エッチ体験談 13,000話 突破!!

誠実でセックスも凄かった彼とのこと

ミレンさんから投稿頂いた「誠実でセックスも凄かった彼とのこと」。

21歳から2年付き合った彼、優しくて誠実だったけど、セックスも凄かった。
あんまり好きじゃなかったセックスが、彼に抱かれていくうちに好きになった。

クンニとか、フェラとか、そういう前戯じゃなくて、最初は服の上から愛撫されて、自分から脱ぎだすくらい感じさせられた。
そして裸になってからまた愛撫されて、アソコに触れられなくても、キスと愛撫で濡れた。
そして、ゆっくりと挿入した後、あまり動かず繋がりを楽しんだ。
その挿入時間がとにかく長かった。
あまり動かないといっても、抱き合ってキスしてると微妙に動くから、実際は感じちゃう。
私の方が夢中になってしまうほどの長い時間繋がってるから、私の腰が先に動いてしまった。。

彼は、そんな結合の気持ち良さを冷静に楽しんでた。
私の腰が動き出すと、彼も少しずつ動き出し、腰を使ってきた。
その時々で様々な体位になったけど、私の負担にならないように、さりげなく支えてくれる優しいセックスだった。
凄く気持ち良くて、イヤらしい声がつい出てしまった。
そんな私を優しく抱きしめてくれた。
私は何もしなくて、ただ彼を受け入れてるだけなのに、彼は満足してくれた。

彼、海外赴任になって別れた。
赴任先に家具付きのアパートが用意されてるからと、こっちのアパートをそのままにして、一人で行っちゃった。
「1年になるか、3年になるか、もっと長いかわからないから、君は俺なんか忘れていい男を探せよ。じゃあな。元気でな。さよなら。」
「さよなら…元気でね…」
彼を見送った後、彼との思い出の品や写真、プリクラを眺めて、彼との思い出に浸った。
でも、1年過ぎても帰ってこなかったとき、辛すぎて少しずつ処分した。

彼と別れて2年が過ぎた年、街でばったり彼と会った。
「帰ってきたんだ…」
「ああ…でも、俺はあの頃の俺じゃないさ…」
と暗に復縁を避けられたようだった。
でも、同じ生活圏にいるから、時々バッタリ会うことがあった。
そんな時は嫌がらず、少しの時間だけ笑顔で接してくれた。
彼と再会して1年くらいの時、思い切って新しい連絡先を渡してみた。
連絡、来たらいいなぁ…と待っていた。

その後、彼とバッタリ会うことがなくなって半年過ぎた。
結局、連絡も来なかった。
直接気持ち伝えて、ダメだったら潔く諦めると決めて、ある週末、勇気を出して彼のアパートを訪ねてみた。
そしたら…彼と違う人が住んでた…orz
黙って消えるなんて、そこまで避けられたのか、それとも、彼なりの優しさだったのか…
ともかく、これ以上追い縋ることは止めて諦めたけど、せめてちゃんと振られたかった…
せめてちゃんとサヨナラしたかった…

3 COMMENTS

匿名

>せめてちゃんと振られたかった…

本音を聞かされず消えられるのは、引きずりますよねえ。
あきらめきれない気持ちがいつまでも残ります。
心中お察しいたします。

返信する

コメントを残す