エッチ体験談 13,000話 突破!!

社長とセックスしたら奴隷にされた

平社員長塚さんから投稿頂いた「社長とセックスしたら奴隷にされた」。

うちは社長が女なんだ。
元々はこの会社のバリバリのキャリアウーマンで、実績を積み重ねて社長にまでのし上がった人。
俺は転職活動をしてる時にこの会社に勤めてる女友達に紹介されて入社した。

雑用ばかりの毎日だったのが、ある日社長に目をつけられて付き人みたいな感じにされた。
荷物持ちはもちろん運転手もやらされるんだけど、スケジュール管理は社長本人か秘書がやってる。
社長が商談に向かう時は運転手をして、商談中は車を磨いて待機だ。
仕事終わりには社長の家まで送るんだけど、何回かに一回は手料理をご馳走してくれる。
その日は大きな商談が纏まったからとワインも出してくれて普段会社では見た事ない酔って顔を赤らめる可愛らしい社長を見れた。
やっぱ社長ともなるとストレスも大きいんだね。
俺が聞いても良いの?ってくらい取引先や社員の愚痴を聞かされた。
ボトル2本空いたくらいで社長が潰れてしまい、寝室まで運んだんだ。
ベッドに寝かせたら暑い暑いと連呼しながらスーツを脱ぎだした。
下着姿になった社長を傍目に見ながらスーツをハンガーにかけて皺を伸ばす。
正直襲いたいとは思ったけど、クビになるリスクを考えたら寝室から出るしかない。
ドアに手を掛けた背後からどこに行くんだー!って叫ばれた。
下着姿を見ないように視線を下に向けて振り返り、明日も早いので帰りますよと告げた。
そしたら、お前もかー!私には魅力がないのかー!ってご立腹。
酒乱かよ…と呆れながらも社長と目を合わせた。
紫の下着が目に入るけど、出来るだけポーカーフェイスで話をした。
キャリアウーマン時代から上司にはセクハラには何度もあってきたし、同僚や取引先の男性からはキツい女と思われて彼氏が出来たこと無かったらしい。
つまり処女を拗らせてたってわけ。
酔った勢いとはいえ下着姿にまでなったのに俺が手を出さないからムカついて叫んだんだって。
俺は社長の目を見て言ったよ。
本当は今すぐに襲いたいくらい魅力的だけど、社長の信頼を裏切ってこの会社をクビになりたくないから我慢してたってね。
それを聞いた社長が目を潤ませて帰らないでって言うんだ。
これはOKって事だろ?
だから思い切って社長を抱きしめてキスした。
舌も入れようとしたら社長から入れてきたんだ。
ジャケットを脱がされたからお返しにブラジャーを外す。
ズボンは自分で脱いだけど社長のショーツは俺が脱がしたらトランクスを脱がされた。
勃起してたのが余程嬉しかったのか、拙いフェラチオをしてくれた。
お返しにクンニして二人でしばらく性器を舐め合う。
酒飲んだ後ってマンコも酒臭くなるんだな。
風呂入ってないから小便にアルコールが多少混じって出たのかな?
このまま社長の口に射精するのも良かったんだろうけど、処女を貰えるなら一発目の濃い精子は中出ししたいじゃん?
そこそこで舐め合いをやめて挿入に切り替えたんだ。
初めての挿入に社長は少し緊張してるようだったから、もう一度キスしてリラックスさせる。
そしてゆっくりと挿入していった。
やはり痛みはあったみたいだけど、嬉しい痛みだと言ってぎこちない笑みを浮かべてくれた。
辛い思い出にならないように優しくゆっくり腰を振って膣内をチンポで捏ね回した。
時間を掛けて慣らしていったから痛みが和らいで快感を得て喘ぎ声を出すようになった。
普段の凛とした声じゃない甘い声を初めて聞いたのが俺なんて嬉しいじゃないか。
中に出しますねと告げて許可を得ずに問答無用で中出しした。
その強引な中出しに気を良くした社長に2回戦、3回戦と強請られるままに続けてたら明け方近くになってしまった。
合計で何回中出ししたか覚えてない。
とにかく社長がチンポ抜く事を許してくれないから、挿入したまま短い仮眠を取って出勤前にシャワーを浴びたんだ。
それから仕事中にちょいちょい社長室に呼び出されてセックスの相手をさせられるようになり、商談前には必ずセックスして中出し。
商談後にはホテルに立ち寄り中出しセックス。
家まで送れば泊まりで何回戦も相手をする。
もはや俺の立場はチンポ奴隷と言っても良いくらいだ。
社長室でセックス中に客の電話を取り継がれてやりながら対応してるし、下手すりゃ電話対応しながらフェラチオとか器用な事もしてた。
ただ、社長は精子を飲むのが好きじゃなかったんだけど俺が唯一頼んだ事だから普段頑張って相手してるご褒美として飲んでくれてる。
めでたく社長が妊娠して俺と結婚して妻になった記念に書かせてもらったよ。

1 COMMENT

コメントを残す