エッチ体験談 13,000話 突破!!

欲求不満な義母

四十路男さんから投稿頂いた「欲求不満な義母」。

40代半ばのおっさんだけど20歳以上歳下の女性と結婚出来たんだ!
嫁母、つまり義母も俺より7つ歳下で嫁と並んでると姉妹に見えるくらい若作りで可愛らしいんだ。

それでまあ、嫁は俺と付き合い始めの頃から義母に色々と俺の事を話してたみたいでな、どんな風にエッチしてるとかアソコのサイズ感とか諸々把握してるみたいなんだ。
何故それを俺が知ってるかって?
義母から聞いたからだよ。
どうも義父は昔から淡白で、嫁が生まれてからは更に営みが減って今じゃ月に一回有るか無いからしいんだ。
それで俺と嫁が毎日致してるって事を聞いて義父がハッスルするようなアドバイスが欲しいと相談されたのよ。
義父は文系で身体を動かすのが好きじゃないらしく、俺は体育会系で趣味が筋トレなんだ。
男性ホルモンの量が性欲に関係してるから、亜鉛を多く含む食事と運動を推奨したんだ。
亜鉛は男性ホルモンと精子の製造に関わるし、運動も男性ホルモンの分泌を増やしてくれるからな。
だけど本人がやる気にならなきゃ続かないし、いきなり変化するってわけじゃないから時間も掛かる。
そう言ったら義母が欲求不満が溜まりすぎて辛いってカミングアウトされたんだ。
しかも何故か俺にしな垂れ掛かってきて。
2人きりの状態で歳下の可愛らしい義母にこんな事されて、つい抱きしめて頭撫でちゃったんだ。
ハッと気付いた時には遅かった…。
義母の腕が俺の首に回されてキスされて舌を絡めてきたんだ。
疼く身体を持て余した欲求不満の女性を甘く見てた。
ソファーに並んで座ってたのに、スルッと膝に乗ってきて逃げ道を塞がれる。
下手に引き剥がすと怪我させそうで力ずくは苦手なんだ。
なかなかのサイズの胸が押し付けられるわ腰をクネらせてくるわで、どうしても股間が反応してしまう。
ムクムクと起き上がって硬くなった息子がズボンの前を膨らませ義母の下腹部に当たってる。
ピクッと反応した義母がキスから解放してくれたんだが、視線を下に落として元気になってズボンを膨らませてる息子をジーッと見てる。
義母に反応して恥ずかしいやら情けないやら…。
どうするべきか悩んでると義母が不意に俺と目を合わせてニヤッと笑い舌なめずりをした。
食われる!って本能で理解出来た。
首に回された腕が解けてズボンのチャックに手が掛かった。
義理とは言え母だし、何よりも嫁を裏切る事になるから何とか思い止まってもらおうとした。
だけど…潤んだ瞳で見つめられては俺も強く出れないし、何よりも義母とギクシャクした関係になるのも嫌だった。
言葉に詰まっている内にチャックを下ろされ息子を引っ張り出されてしまった。
恥ずかしいくらいギンギンになってる。
義母も義母でギュッと握るんじゃなく、ふんわりと優しく握ってくるから気持ち良いんだ。
嫁は少し強めに握ってくる事が多いから、こんな風に柔らかく握られるとその気になっちまう。
息子を握ったまま膝から降りた義母がフェラチオしてくる。
激しさは無いけど柔らかな舌使いと優しいフェラチオだ。
俺の息子をじっくり堪能してると言ったところかな?
強く激しくフェラチオされるのも良いけど、こんなフェラチオも良いもんだ。
金玉がせり上がり精子が込み上げてくる。
このタイミングで尿道口を舌先でクリクリとされて敢えなく射精。
ブビュッと勢い良く義母の口に出してしまった。
射精しちまったらもう嫁に言い訳できないわ。
義母は少しだけ口の端から精子を零したけど、中に入った分は全部飲み干して、口の端から零れた精子も指で掬って舐めてた。
それがエロすぎて勃起しっぱなしだよ。
義母も期待した目で見てくるし。
こうなったら一発やらなきゃ収まりつかない。
義母を抱っこして寝室に案内してもらい、ベッドに寝かせて下着だけ脱がす。
全部脱がして万が一の時に間に合わないと困るからな。
義父との営みが少ないせいかほとんど手入れされてない感じだ。
義母もそれを恥ずかしがってる。
それはそれで興奮するから良いんだけどな。
フェラチオのお礼に俺も優しくクンニをしてあげる。
じっくりネットリとな。
マンコをヒクヒクさせてイキそうになってるんじゃないか?
簡単にはイかせないよ。
たっぷり焦らして俺の息子で満足させないとな。
だがここで重大なミスをした。
コンドームが無いんだ。
嫁とは生でしかやらないから俺も嫁も持ってない。
義母に確認すると切らしてると言う。
これは急いで買って来ないとお互いに不完全燃焼になってしまう。
クンニを切り上げてコンドームを買いに行くと言ったら、待ってられないから生で良いと言われた。
そこまで言われたらやるのが男だろう?
生って事は中出しオーケーって意味だし。
上気させた顔で期待してる義母に息子を生で挿入する。
流石は欲求不満のマンコだ。
めちゃくちゃ吸い付いてくる。
義母も挿入しただけで軽くイッてるし。
気合を入れ直さないと俺もすぐに射精しそうなマンコだ。
俺は義母の脚を方に乗せて体重を掛けて腰を打ち付ける。
嫁にも劣らない極上の義母マンコを容赦無く激しく突く。
久しぶりの営みでこれはキクだろう。
呆気ないほど簡単に義母がイク。
もの凄い締め付けに俺の息子も悲鳴を上げて精子を吐き出した。
ドクドクと義母の中に流れていってるのがわかる。
激しく息を乱した義母をひっくり返して寝バックで再挿入。
まだイッた余韻が残っている内に再度激しくマンコを突いた。
予想通り義母は時間を置かずに再びイク。
この締め付けはさっき経験したから気合いで乗り切りマンコを突き続ける。
イッてる最中に突き続けられるのは初めてのようでイクのが止まらないみたいだ。
ビクビクと身体もマンコも痙攣しっぱなしだ。
女のこんな反応は嫁と付き合い始めた頃にしか経験無いから懐かしい。
ギリギリまで込み上げる精子に耐えてから子宮口に息子を押し当てて射精した。
中出しで派手にイク義母はもう限界だろう。
ビクッビクッとまだ痙攣が続いてて目も虚だ。
ゆっくりと息子を抜き義母の口元に突き付ける。
意識がハッキリしてないのか、震える手で息子を握り虚な目のままフェラチオしてくれた。
この歳になると3回も出せば打ち止めだ。
硬さも失いつつある息子をいつまでもフェラチオさせるのも悪いから口から引き抜こうとした。
だけど義母が急に強く吸ってきて息子から口を離そうとしない。
仕方なく義母が満足するまで咥えさせてやった。
もうすっかり硬さと大きさを失った息子をいつまでも口に含み続けるなんて相当溜まってたんだな。
だけどいつまでもこうしてる訳にはいかないんだよな。
もうすぐ嫁が買い物から帰って来るし。
それを義母に言うとようやく息子から口を離した。
義母はまだ動けそうに無いのでマンコをティッシュで拭いてやり下着を穿かせる。
もう一度抱っこしてリビングのソファーに座らせれば嫁が出掛ける前と同じ状況に戻る。
軽く服装の最終チェックをして義母の髪の乱れも直して嫁の帰宅を待った。

コメントを残す