エッチ体験談 13,000話 突破!!

半年軟禁された事ある

独房さんから投稿頂いた「半年軟禁された事ある」。

本業の他にバイトもしてるんだけど、そのバイト先の子に遊びでも良いから付き合ってくださいと告白された。

遊びで良いなら気楽だしOKしたのが間違いだった。

LINEは数分おきに送られてくるし、返事が遅れると鬼のような電話。

家にまでストーキングされて常に監視されてる状態。

ある日いきなり家に業者らしき人達が来て荷物を運び入れてきた。

「奥さんからこちらに届けるように言われました」

と説明されるけど、俺は独身で嫁なんていない。

それを説明してる最中に問題の子が登場して間違いないと言い張り狭い部屋が余計に狭くなった。

何のつもりか問いただしたら今日から一緒に住むと言われ、職場には退職すると告げてあるとまで言われてゾッとした。

慌てて会社に電話したら本当に退職の手続きされてて、良い歳して奥さんに任せるような事するな!と上司に叱られた。

やばい女と関わっちまったと後悔しても遅い。

この日から俺の自由は無くなり、服を着ることも許されず家からも出られない。

食事も入浴も排泄も全て彼女に手厚く世話され、人間としての尊厳を踏み躙られる感じで日々を過ごす。

生活は彼女の投資で賄われてるから問題ないんだけど最低限の食事しか摂らせてもらえず、水分は彼女のオシッコと唾しか飲めない。

飲まなきゃ死んじゃう状況に置かれると人間て変わるもんだな。

俺は自分からオシッコや唾を飲ませてくださいとお願いするようになったよ。

コップなんて使わせてくれないからオシッコ飲むときはマンコに吸い付いて直接飲むし、唾は口移しか彼女が上から垂らしたのを口で受け止めて飲むんだ。

俺の排泄はオムツだよ。

オシッコもウンチもオムツに出して彼女に拭かれるんだ。

手錠と足枷付けられて部屋のドアにも鍵を掛けられてるから逃げられない。

性処理は毎日だ。

俺の意思は関係無く、彼女が満足するまで1日に何度も搾り取られる。

信じられるか?ベッドに縛り付けられて身体の自由を奪われ、手コキやフェラチオでイク事は許されず、もし耐えきれずに射精したらチンポの根本をベルトで締め付けられてイケなくされるんだ。

射精したくても出来ないのは地獄だぞ。

俺が射精したいと泣きながら訴えても彼女は暗い笑みを浮かべて喜ぶだけ。

気が狂いそうになるぞ。

そんな状態で彼女はSEXを初めるんだ。

イキたくてもイケないのに好き勝手動いて彼女だけ何度も絶頂を迎える。

俺は涙と涎で顔中グチャグチャにして懇願するんだ。

射精させて下さいお願いしますってな。

彼女の許しが出たらチンポのベルトを外してくれるんだけど、絶対俺だけイクのは許してくれない。

彼女がイク時のタイミングに合わせてベルトを外されるから必ず中出しさせられるんだ。

それでも漸く射精出来た喜びでありがとうございますって言っちゃう。

終わった後は彼女が優しく抱きしめてくれてキスしてくれるんだ。

よく頑張ったねってお褒めの言葉も頂ける。

地獄のような苦しみから解放された直後にこんな風に優しくされたら何とも言えない気持ちになるよ。

そんな生活が半年続いて、彼女が妊娠した。

俺はもう彼女無しじゃ生きられなくなってたから、彼女が持ってきた婚姻届に喜んでサインした。

生まれてくる子供のために、リハビリを兼ねて彼女と久しぶりに外に出た。

太陽が眩しすぎて30分も外にいられなかったけどな。

コメントを残す