エッチ体験談 13,000話 突破!!

お姉ちゃんの治療

ホルモン異常さんから投稿頂いた「お姉ちゃんの治療」。

僕はホルモンの分泌異常らしくて性欲がハンパない。
1日に10回はオナニーしないと性欲を鎮めることができないんだ。
何度もお母さんやお姉ちゃんにオナニーしてる所を見られたけど、途中でやめる事なんて出来ないから見られたままでも射精するまで続ける。

連続で射精するからいつもチンチンが赤くなってヒリヒリしてるんだ。
そんな僕のチンチンを見かねてお母さんがTENGAを買ってくれた。
手で擦るよりも気持ち良いしチンチンも痛くならないから洗って何度も繰り返し使ってた。
でも使い過ぎて壊れちゃって、お母さんにまた買って欲しくて相談してたのをお姉ちゃんが聞いてたみたい。
オナニーしてる時にお姉ちゃんが部屋に入ってきて、痛くないように手伝ってあげようか?と言われた。
何かTENGAみたいなグッズを持ってるのかと思ったけど、僕の前にしゃがみ込んだお姉ちゃんがチンチンを舐め始めた。
舌がチンチンに纏わりついてくるようだし、唾液がヌルヌルして気持ち良い。
唾液まみれのチンチンを優しく手で擦ってくれるのも気持ち良いし痛くない。
それを伝えたらクスクス笑いながらもっと気持ち良くなれるよと言われた。
これ以上気持ち良い事があるの?とワクワクが止まらない。
するとお姉ちゃんがチンチンを口に咥えちゃった。
食べられちゃう!と焦ったけど、口の中で舐められたり強く吸われたり吸いながら顔を前後させてチンチンを口に出し入れされて気持ち良さが倍増した。
こんなに気持ち良いの初めてでお姉ちゃんの口の中で射精しちゃった。
僕が何度も続けてオナニーしてるの知ってるから、お姉ちゃんは射精してるチンチンを休まず気持ち良くしてくれる。
3回射精したところでお姉ちゃんは疲れたと言って口からチンチンを抜いちゃった。
全然射精し足りない僕は一瞬ガッカリしたけど、お姉ちゃんがパンツ脱いでオマンコを広げて見せてくれて、残りはここにチンチン入れて好きなだけ出して良いよと言ってくれた。
初めて見たオマンコは濡れてキラキラ光っててエッチな感じが凄い。
お姉ちゃんの誘導に従ってオマンコの穴にチンチンを入れてみた。
唾液とは比べ物にならないくらいヌルヌルしてて、オマンコがチンチンにピッタリと吸い付いてくるみたいだ。
それに中が動いてるから入れてるだけでも気持ちよくなれる。
TENGAなんて目じゃないくらい気持ち良い。
奥までチンチン入れて感動してたらお姉ちゃんが動いた方が気持ち良いと言うので、前後に腰を振ってみた。
一突き毎にチンチンから全身に快感が走り抜けていくみたいだ。
こんなの我慢なんて出来ないよ。
オマンコにチンチン入れて数回腰を振っただけで射精しちゃった。
オマンコが精液を搾り取ろうとしてくる。
こんなに気持ち良いなら10回どころか一日中でも射精出来そう。
僕は射精しながら腰を振り続けて何度も何度も繰り返しお姉ちゃんのオマンコの中に射精する。
もうオナニーなんかじゃ満足出来ないかも。
そう言ったらお姉ちゃんがこれから毎日オマンコ使わせてくれるって言ってくれた。
嬉しくて休む事なく腰を振り続けて10回以上射精した。
疲れ果ててグッタリするまで射精したのは初めてだけど、お姉ちゃんは僕以上に疲れてるみたいなのに肌はツヤツヤしてる。
オマンコからチンチン抜いたら大量の精液がドロドロと溢れ出してきた。
こんなにたくさん出したんだと自分でも驚いたくらい。
疲れてパンツ履く元気も無くて、僕とお姉ちゃんはチンチンとオマンコ出しっぱなしで寝転がって休んでた。
そこにお母さんが来て見られたけど、お姉ちゃんが理由を一生懸命説明したらお母さんの怒りが落ち着いた。
僕は何でお母さんが怒ったのかわからなかったけど、本当はお姉ちゃんのオマンコにチンチン入れちゃダメなんだとお母さんが説明してくれた。
本当はダメな事をやらせてくれてまで僕の苦しみを和らげてくれたお姉ちゃんには感謝しかない。
何度もお姉ちゃんにありがとうと言ってたら、お母さんがこれからもお姉ちゃんに協力してもらうのを許してくれた。
お姉ちゃんのおかげで僕は毎日大量に射精出来て助かってる。

1 COMMENT

コメントを残す