エッチ体験談 13,000話 突破!!

恥ずかしがり屋でエッチな君が買ってきたワイングラス

浜谷 祐一さんから投稿頂いた「恥ずかしがり屋でエッチな君が買ってきたワイングラス」。

去年、僕の誕生日に君が買ってきたワイングラス、
「誕生日おめでとう。」
ってワインで乾杯したっけな。
その後、キスしながら、ワインを口移しで飲んだよね。

そして抱き合って、服脱いで、君を愛撫した。
もう、君はヌルヌルに濡れてて、僕のペニスを握って、
「早く入れて…」
って言ったんだ。

いつか結婚するつもりだたから、生のまましてたね。
ジュブジュブとイヤらしい音がボクのアパートの部屋に響いて、君の喘ぎ声と淫らなハーモニーを奏でた。
小ぶりなおっぱいが君のコンプレックスだったけど、僕は可愛いと思ってたよ。
僕のペニスが抜き差しされるたび、君のオマンコが裏返るようにめくれてたっけ。
可愛くて、恥ずかしがり屋なのにエッチ好きで、大好きだった君…

突然体調を崩した君は、一月は頑張ってたけど限界が来て、仕事を辞めてこの街を去った。
ご両親の元へ戻るとき、
「元気になったら戻ってくるから。その時までさよなら。」
「時々ラインよこせよ。さよなら。」
と言ってアパートを出た君。
離れて3か月で、ラインが既読にならなくなった。
その1か月後に知った君の訃報…

コロナの関係で家族葬だったから、僕には事後報告だった。
君の実家を訪ねて、仏壇に手を合わせてきたけど、嗚咽してしまったよ…
君のお父さんに言われたとおり、君のことは忘れて前を向く努力をした。
でも、見つけたワイングラス…今年の僕の誕生日、一人で乾杯してみたよ。
去年の誕生日を思い出して、君との思い出に浸ったよ。
君を思い出すのは、これで最後と言い聞かせながら…

4 COMMENTS

匿名

無理に忘れる必要はないと思います。
思い出は思い出として、大切にすれば良いのではないでしょうか。

返信する
匿名

彼女の思い出は、ワイングラスと共にしまっておきましょう。
忘れる必要はありません。

返信する
匿名

忘れなくてもいいんじゃないかな、いつの日か思い出すことがなくなるかもしれないけど、結婚したいとまで考えた方のこと、それまでは頭の片隅にでもいいから、残してあげてください。

返信する

コメントを残す