エッチ体験談 13,000話 突破!!

妻が亡くなり…

マサカリ担いだ金だろう?さんから投稿頂いた「妻が亡くなり…」。

長女がC学、次女がよう稚園の時に元々病弱だった妻が他界した。
私達親子は悲しみに暮れたけど、いつまでも悲しんでばかりでは妻に叱られてしまいそうだと気合を入れた。
しかし、気合いだけではどうしようもないのが性欲。

再婚は考えられないし、風俗に通う気も起きない。
そんな時にふと気付いたんだ。
うちに若いオマンコがあるじゃないか!ってね。
次女を寝かしつけた後で長女を押し倒してレイプした。
娘を犯すってのは妻とSEXするよりも興奮する。
なにせ私の遺伝子を分けた子だから身体の相性がヤバいくらい良いんだ。
それに処女だったから締まりも良く私のペニスに吸い付いてくるようだった。
痛みと恐ろしさで泣く長女を欲望のままに凌辱して膣内射精する。
一度では治らなくて立て続けに3回膣内射精した。
血と精液をオマンコから垂れ流す娘を放置してスッキリした気分で寝た。
それからは事ある毎に長女をレイプしては膣内射精を繰り返す日々を送った。
一月も経過すれば長女はどこか壊れたようで大人しく私のペニスを受け入れるようになった。
何か物足りなさを感じた私は長女に向かって、「お父さんの女になった自覚が無さ過ぎないか?そんなんじゃ次女もお父さんの女にしちゃうぞ」と言った。
その途端に以前の長女に戻ったようで、「ダメ!妹には手を出さないで!私お父さんに満足してもらえるように頑張るから!」と泣きながら縋ってきた。
「それじゃあ、お父さんの精液をどこに出して欲しいか言いなさい」と敢えて自分から欲しいと言わせてみた。
「私のオマンコにお父さんの精液注いでください、お願いします」と泣きながら懇願してくる。
「そんなにお父さんとお前の子供が欲しいのかい?膣内射精って事は種付けして子供を作るって事だぞ?」と更に追い込んでみる。
「お父さんに種付けして欲しいんです!私にお父さんの子供を産ませてください!私がお父さんの奥さんになります!」と100点満点の答えをハッキリと口に出してくれた。
「お前がお父さんの事をそこまで愛してくれてたなんて嬉しいよ、今までも膣内射精してきたけど今日からはもっと沢山膣内射精してやるからな?ちゃんと妊娠するんだぞ?」
そう言って口付けをしてやったら余程嬉しかったのか泣きながら舌を入れてきた。
たっぷりと唾液を交換して、おっぱいが出やすくなるように揉みまくる。
乳首を強めに摘んだり引っ張ってやれば簡単に絶頂してオマンコが痙攣してペニスを締め付けてくる。
「それじゃ今日一発目の膣内射精だ、子宮で受け取れ」と降りてきてペニスに吸い付いてる子宮口にペニスを押し付けて膣内射精をする。
すっかり私のペニスと精液の味を覚えたオマンコは膣内射精でもイク程に開発が進んでる。
身体の弱かった妻では無理だったが、長女は健康体なので朝まで種付けSEXを続けた。
娘が学校に向かってから私も次女をよう稚園に送って行く。
その車の中で次女にペニスを舐めさせる。
「お前が頑張らないとお姉ちゃんに酷い事するからな?しっかり舐めるんだぞ?あと咥えられるなら咥えなさい」
「頑張るからお姉ちゃんには酷いことしないで」
そう、私は次女にも手を出していたんです。
娘たちはそれぞれを庇っているつもりだけど本当は手遅れなんですよ。
優しく素直な子達で良かった。
よう稚園の近くに着いて次女に口内射精して精液を飲ませる。
「お父さんの精液は美味しいだろう?」と訊けば「美味しい」と若干顔を歪めながらも答えてくれる。
不味いと言えば長女が酷いことをされると思ってるから。
「よー稚園が終わったら迎えにくるから、そしたらお姉ちゃんが帰ってくるまでたくさんSEXしような?」
「またオマンコの中に沢山出すの?」と不満気なので脅しが足りないと判断する。
「嫌ならお姉ちゃんのオマンコに無理矢理出すから良いよ」と告げれば、「嫌じゃない!お父さんの精液オマンコに出してもらうの大好き!だから今日もいっぱいオマンコの中に出して!お願い!」と必死にお願いされる。
良い子に育ってくれたのでご褒美にチューして舌を絡ませてあげる。
車から降ろして娘と別れたら家に戻り家事をする。
空いた時間に仕事を片付けてネットで家出娘を漁る。
適当に見つけた子を迎えに行ってホテルに入る。
前回はC学生だったけど今回はS学生をゲット出来たのは僥倖だ。
もう生理が来てる子だったが、問答無用で膣内射精をして小遣いを渡してやる。
最寄り駅まで送って次女を迎えに行く。
また車の中でペニスを舐めさせて、途中のスーパーで買い物がてらトイレでSEXして膣内射精。
こんな園児が子宮に父親の精液を溜め込んでるとは誰も思わないだろう。
車に乗り込んだらすぐにペニスを咥えさせて口内射精して飲ませる。
家に着いて玄関入ったらすぐに服を脱がせてその場でSEX。
抱き上げて腰を振りながらリビングに行き、思う存分犯して膣内射精する。
長女が帰宅するギリギリまで次女とSEXして、部屋に放り込んでおく。
長女が帰宅したらペニスを出したまま玄関に出迎えに行きフェラチオさせる。
「どうだ?お父さんとSEXする事ばかり考えて勉強に手がつかなかったんじゃないか?」
「早く種付けして欲しくて急いで帰ってきました」
「それじゃ今ここで種付けしてやろう」
「妹は…」
「部屋に居るから大丈夫だ、お前だってもうオマンコ疼いて仕方ないだろう?」
「はい…今すぐオマンコの中にお父さんの精液注いで欲しいです」
「なら下着を脱いでお尻をお父さんに向けなさい」
素直に下着を脱いで制服のスカートを捲り、お尻を突き出しておねだりしてくる。
「私のオマンコはお父さんだけの物です、お父さんとの子供を産みたいのでいっぱい種付けしてください」
「おいおい、もう濡れ濡れだな?こんなにオマンコから涎垂らしてスケベな娘だ」
一気に奥まで挿入して激しく腰を打ち付ける。
「待ち焦がれたお父さんのチンポ入れられて嬉しいか?」
「これが欲しくてオマンコ濡れっぱなしだったの!お父さんのチンポ気持ち良いです!」
「こんなに吸い付いてどうしようもなくスケベなオマンコだな?」
「お父さんのチンポで犯されるのが大好きな娘でごめんなさい!子宮をお父さんの精液てんいっぱいにして!」
「よしよし、お前は良い子だな。たっぷり精液注いでやるから孕めよ!」
膣内射精してやれば膣内イキしてオマンコが痙攣する。
「種付けされてイクなんてスケベ過ぎるぞ?」
「お父さんに種付けしてもらえて嬉しくてイッちゃいました…ごめんなさい」
「続きはお父さんのベッドでやろうか」
挿入したまま歩かせて寝室に向かう。
歩きながらブレザーとシャツは脱がせて、スカートとソックス着用のままベッドに押し倒す。
「お父さんと子作りしてるC学生なんてお前くらいだろうな」
「それでも良いの、私はお父さんの娘だけど奥さんになる女だから」
「一生可愛がってやるからな」
娘達とのSEXだと性欲が尽きずに何度でも出来る。
子宮に入りきらない精液が隘れ出すまでSEXし続けたら夕飯の時間を過ぎていた。
次女がお腹空いたと私を探して寝室の前から声をかけてきた。
「お父さんここに居る?お腹空いたよー」
「すぐにイクから待ってなさい」
返事をしながら長女に膣内射精する。
ペニスを抜き身支度を整えてキッチンに向かう。
夕飯の後は次女をお風呂に入れてSEXして膣内射精。
寝かしつけながら犯して膣内射精した後は口に突っ込んで綺麗にさせて長女をベッドに引き入れる。
もう子宮に精液が入らないのでパイズリやフェラチオさせてぶっ掛けたり飲ませたりする。
一眠りしたら明け方に長女を犯してから次女を起こしに行く。
次女も犯してから朝食を作りいつものルーティンに戻る。
ただで膣内射精し放題のオマンコが家に二人も居るし、馬鹿な家出少女に僅かな小遣いで無責任膣内射精も出来る今の生活は天国のようだ。

9 COMMENTS

余計なお世話だけど

妄想は別にいいんだけど、犯罪だけはやめようよ。
妻が亡くなる=娘が性の対象
ってあり得ないでしょ!もしこれが本当なら貴方は父親になるべきではないし、奥様が亡くなってなかったら今でも奥様は貴方にとってただの性処理道具って事だよね?
はぁ〜、あり得ない・・。

返信する
通りすがり

いわゆる鬼畜ですね、娘に手を出す最低の人間この様な人間は必ず天罰が下ります。出来れば母方の方又児童相談所に行き全て任す方がよいと思います。

返信する

コメントを残す