エッチ体験談が11,000話を突破しました。

女友達の働くキャバクラに行ってアフターのカラオケで・・エッチな体験談

PR

女友達の働くキャバクラに行ってアフターのカラオケであったエッチな体験談。

俺19
女友達がキャバで働いているので友達と三人でそいつの店に行く事になった。
女友達(ユイ)はタメなくせに150センチで結構な童顔ブリブリだった。知り合ったのは高校の合コン時。
店に入と俺の隣にユイが座り他は関係無いので省略。笑
キャバしているユイはいつもとちがってキレイな格好をしていてカナリ萌えた。
会話はいたって普通。会話を楽しんであっという間に2時間が過ぎた。
帰りぎわにユイに『あとでメールするよ!』と言った。
家につきふざけてユイにアフターしない?と言ってみた。どーやら店がヒマらしく早めに閉めるので
あっさりOK!(まー友達だからな)


友達に内緒でユイに会う俺。外は寒い中どこにいこーか迷う。
グダグダしている内にカラオケに行くことに(もちろんカラオケでもお互い飲みまくりますた)
フリータイムもダレてきて歌わなくなったところで俺はユイの肩に手を廻して抱き寄せた。
左手でユイの手を握った。ユイの手は小さくて子供と手をつないでるよーだった。
ユイの唇にチュッっとキスをすると熱くなり舌を入れてきた。お互い舌をレロレロさせながらユイの足と足の間に手を入れた。
パンツはピンクでとてもキレイだった。パンツの上から擦っているとユイが俺の股間を擦ってきた。
ズボンの中でビンビンだった俺の息子。すでにカウパーも出ていた。
『気持ちいい?』とユイが聞いてきたので『直に触って』と言いました。
ユイは俺のベルトをカチャカチャと外しスボンを下げて俺の息子はあらわになりました。
『先っちょ濡れてる』とユイが言ってきました。(やはりカウパー)
俺は『早くして』と言うとユイは小さい手で根元の方を持ちやさしく上下させてきた。
あまり気持ち良くなかったので『もっと上。カリの方』と指示出し、上の方へ移動する
といきなり絶頂の予感!ヤバイと思いユイの手を押さえて一気に迎えそうになった絶頂をストップ!
『イキソウだった?』とユイに言われ、『あぶなかった』と言いますた
もうちょっとゆっくり擦るように指示して、ユイのパンツの中に手を入れてみました。
中はグチョグチョになっていました。指を入れると『ン・・・ンと言い、ユイのシゴク手の力も強まりました。
そして迎える二度目の絶頂の予感!今回はユイは力を止める事無くしごいてきたので
俺もイク覚悟で『ヤバイイキソウ』と言うとユイは両手で包むようにしごいてきて、『イッテイイヨ』
と言ってきたのでユイの手の中でイキますた。その後ユイは手に出した精子を俺のチンポにヌルヌル塗り付けて
チンポが萎れるまでクチュクチュしてました。俺のチンポはヒクヒクいいまくってました。
カラオケじゃなかったらやれたのにorz
糸冬

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR