちいち煩いったら!」

「あんなにママが怒るの初めてみたよ、綺麗な顔が台無しになっちゃうから笑って?」

「ああ、ごめんなさいね?じゃあママが笑顔になれるようにチューして」

キスして舌を絡めてオマンコも弄ってあげました。

「んん…んふ…んん!」

パパに聞かれようと見られようと構わないとばかりにママが悩まし気な声を出してます。

「どう?笑顔になれそう?」

「このままイかせてくれたら笑顔になれる気がするわ」

「本当はもう怒ってないでしょ?」

「だとしたらやめちゃうの?」

「まさか、オマンコでもお尻の穴でもセックスしてママの中にたくさん精子出すよ?口にもたくさん精子出して飲ませてあげる」

「えへ、元気出たわ」

「見られても良いなら布団掛けなくても良いよね?」

「むしろ見せつけてあげましょう」

裸になってベッドに乗り舐め合います。

ギシ…ギシ…と静かに足音が近付いて来ます。

「パパが覗きに来たのかな?」

「好きなだけ見れば良いのよ」

ママは僕の上から降りるつもりは無いようです。

ジュポジュポと音を立ててチンチンをしゃぶり続けます。

僕もオマンコとお尻の穴を舐めて舌を入れます。

「素敵なオチンチン…ママこのオチンチン大好き」

「僕もママのオマンコとお尻の穴大好きだよ」

ドアの向こうで聞き耳を立ててるであろうパパに聞こえるように大きめの声で話します。

「ママに精子飲ませて〜」

「零さないで全部飲んでね!口に出すよ!」

「んん!ん…ん…んはあ…美味しいわ〜」

「ママのオマンコの汁も美味しいよ、お尻の穴もね」

「まだ元気だしママとセックスしましょ?最初はお尻の穴に入れて欲しいわ」

「ママもすっかりお尻の穴が好きになったね」

「ママの体をこんな風にしたのは誰かしら?」

「僕です、またいっぱいイかせてあげるね」

「ええ、お尻でもオマンコでも好きなだけ中に精子出して良いからね!」

ドアが少し開きました。

気付かないふりしてパパが見やすい横向きの角度に態勢を変えてお尻の穴にチンチンを入れます。

ゆっくりとチンチンを入れていき、奥まで入れたら激しく腰を振ります。

「ああ!ああ!お尻の穴気持ち良い!オチンチンで激しく突かれて感じちゃうの!」

「僕もママのお尻の穴気持ち良いよ!気持ち良すぎてすぐに出ちゃいそうだよ!」

「まだイかないで!ママと一緒にイキましょう!」

まだパパは見てるだけみたいです。

ドアの開きがさっきよりも少しだけ大きくなってるので覗く目がチラッと見えました。

ママの両腕を持って引っ張り、上半身を宙ぶらりんにさせて激しく突きます。

「ああ〜!もうイク!お尻でイクの〜!中に精子出して〜!」

「出すよ!お尻の穴の中に精子出すからね!」

最後にスパーンと強く腰を打ちつけて中に精子を出します。

ママの腕を引っ張る力をゆっくり緩めていきます。

静かにママの上半身がベッドに伏せて、お尻だけ高く上げた態勢です。

「お腹いっば〜い、たくさん精子出たわね〜ママすっごく気持ち良かったわ」

「まだまだこれからだよ?オマンコの中にもたくさん出すつもりだし口にもたくさん出して飲んでもらうんだからね」

「続けてオマンコに入れてくれるの?パパと違って元気があって素敵よ」

「今度はこっち向きに寝てオマンコ広げて」

「んもう!ママに恥ずかしい格好させて悪い子ね!これで良いの?」

「もっと大きく足広げてお強請りしてよ」

「やあん!こんなの恥ずかしすぎるわ…お願い…ママのオマンコにその素敵なオチンチン入れて」

「うわ〜!ママエロすぎ!そんなに僕のチンチン欲しいならめちゃくちゃに犯してあげるよ!」

「ああ〜!深い〜!奥まで届いてるの〜!」

「ママはゆっくりだと感じすぎちゃうんだよね?」

「そうなの〜、激しい方が長く楽しめるわ」

「でもダ〜メ!ママをたくさんイかせるつもりだから激しくしてあげない」

「やあん、意地悪〜」

ゆっくりゆっくりオマンコにチンチンを出し入れします。

「あはあ…ねちっこくこね回されてオマンコ敏感になっちゃう」

「ママがおかしくなるまでイかせるからね」

「ねえ…おかしくなったら一生面倒見てくれる?」

「もちろん!ママは僕が面倒見るよ、だから思い切りおかしくなって」

「はああん!息子のオチンチンでおかしくさせちゃう!ママもうイッて良い?イキたいの」

「何回でもイッて良いよ」

「ああ!また大きいのきちゃう!イク〜!」

ママがイッても僕は動きを止めません。

ヌコヌコとオマンコをしつこくこね回してイかせ続けました。

「あはあ…はううん!お願い、中に精子ちょうだい」

「赤ちゃん産んでくれるよね?」

「産むから〜!だからママの中に精子ちょうだい!」

「それが聞きたかったんだ、さっきから僕もイキそうなの我慢してたからママの奥にたくさん精子出すね!」

「チューして!チューしながら出して欲しいの!」

「ママ愛してるよ」

全身でギュッと抱きつかれて舌を絡め合いながら奥に精子を出しました。

「んふう!んん〜!あはあ…オチンチンから精子がドクドク出てる…本気で妊娠させるつもりね?」

「そうだよ、ママと子供作るんだからね」

「今度はママが上になりたいな」

ママを抱き起こしてそのまま後ろに倒れます。
チンチンを抜かずにママが上になって腰を振ってくれます。

これでママもパパが覗いてるのが見えるはずです。

自分でオッパイを揉みながら激しく跳ねてくれました。

僕はママの太ももに手を乗せて固定したらクリトリスを弄ります。

「ああん!そこ弄られると弱いの!」

「どこ?ハッキリ言ってよ」

「クリトリスよ〜!ママそれされるとすぐにイッちゃうの!」

「うん、さっきからオマンコがギュウギュウ締め付けてきてるよ」

「はああ…もうイク!またイクの!」

「僕もイクよ!しっかり精子受け止めてね!」

ズンッとママが腰を完全に下ろして背中を反らせてビクンビクン痙攣します。

同時に僕も精子を出します。

それがママを更に感じさせて痙攣が止まりません。

「派手にイクね〜ママ」

「だって気持ち良すぎるんだもの…」

「一回お休みしてチンチンしゃぶってくれる?」

「あはっ…オチンチンしゃぶるの大好き」

ママが僕の上から降りて隣で待てをしています。

僕も体を起こしてママの顔にチンチンを突き付けてしゃぶってもらいます。

本当に美味しそうにジュポジュポとチンチンをしゃぶってくれます。

チラッとパパの方を確認してママの口に精子を出します。

ジュルルルとチンチンを啜って精子を吸い出してくれました。

「はあん…見て…こんなに…」

口を開けて僕に見せてから飲み込んでくれました。

「ママ、横になって後ろ向いて」

もうママもわかってるのでパパが見やすい位置で横向きに寝てくれます。

僕も横になって片足の膝を曲げて入れるところを見やすくしてチンチンをお尻の穴に入れました。

お尻の穴でもママをイかせて、素早くオマンコにチンチン差し替えて腰を振ります。

お尻の穴とオマンコを交互にイかせて最後はお尻の穴に精子を出します。

ちょっと疲れたのでチンチンを入れたままママを後ろから抱きしめて休憩です。

静かにドアの閉まる音がしました。

「終わったと思ってんのかな?」

「そうかもしれないわね」

「休んだらまた始めるのにね」

「自分じゃこんなに続けて出来ないから仕方ないわよ」

「そうなんだ?ママとセックスして数回だけなんて勿体無いと言うか情けないと言うか…」

「パパ以外の人とも付き合ったことあるけど、だいたい皆頑張っても7回よ?」

「そうなの?僕なら朝までだって出来るのに」

「元気が無くなったらウンチ食べれば復活するしね?」

「そうそう、ママのウンチは僕の精力剤だよ」

「んふ…息子のウンチがママの精力剤になってくれたら良いな〜」

「明日楽しみにしててね?」

「ママとウンチ交換しましょ」

「オシッコもね」

徐々にパパにバラしていく予定だったのに覗きに来るから全力で見せつけて変なテンションになってしまってます。

「ねえママ、精子無駄にするみたいで本当は嫌なんだけど、ママに精子ぶっ掛けても良い?」

「あら?嫌なのに何でママに掛けたいの?」

「顔とか体に僕の精子かけられた姿をパパが見たらどう思うか試したくない?」

「精子掛けられて、そのままパパの前に行くの?」

「うん、セックスしすぎて喉が渇いたとか言って二人でリビングに行くの」

「面白そうね、覗きに来たあの人が悪いんだからこの際思い切り見せつけてあげましょう!」

ママも乗り気になってくれたのでチンチンしゃぶってもらって顔に精子を掛け、セックスして体に精子を掛けてと何回もママの顔と体に精子を掛けてドロドロにしました。

「あとはお尻の穴とオマンコから溢れるくらい中に精子出したら完成だね!」

チンチンを抜いた瞬間からブビュッと精子が溢れるオマンコとお尻の穴に仕上げて、二人で部屋を出てリビングに向かいました。

「喉渇いたね」

「こんなに出すんだもの当たり前じゃない」

「んな!?なんだその姿は!」

「あら、まだ起きてたの?」

「パパ明日も仕事でしょ?寝なくて平気?」

「答えろ!その姿は何だ!」

「何って…セックスしてたんだから裸なのも汚れるのも当たり前じゃない」

「だよね、ママのオマンコもお尻の穴も口も気持ち良いから何回も精子出しちゃった」

「こんなにママを汚して中にもたっぷり出すんだもの、ママこのオチンチンじゃなきゃ満足出来なくなっちゃったわ」

「ママ、オマンコとお尻の穴から溢れた精子が床に落ちてる」

「あら、後で拭かないとね」

「汗もかいたしママを汚しちゃったから水分補給したらまたお風呂入ろ?」

「お風呂でもセックスしましょうね」

よく冷えたオシッコを二人でゴクゴク飲んで、プルプル震えてるパパの前でチンチンをしゃぶってもらいます。

「ママは本当に僕のチンチンしゃぶるの好きだね」

「こんな素敵なオチンチンが目の前にあったら我慢できないわよ」

「飲みたい?それとも掛ける?」

「お口開けるから飲ませて」

出る直前までしゃぶったら口を離して手でシコシコして自分で口の中に精子を入れてました。

最初に少し外れたけど残りは口の中に入ったので、それをよく噛んで飲み込んでます。

「はあ…何度でも飲めちゃう」

「続きはお風呂でしようね」

呆然とするパパを残してお風呂場に行きました。

「覗いてたくせに『何だ?』だって、笑っちゃうね」

「夢でも見たと思ってたのかしら?」

「ママがハッキリ言って目の前でしゃぶってくれたから現実だって理解したかな?」

「これで理解しなかったら救いようのない人だわ」

そんな話をしながら洗いあってたら、パパが出て行く音が聞こえました。

「家出?」

「かも知れないわね」

「お風呂から出たらリビングでセックスしようか?」

「お尻の中にたくさん精子出してくれたからまたウンチ出そうよ」

「じゃあリビングでウンチまみれのセックスしよう!」

「あの人が帰ってきたら驚くでしょうね」

綺麗になった体でリビングに行き、僕の体の上でウンチをしてもらいます。

「またこんなにウンチ出て凄いね」

「はい、食べるでしょ?」

ママが自分で塊のウンチを口に入れて僕に口移ししてくれました。

僕の上に寝たからヌチョッとウンチが潰れます。

はみ出たウンチをママの背中や髪に塗ります。

「あん…ウンチパック気持ち良い」

「僕にも塗って」

身体を起こしてママを抱っこする形になり、僕も背中から頭までウンチまみれにしてもらいます。

「オチンチンにも塗ってあげる」

「じゃあ僕はオマンコとお尻の穴に塗ってあげるね」

たっぷり塗り合ってヌチョヌチョになったら僕もウンチがしたくなりました。

「ママ、僕もウンチしたくなっちゃった」

「じゃあママのお口にしてくれる?」

「お尻の穴に口付けて」

立って後ろを向き、お尻を突き出します。

ママが僕のお尻にカプッと吸い付いたので力んでウンチをしました。

ムリュムリュと出るウンチをママが口で受け止め、入りきらなくなるとお尻から口を離したのでママの膝にウンチがボタボタ落ちます。

「こっち見て」

「どうしたの?うわ〜たくさん口に入れたね」

口いっぱいにウンチを詰めてニコニコしてました。

口を閉じたら入り切らなかったウンチがくちから溢れて溢れます。

「よく噛んで味わってね?」

無言でウンチを噛んでます。

「美味しい?」

コクコクと何度も頷いて、ゴクリとウンチを飲み込んでくれました。

「はあ…人のウンチを食べるのって興奮するわね」

「でしょう?」

「溢れたウンチも混ぜて塗りましょ」

ママのウンチと僕のウンチを混ぜてもう一度体に塗ります。

「ああ…ウンチも愛おしいわ」

「またウンチを食べさせ合おう?」

僕とママは口にウンチを入れてキスをしました。

お互いの口に入ったウンチを舌で混ぜあって食べます。

「ウンチオッパイでチンチン挟んで」

ヌチョヌチョの感触が最高に気持ち良いです。

「オッパイとウンチで擦れて気持ち良いよ」

ウンチまみれの手でママの顔を撫でます。

「後でオッパイに顔挟んであげる」

「嬉しくて精子出そう」

「飲ませて」

顔を下げてチンチンの先を口に咥えてきたので精子を出します。

チュウチュウと吸い出されて全部飲んでくれました。

「ママ」

僕はママのオッパイに飛び込んで顔を挟んでもらいます。

オッパイで顔にウンチを塗ってもらえて幸せです。

「オマンコに入れたい」

オマンコもチンチンもウンチまみれなので改めて塗り重ねる必要も無く、そのままチンチンを入れました。

やっぱりオマンコの中までウンチを塗り込むセックスは気持ち良いですね。

そこにパパが帰って来ました。

「何だこの臭いは!」

「あら、おかえりなさい」

「お前たち何やってんだ!」

「気持ち良いわよ?ウンチまみれのセックス」

「ね!また口移しで食べさせて」

床に落ちたウンチを拾ってママが口移しで食べさせてくれます。

ママと僕の口を何度も往復させてからアンチを飲み込みます。

「美味しいね」

「何てもん食べてんだよ!病気になるぞ!」

「食べたこともないのに何言ってるのよ、美味しいし凄く興奮するのよ?」

「そうだよ、ウンチ食べたおかげで何回もママとセックス出来るし何回でも精子出せるんだよ?」

「そうよ、オマンコの中もオチンチンでウンチを塗り込んでくれたおかげで感じすぎるくらい感じちゃうの」

「お前らおかしいよ!」

「おかしくないよね?」

「全然おかしくないわ、ウンチとオシッコまで愛し合う仲なのよ」

パパを無視してキスします。

何回もウンチを拾って口に入れて食べさせ合ってたらいつの間にかパパがリビングから居なくなってました。

「この良さが解らないなんてパパはダメだね〜」

「本当よね、こんなに気持ち良いのにね」

朝までリビングでウンチまみれのセックスをして、パパが起きてきたから挨拶します。

「おはよ」

「まだやってたのか…」

「ずっとオマンコとお尻の穴に精子出しっぱなしだよ」

「ウンチ食べると元気になるものね?」

「そうなんだよね、一日中だってセックス出来るよ」

「飯は要らない…こんな臭い中で食えるか…」

もう何も言う事は無いとばかりに元気の無いパパが仕事に出掛けました。

「部屋を覗かなきゃもう少しだけ幸せな夢見れたのにね」

「本当よね、覗き見するからこうなるのよ」

「今日学校休んで良い?ママとセックスしてたい」

「あら!嬉しいこと言ってくれるわね、後で学校に連絡してあげる」

「じゃあお風呂入ろ!汗かいたけどウンチがパリパリになってきちゃったから」

「そうね、あのヌルヌルが気持ち良いのよね」

「お風呂でオシッコも飲ませてあげるからね」

「飲むだけじゃなくて頭から掛けて欲しいわ」

「良いよ、掛けてあげる」

ママを抱っこしてセックスしながらお風呂場に行きます。

ウンチと精子とオマンコの汁でコーティングされたチンチンからオシッコをしてママに頭から掛けます。

途中でママが顔を上に向けて口を開けたので、口の中にオシッコをしてあげます。

満杯になった口を閉じて一回オシッコを溢れさせたらすぐにまた口を開けてオシッコを溜めます。

今度は零さずにゴクゴクと飲んでくれました。

出したてのオシッコはママも美味しいと感じたのか、チンチンに吸い付いて直接飲み始めました。

「オシッコ飲むの気に入った?」

「ぷはあっ!温かいオシッコはこんなに美味しいのね!もうトイレで流しちゃダメよ?全部ママに飲ませて」

「ママも全部僕に飲ませてね?」

「今すぐ飲む?ママもオシッコしたいの」

「飲みたい!」

ポジション交代して僕も頭からママのオシッコを浴びてみました。

普通のシャワーよりも気持ち良いかもしれません。

口を開けてそこにオシッコを入れてもらい、ゴクゴクと飲んだらオマンコに口を付けて直接飲みます。

「くう〜!朝一のオシッコは格別だね!」

「口の中に残ったウンチも混ざってるから尚美味しいのかしらね?」

「そうかも!」

パリパリに乾いたウンチもオシッコでヌチョヌチョ具合を取り戻します。

ママと全身舐め合いました。

朝ごはんはこれでもう充分なくらいお腹いっぱいになりました。

ボディソープは使わずに軽くシャワーを浴びてお風呂場から出ます。

体を拭きながらお尻の穴にチンチンを入れて腰を振ります。

そのままリビングの掃除をして、終わったら休憩します。

時間が来たので学校に電話してもらい、先生と話してる時にオマンコにチンチンを入れました。

喘ぐのを我慢して色っぽい声で嘘をついてもらい電話が終わります。

一日中裸で過ごしてトイレはお互いの口で済ませてセックスしました。

コメントを残す