エッチ体験談 13,000話 突破!!

身体の相性が良すぎて離れられなくなった俺と嫁

スキモノ夫婦さんから投稿頂いた「身体の相性が良すぎて離れられなくなった俺と嫁」。

出会いは18年前、俺26歳、嫁23歳、仕事上だった。
嫁の第一印象は、純朴そうな娘だなって感じだった。
その時はお互い恋人がいたが、ほぼ同時に失恋。

そして一年間の仕事のパートナー解消がやってきて、二人でお別れの飲み会をした。
そこで失恋話、寂しい者同士、酒の勢いもあったし、もう会うこともないだろうとホテルに。
これが全ての始まりだった。
純朴顔なのに、脱ぐとセックスしたくなるエロい肢体。
細身なのに腰のあたりがムチっとしてて、胸は張りがある。
ヨダレが出そうなほどスケベ女体だった。

正常位で抱き合うと、しっくりと馴染んでビックリ、秘穴とイチモツのフィット感がハンパじゃなかった。
名器とか、巨根とかじゃなく、これは相性だった。
お互いが肉体に溺れた。
嫁の裸を見ながらフェラされると、射精したばかりなのに勃起してしまった。
もう、何度でもできそうな二人だった。

相性いいから何時間しやっててもいいし、嫁も俺が一回射精するまで何度もイクし、肌が合うし、回数を重ねるほど感じ易くなっていった。
なまじ相性が良いから、離れられなくなって初H一年後、俺28歳、嫁25歳で結婚した。
初エッチから今年で17年、付き合い長くなるとお互いのツボも知り尽くして、四十路夫婦の今でも飽きずにほとんど毎日やってる。
夫婦げんかした夜に、死ぬ程気持ちいいセックスすると仲直りしちゃう。
こんなに身体が合う夫婦って、なかなかないんじゃないかな。
だからとても仲がいいラブラブ夫婦なんだけど、端から見りゃあただの中年夫婦だけどね。

2 COMMENTS

匿名

一般人だけど、私あなたの好いてくれる純朴さのまま、真っ直ぐに…あなた、心から愛してるよ。

返信する

コメントを残す