エッチ体験談 13,000話 突破!!

元妻と今嫁

今嫁最高!さんから投稿頂いた「元妻と今嫁」。

俺と最愛の妻 留美と結婚して、15年が過ぎた。
留美とは再婚で、元妻 隆子に受けたトラウマから、俺を救ってくれた。

元妻の隆子は、高卒で俺の初めての就職した会社の上司で、俺の教育係だった。
とても美人だが、気が強すぎて他の社員の評判特に女性社員には、余り良くなかった…
仕事は、同期の男性社員もくだを巻くほどで… 係長に、昇進したばかりらしい。

研修が始まり、元妻 隆子は、優しく指導してくれた。
10歳年下の俺が、可愛いのか…?
諸先輩方の、言葉とは、違った?

仕事終わりには、居酒屋にも連れて行ってもらったりで…知らぬ間に、初めての女性体験…
気が付けば、同棲俺22 元妻32 結婚していました。

元妻 隆子は、超キス魔…違う部署の俺を見つけては、濃厚なキス…
お昼休みは、元妻の手作り弁当とキス…
帰る時間を報告し…遅れると、夜がハードに…成ったりと…元妻との生活は、楽しかった。
隆子の会社とは、違って俺に甘える笑顔は、俺と隆子の秘密だった。
そんな日々は、結婚して2年…

元妻の浮気で  突然  終わりを告げる…
俺は、研修で、帰りが遅くなり、隆子は、部署の新人歓迎会に、出席…帰りは、ある駅前で待ち合わせの21時…待てども、元妻 隆子は、来ない…メールも携帯も…
仕方なく…1時間…俺は、家に…

心配しつつも商店街を抜けて…元妻と若い男…
俺は、目を疑い…  ラブホテルの出入口… 
俺は、隆子と若い男を睨み…元妻に、一言…
冷静を装い…    早く帰ってこい…
それだけ言って、真っ白な気持ちで歩いた。

その後…数ヶ月、離婚 退職 再就職…

15年が経ち、元妻 隆子の裏切りにも似た、浮気は、心の傷は消えなかった。

そんな折…ある会社での、打合せ…
ことも有ろうに… 元妻 隆子とばったり…
顔を併せる…  久しぶり~ 元気?
その笑顔は、昔のままで相変わらず美人で…
隆子は、俺に話し掛けるが… 無視して…
受付嬢に、会社名と担当者をお願いした…

受付嬢は、留美さんと聡美さんと言って、留美さんは、とても可愛い笑顔でいつも接してくれる。
俺は、留美さんなら…とバカな事を思う時が…

俺の顔が、氷張ってる事に気付いたようだ。
俺の横で、何か話そうと元妻 隆子…
留美さんは、聡美さんに何か耳打ち…

○○さん 此方に… 優しく微笑み俺を案内してくれた。

○○さん… ○○さん! 大丈夫ですか!
あっ…あっ! はい! 落ち着いて下さい。
気が付けば、地下の喫茶室 ここ…
○○さんったら… ●●さんとお知り合い?
元会社の上司で…    元嫁です…
留美    あっ… ごめんなさい… 
俺   いえ… 

俺も留美も、困った顔をしていた。
ごめん 留美さん… 俺 女性と話すのが…
怖くって… ●●さんのせいですか? コクッ… 気付けば、俺と元妻の事を話ていた。

俺は留美の顔を見詰め 留美も真剣に顔みて聞いている。 
○○さん! 大丈夫です! ちゃんと留美と話してますから~

あっ! 聡美から… もう… 続きは…
明日は、お休みですか? あっ…はい!
18時に、駅前ロータリーで、良いですか…
あっ? はい! 俺で…良いですか…
約束ですよ! お願いします。 
はい! 留美は、頬を赤らめ笑顔で応えた。
俺は、留美に案内され面談を終えた。

俺は、仕事を何とか定時で終わらせ、待ち合わせのロータリーに… 手を振る留美さんが、迎えてくれた。
元嫁と別れて、女性と話する事が苦手だが…留美が少しずつ、変えてくれるのが伝わる。

俺 39歳 留美は、まだ24歳だった。
男女の交際には、留美とは諦めていた。
しかし… 留美は俺との事を、真剣に思っていた。

数度となく、留美と食事やショッピング、ハイキングと清い、楽しい日を過ごした。

今度の連休! 旅行に行きたい!と留美が言い出した。 俺と? 泊まりに成るけど?
うん!   留美行きたい! わかった!
やった~ 計画は、留美に任せて下さいね!

当日 忘れもしない暖かく快晴
エヘヘ… 留美は、可愛いワンピース姿だ!
俺は、留美を助手席に乗せ、車を走らせた。
シフトレバーを握る俺の手に、留美の柔らかい手が、重なり…俺の肩には留美の笑顔が…
観光を楽しむ留美は、俺の腕に絡める。

夕方 旅館に、到着しフロントでチェックインした。
○○… 妻 留美 恥ずかしそうに、留美が書いている。

中居さんが、部屋に案内してくれた。
あなた~ と絡める腕と満面の笑顔…
部屋に、案内され留美は、俺の横に腕を絡め座り、お茶を淹れる中居さんと話する。
旦那様と、ご旅行ですか? 
はい! ね! あなた~ 
そう言うと、俺の顔を見詰めた。
ご夕食は、18時で宜しいですね? はい!
ごゆっくり、お楽しみ下さい!
と中居さんは、部屋を後にした。

あなた~  温泉です!  入りましょ!
留美… ここって はい! 留美… 駄目!
あなた~ 内風呂だし! 観念して早く!
俺は、留美の言うがまま… 
留美は、俺を綺麗に洗い流した。

知り合って、半年初めて留美の裸体を…
留美は、恥ずかしそうに抱きついてた…
あなた… お願いします…  留美…
俺と留美のファーストキス…

留美の柔らかい唇は、少し震えている…
俺は、隠していたタオルを取り、留美の柔らかい乳房を揉む… 留美の吐息が艶づく…
あなた…優しくしてください…虚ろな目で…

俺は、留美の秘部…を優しく、撫でた…
アアッ アア… 俺は、無我夢中で留美の秘部を舐めていた…留美は、足腰を振るわせた…
留美… はい! あなた… きて…
俺は、留美の右足を…そして…留美の秘部に…
痛い… 留美は、痛がった。
留美…ごめん… 大丈夫です…いれて下さい…

俺は留美を、少し未だ濡れたまま…
奥の寝室の布団に、初めてお姫様抱っこ…
キス… 留美の秘部を撫でつつ…乳房を揉み…
もう一度、秘部を優しく舐め…挿入した…
留美… はい… あなた… いた…アッアン…
留美… あなた… アアッ アアン

こうして留美との初めて交わった…
その夜… 留美と俺は、何度となく求めあった。
朝 目覚めると留美は俺の胸で、俺の顔を可愛い顔で見詰め…
あなた~ 責任取って下さいねっ!
留美の初めて… だから…
そう言うと…唇をかさねた。

俺と留美は、その足で同棲 娘が 結婚と15年が経ち…今でも、可愛い留美の笑顔は、ずっと…俺の胸で、見詰められ目覚める。

4 COMMENTS

匿名

懲りない人だね~
カタカナを漢字にしたって、誰か分かってしまうし、毎回、同じ登場人物でよう続きますわ。

返信する
匿名

私の書き方を真似して、成り済ましをするのは、本当にやめて下さい。

返信する
るみっこ

折角投稿されたのに、、酷い誹謗中傷ですね!
3つのコメントは、ただのクレーマーでしょうか?
る○こは、る○こです!
自分とは、関係ない!

返信する

コメントを残す