エッチ体験談 13,000話 突破!!

お母さんの穴使わせてもらってます。

奏多さんから投稿頂いた「お母さんの穴使わせてもらってます。」。

お母さんは眠剤がないと眠れないみたいで、毎日寝る前に服用してる。
強めの眠剤みたいで寝たら朝までグッスリなんだ。
TENGA愛用してる僕は一度本物のマンコに入れてみたくて、寝てるお母さんに夜這いをかけてみた。

声を掛けても服を脱がせても起きないのは助かった。
垂れたおっぱいを吸ったら子供の頃を思い出して懐かしい感じがした。
マンコは昔お風呂でチラッと見えた事あったけど、こうしてマジマジと見るのは初めて。
全く手入れされてない陰毛の奥に黒ずんだマンコがある。
ビラビラを広げると内側は赤みが強くてちょっとグロい。
よーく観察しながら触ってたら濡れ始めて見た目がエロくなっていく。
それに匂いも普段のお母さんの匂いと違ってエロい匂いがし始めた。
試しに舐めてみたら見た目のグロさに反してネバつくマン汁が美味しい。
柔らかいマンコの舌触りも良い。
どんどん濡れてくるし寝てるはずのお母さんがエロい吐息を漏らして腰をクネらせるのも興奮する。
それは穴に指を入れたら更に激しくなった。
決してスタイルが良いとは言えないけど、お母さんにもこんなエロい穴があったなんて…。
どうせ朝まで目を覚さないから、思い切って僕は全裸になった。
お母さんの足を広げてマンコにチンコを擦り付けてみたらヌルヌルで気持ち良くてイキそうになった。
こんな事でイキたくないからすぐに離れてチンコを落ち着かせる。
危ない危ない…。
一分くらいしてイキそうな感じが引っ込んだから、いよいよマンコに挿入だ。
初めてのマンコだからしっかり感じたくてゆっくりと挿入していく。
TENGAほどキツくはないけどゆる過ぎってわけでもない。
温かい肉に優しく包まれていくって感じかな?
奥に行くほど熱くなってくように感じた。
でも足が邪魔で全部入れられない。
膝下に手を入れて持ち上げて、やっと全部入れることができた。
本当にお母さんのマンコに僕のチンコが全部入ってると感動してたらまたイキそうになって、必死に我慢しようとしたけど無理だった。
お母さんの一番奥でピュッと精子が漏れたと思ったら後を追うようにドクドクとチンコから精子が流れ出す。
TENGAで射精するよりも断然気持ち良くて抜こうって気が起きなかった。
射精が終わった後も全然萎えないし、一回中に出しちゃったからもう気にしなくて良いかって開き直って腰を振った。
セックスってよりもお母さんのマンコを使ったオナニーって感じで、普通に腰を打ち付けてまた奥に精子を出した。
2回出してもまだ萎えないから続けて腰を振って、結局4回中出しして落ち着いた。
チンコ抜いたら中から精子がドプドプ溢れ出してきて、慌てて服を着せた。
次の日のお母さんの様子だと本当に気付いてないのか気づいてないフリをしてるのかわからなかったけど、連日やったらバレると思ってTENGAで我慢した。
マンコを知ったらTENGAじゃ気持ちよくなれなかったよ。
一応射精は出来るんだけど、あの中出しする快感には及ばない。
その翌日はまたお母さんに夜這いかけて、今度は5回中出し出来た。
前日のTENGAで不満だったせいかもしれない。
それからは不満を溜めるよりも気付かれた方がマシだと思い直して毎日お母さんのマンコを借りた。
それでやっぱりやり過ぎてお母さんにバレた。
そんなにやりたきゃ夜這いなんてしないで堂々と目を見て言えって怒られた。
どうせ閉経してるから好きなだけ中に出させてやる!ってね。
それからは夜這いはしなくなった。
だってお願いすればお母さんが毎日やらせてくれるから。
こんな関係になって以前よりも仲が良くなった。

コメントを残す