エッチ体験談 13,000話 突破!!

C学生で童貞喪失

俺は見たさんから投稿頂いた「C学生で童貞喪失」。

俺がC学生の頃、近所でパンや牛乳等をよく買いに行くお店があったんだ。
そのお店、普段はおばあさん1人で、行くとお菓子食べなとか言われて、そのお言葉に甘えては、おばあさんとはよく話していたな。当時、俺の両親は共働き、家には俺1人という状況をおばあさんは知っていたんだと思う。

そんなある日、いつもの様にお店に入って、声を掛けるけど、一向におばあさんが出てこなくて、何処か近所にでも行ってるのかなと思い、店内で待つことにした。
すると、キャッとバスタオルを巻いたお姉さんが現れ、そのバスタオルが取れて、ハダカを魅入ってしまったけど、すぐに、すみませんと俺が言って、後ろを向いた。

待たせてごめんね、あと見苦しいの見せたっていうお姉さんに、食パンと牛乳を買いに来ましたとだけ伝えると、ハイハイ、待っててねとすぐに用意してくれた。お金を渡し、すぐにでも立ち去りたいのに、そのお姉さんが話しかけてきて。

今日、おばあちゃん、日帰り旅行でいないからと、その後も機関銃のごとく喋るが、俺は顔をまともに見れない、見ると顔から下の残像を思い出してしまいそうで、しかも、そんな時に勃起してるから、尚更、恥ずかしくて恥ずかしくて。

そして、それをお姉さんが気付いてしまい、私のハダカ見て、興奮してくれるの?嬉しいと言って、俺は顔から火が出るってこういうことなんだって思っていると、もっと見てみたい?と言われて、思考が完全にフリーズした。

手早くお店の入り口に鍵をかけて、俺の手を引いて、部屋の中へ。
私だって恥ずかしいよって笑うお姉さんの顔をようやく見ることができて、どう?キレイかな?と聞くお姉さんに、はい、とてもキレイですと返したような気がする。
君のアレも見せてよ?大丈夫、皮が被っていてもいいよって、そう言われたことはハッキリと覚えている。恥ずかしいけど、先にお姉さんが脱いでいる手前、俺が逃げ出す事だけは出来なかったなあ。

顔が真っ赤の俺、それを見て笑顔になるお姉さんの手がまっすぐ俺のチンポに伸びてきて、皮が捲れるかな?って剥き出して咥えだした。そんな経験のない俺は、気持ちよさであっさり口内射精をすると、もう早いなあ~と1回出しても萎えない俺のチンポを見て、今度は自分の股を指で指しながら、ここに入れてみよっかと。

私がリードするからって、お姉さんの中に生で入れさせてもらったけど、動いてもいいよと言われて動いたけど、口の時より更に気持ちよくて、何回も動かないうちに中へ出してしまった。多分、両方足して1時間掛かってない様な・・・。

まあ初めてだから、こんなもんねというお姉さん、本当はさ、中へ出すのはダメなんだけど、大人の私が中学生の君を連れ込んだ方が罪だわって、今日の事、言わないでねって口止めされた。聞かれたって言うもんかと、あの時、思ったなあ。

帰り際、またしたくなったら言ってね、生理じゃないなら相手してあげると2回目がある様な誘いを受けて、嬉しかったのは覚えてるし、実際、その後も沢山お世話になった。

それから、12年ぐらいたった頃に、お店のおばあさんが亡くなったと母から電話があり、お世話になった手前、通夜とお葬式に参加させてもらった。
おばあさんの孫でもあるお姉さんも来ていて、立派になったねって言われた。
少し落ち着いたら、連絡してよとメモを渡され、携帯電話に入れておいた。

名前もロクに教えてないのに、電話をかけ話すと、嬉しい、本当にかけてくれたって喜ぶお姉さん。久しぶりに会って食事でもどうですか?と聞くと、お姉さんも了承してくれ、待ち合わせ場所を決め、会いに行った。

食事をしながら話していると、お姉さんは40手前の現在でも独身で、俺も独身ですと伝え、この後、誘ってもいいですか?とセックスしたいと正直に伝えると、お姉さんが、まだそんな対象でいられて嬉しいと。
あの頃と違うって所を見せれたような気がします。

この日以来、頻繁に連絡を取っては、お姉さんとはしています。

2 COMMENTS

匿名

へえ~、随分オイシイ思いをしましたね。

ずっと一緒にいられると良いですね。

返信する

コメントを残す