エッチ体験談 13,000話 突破!!

離婚問題 お仕置き

会社員さんから投稿頂いた「離婚問題 お仕置き」。

妻が離婚したいと言ってきた。
理由は言わなかった。会社の上司に相談したら、上司も奥様に離婚したいと言われたらしい。

そこで二人で力ずくで離婚は避けようと話し合い、後日夫婦通しで会い、飯でも食べながら、話し合おうとなり、上司の別荘にて食事会となった。

上司の奥様は上司と同じ50代後半で色白なむっちりして綺麗な女性だった。女優の松◯◯子似のお人やかな女性で熟女ながらムラっとした。話し合いをしたが平行線であった。

そのため、上司は「じゃあ強行手段だ」と妻達がトイレに行った隙にビールに睡眠薬を混ぜた。
上司が「じゃあ仕方がない。
今日で最後の晩餐にしよう。」と言ってきた。妻達が飲んでいると二人とも段々目がトローンとしてきて、すぐに落ちました。

上司に「何をする気なんですか?…」と聞くと「服を脱がせろ」と奥様の服を脱がせ、全裸にさせました。私も妻の服を脱がせ全裸にしました。

上司は縄を持って来て、後ろ手に縛り、「亀甲縛り」が出来上がりました。

多分、奥様はこの趣味が嫌だったのかなと思います。

妻も縛ってもらい、二人「亀甲縛り」姿が出来上がりました。
そこから、足を縛り、逆海老ぞりの格好になりました。
二人は並んで眠っています。
1時間後、二人目を覚ましました。
奥様「う…?えっ?何?」と自分の格好に驚いていました。
妻「えっ…あなた…?何?これ!」ともがいていましたが、縄はきつくびくともしません。

上司「離婚なんて冗談じゃない。どうせならここで監禁して、一生見張ってやる」と言っていました。
上司の子供も、もう独立し、上司と奥様は二人暮らし、私らはまだ子供がいなく、家を開けても問題ない状態でした。
私も一瞬迷いましたが同意し、妻に「そうだ。しばらくここで暮らしてもらうぞ。」と告げると「何考えてるの?縄をほどいて!」とキレていました。
上司「奥さんも威勢がいいね。なら二人ともお仕置きしないとね」と上司は私に2メーター程の2台の台に「足の縄をほどいて台にうつ伏せに寝かせて」と二人で奥様を持ち上げ、うつ伏せに寝かせ、股を大きく広げ、足首を台の足に縛りました。
妻も続いてです。

「じゃあこれから、ちょっと痛いけど我慢してもらうから」と上司は棚のある方に向かいました。奥様はすぐ分かったのでしょう。「あなた!嫌!それだけは今は!」と叫んでいました。

上司は小さな箱を取り出しました。
何とイチジク浣腸でした。上司は「浣腸でもして、大人しくさせよう。浣腸の袋を剥け」と言われ、私も浣腸の袋を剥きました。

妻も「あなた!やめて!浣腸なんていや!」と叫んでいました。

私らも全裸になり、上司も私もビンビンに勃起していました。
イチジク浣腸10本が出来上がり、上司は縛れて並べられてる妻達の後ろで「じゃあ浣腸して、ウンコ出してもらうからね。」と言うと妻達は「いや!やめて!」と叫んでいましたが上司は「駄目だ。許せない。幸子(奥様)まずお前からだ」とイチジク浣腸を奥様のアナルに注入しました。
「あっ!あっ!駄目〜」と叫んでいました。
私も妻に「じゃあ、美智子(妻)我慢しろよ」とイチジク浣腸を妻のアナルに注入しました。妻は「は…!あっ!ひっ!嫌!」と叫んでいました。
計イチジク浣腸5本ずつ注入し、2人とも便意に耐えていました。

妻は「あなた…漏れちゃう…トイレに行かせて…お願い…」と願いましたが「駄目だ!我慢しろ!絶対許せないぞ」と許しませんでした。
奥様も「あなた…許して」と。
上司は「じゃあ離婚なんか絶対しないぞ!今度言ったらまた浣腸だぞ」

奥様と妻は「わかりました!だからトイレに」と冷や汗をかきながら言ってきたので足だけ縄をほどいて、妻はトイレですが、洋式トイレを反対側に跨ぎ、排泄、奥様は風呂場で洗面器の中に排泄しました。

終わった後、別々の部屋に行き、セックスをしました。

それで暫く、上司の別荘で二人を見張る意味もあり、暮らさせる事にしました。

これからこの生活を投稿して行きたいと思います。続

1 COMMENT

白蜥蜴

良い上司に恵まれてヨカッタですね…出世は見込めそうにありませんが…ww

返信する

コメントを残す