エッチ体験談 13,000話 突破!!

なぜかヤンキーに童貞を奪われました。

安部さんから投稿頂いた「なぜかヤンキーに童貞を奪われました。」。

僕は自他共に認める根暗キャラ。
クラスでも教室の隅の席で一人静かに1日過ごして帰るだけ。
それが苦痛だとは思ってなかったし、他人との付き合いで神経擦り減らさなくて済むから好きだった。

それなのに…学年が変わってクラス替えしたら変なヤンキー女に付き纏われるようになったんだ。
美人系だけど目付き鋭くて言葉使いも悪いし、すぐに叩いてくるから苦手な人種。
適当に相槌打ってろくに話なんて聞いてなかったのが失敗だった。
ある日の放課後にヤンキー女に捕まって引き摺られるようにそいつの部屋に連れて行かれたんだ。
怒らせたら恐そうだからあまり抵抗なんてしなかった。
そしたらなぜかそいつの母親?に彼氏と間違われてしまった。

部屋に入ってから無言の時間が過ぎていく。
何も話す事が思いつかないし、ヤンキーの方もなぜか僕をチラチラ見るだけでいつものように話しかけてこないんだ。
居心地悪いな〜なんて思ってたら母親?がジュース持ってきてくれて多少は空気が和んだ。
一言二言母親?と言葉を交わして解ったのは、ヤンキーが初めて部屋に連れ込んだのが僕だったって事。
意味がわからなかった。
1時間くらい無言のまま経過して、もう帰らせてもらいたいな〜と考えてたらヤンキーが僕の腕を引っ張ってよろめいた。
ヤンキーの胸に顔から突っ込む形になってしまい、慌てて顔を上げたらキスされたんだ。
僕は顔が良いわけでもないし勉強だって得意じゃない。
人付き合いも苦手で根暗だから、誰かにこんな事される理由が思いつかなくてパニックになった。

しかも舌まで入れられて余計にパニック。
唇が離れたらヤンキーに押し倒されてズボンからチンコを出されてしまった。
躊躇う事なくチンコを咥えるヤンキー。
僕の頭の中では何で?どうして?ばかり浮かんでくる。
訳の分からない状況でもチンコって勃起するんだね。
ビンビンになったチンコにヤンキーはご満悦な感じでニッコリ笑い、服を脱ぎだしたんだ。
初めて見た女の身体だけど、貧乳で全体的に細くてマンコの毛も生えてないロリ体型だった。
こんな体型だったら他の人はどんな反応するか知らないけど、恐そうなヤンキーがこんな幼い体型なのが可愛く思えたんだ。
その時僕の顔は笑ってたみたいで、ヤンキーが怒って顔に座ってマンコ押し付けてきたんだ。
そのまままたチンコ咥えられてしまったから、僕もお返しするべきかとマンコを舐めた。
一生こんな経験する事はないと諦めてたから舐め方がこれで良いのか不安だったけど、マンコがすぐにビショビショに濡れたからあってたんだと思う。
気付いたらヤンキーの口に射精してた。
ヤンキーは精子吸い出した後、泣きそうな顔で僕を睨んできたから近くにあったティッシュを何枚か渡したんだ。
素直にティッシュを受け取ったヤンキーが口から精子を吐き出してまた僕を睨む。
童貞には刺激が強くて知らない内に射精しちゃったんだからしょうがないよね?
口に出しちゃった事を必死に謝ったけど許してくれなくて、精子臭いキスされた。
それでチンコが萎えたけど、今度はマンコを擦り付けられてまた勃起。
ヤンキーは僕がまたすぐに射精するとおもったのか、ビンビンになると逃さないとばかりに自分でマンコに入れちゃった。
一気に腰を下されたんだけどマンコからは血が出てるし、ヤンキーの顔は凄く痛そうで涙浮かべてる。
ゴムも着けてないし痛いならやめようと言っても意地になって腰を振り始めるんだ。
僕?僕はキツキツのマンコが気持ち良くてすぐに射精しちゃった。
抜いてと言っても抜いてくれなくて、ヤンキーの中に出しちゃったんだ。
怒られるとビクビクしてたけど、ヤンキーは泣き笑いを浮かべて僕に甘えてきた。
こんな顔もするんだな、と恐いと思ってたヤンキーがものすごく可愛く見えた。
僕はまだ服を着たままだったけど、ヤンキーが脱げと言うから脱いで裸で抱き合って一休み。
今度は僕からして欲しいと言われてヤンキーのマンコにチンコ入れて腰を振った。
射精しそうになって抜こうとしたら抱え込まれてやっぱり中に出すハメになった。
2回も中に出しちゃって良いのか?と心配だったけど、ヤンキーが喜んでるから気にしないことにした。
甘えてくるヤンキーを抱きしめてキスに応えてたら母親?が部屋に入ってきてバッチリ見られた。
さっきからなぜ母親?と?マーク付けてるか、その理由が若くてヤンキーのお姉さんにも見えるから。
でもヤンキーの事をこの子とか言ってるから母親だと思う。
学生でこんな事しちゃって中にまで出しちゃってるから、怒られると思ったのにヤンキーに良かったねと祝うような声を掛けてて驚いた。
そこから詳しい話を聞いたんだけど、昔僕はヤンキーが公園で虐められてるのを止めた事があったんだって。
言われてみればそんな事もあったかな?程度にしか覚えてない。
どうもそれがきっかけで僕も一時期虐められるようになったんだけど、相手にしてなかったら虐め甲斐がないと相手が離れていったんだ。
だんだん思い出してきて、なんとなくヤンキーの顔にあの子の面影を感じるようになった。
ヤンキーはそれが初恋だったみたいで、ずっと僕を探してたんだって。
学校での接点がなかなか無くて、クラス替えで僕を見てすぐにわかったらしい。
僕が適当に相槌打ってた時に、今度部屋に来てと言われてたそうです。
部屋に入ってからの無言は緊張で話せなかった、でも何もしないで終わるのが嫌だったから自分から行動したみたい。
母親?は最初から応援してたそうで、初日にエッチまでするのは予想外だったそうだけど上手くいって良かったと安心したそう。
冴えない僕がヤンキーに童貞奪われて彼女が出来た話でした。

コメントを残す