エッチ体験談 13,000話 突破!!

弟を掘ってみた

欲求不満さんから投稿頂いた「弟を掘ってみた」。

彼女出来なくて誰でもいいからセックスしたい!
毎日ムラムラしてて、不意に歳の離れた弟が目についた。
(穴が有れば男でも良くね?)

悪魔の囁きが頭の中に響いた瞬間、弟を押し倒してました。
いきなり押し倒された弟はプロレスごっこで遊んでもらえると思ったんでしょうね。
ベッドの上でドタバタと暴れながらも何とかパンツまで脱がせて押さえ込みます。
そして肛門を舐めながらチンチンをシコシコ。
「やだー!降参!降参だってばー!」
泣きながら降参宣言してたけど無視して肛門に指を入れます。
「はうっ!指!?指入れてるの!?」
「大人しくしてれば気持ち良くしてやるよ」
肛門をほじられてチンチンを咥えられた弟は恐怖からか快感からかわからないけど大人しくなります。
2本目の指を肛門に入れます。
かなりキツそうだけどフェラしてやってるから少しは痛みが紛れてると思う。
3本目を挿入。
流石に泣き始めて煩いからキスで口を塞ぐ。
舌を入れて大人しくさせたら片手で自分もパンツまで脱いで弟をうつ伏せにさせた。
肛門から指を抜かれてホッとしてるが、尻肉を広げて唾を肛門に垂らしたら強引にチンコを挿入。
「また何か入ってきた!やだよー!抜いてよー!」
「今入れたのは兄ちゃんのチンコだよ、慣れれば気持ち良くなるから静かにしろ」
「何でこんな事するんだよー!」
「お前の肛門にチンコ入れたかったからだよ、凄い締め付けで気持ち良いぞ」
「痛いよー!動かさないでよー!」
「動かなきゃ氣持ち良くなれないからな」
「僕は気持ち良くなんてないよ!」
「慣れれば大丈夫だ」
ブツブツ文句を言うが、上からのし掛かって腰を振ってるから逃げられない。
「あー、そろそろ精子出そうだ」
「何?何が出るの?オシッコするつもりなの?」
「違うよ、精子だよ」
「僕の中に出すの!?」
「当たり前だろ?奥にたっぷり出してやるから喜べよ」
「やだー!怖いよー!チンコ抜いてよ兄ちゃん!」
「抜くわけないだろ?絶対中に出す!」
全力で腰を振って深く挿さった状態で中出しする。
「うぁぁぁ…何か熱いのが出てる!気持ち悪いよー!」
「兄ちゃんは最高に気持ち良いよ」
入れたまま弟を抱き起こして後ろからギュッと抱きしめ、顔を振り向かせてキスする。
無理矢理舌を絡めながらチンチンを擦ってやる。
肛門犯されてチンチン擦られて元気に射精してた。
シーツに飛んだ精子が
染み込む前に指で掬い上げて弟のチンチンに塗って更に擦る。
ヌルヌルがアップして休む間もなく2回目の射精。
肛門がキュンキュン締まって俺も2回目の中出し。
あー、スッキリした。
弟はお尻押さえて泣いてる。
またムラムラしたらやらせてもらおうと思う。

1 COMMENT

サイトウシンイチ47歳

うらやましい❗。僕はいつもアニキにやられてばかりだから、たまにはスレ主さんみたいな
弟君を可愛がってみたいな❗。♥️

返信する

コメントを残す