エッチ体験談 13,000話 突破!!

身体の相性が良すぎた君へ

元彼さんから投稿頂いた「身体の相性が良すぎた君へ」。

君の素敵な笑顔、甘い香り、忘れません。
透き通るような白い肌、当たり前のように揉んでた乳房、舐めてた股間、忘れません。
君の舌が絡まる亀頭の感覚、カリをなぞる感触、忘れられません。

君の抱き心地、柔らかくて、温もりが嬉しくて、忘れられません。
膣壁のザラつき、感じてくると下りてきた子宮口に亀頭が当たるあの感触、忘れられません。
はじめはアニメ声っぽい喘ぎ声なのに、いつしか艶かしい喘ぎ声になってましたね。
ちょっと、カマトトぶったセックスが可愛かったですよ。
少し意地悪なセックスが好きだった君は、Mっ気があったのかもしれませんね。

今までで一番身体の相性が良かったから、ズルズルと3年も付き合いましたが、君に私は相応しくありませんでした。
君の友達に言われて、気が付きました。
君も、あの友達から忠告されて、私に別れを告げたのでしょうね。
学歴が全てではありませんが、君にはもっと高スペックな男性がお似合いです。
私にはもったいなかったのです。
それは認めます。

別れて半年過ぎましたが、お元気ですか?
あなたに相応しい素敵な男性は見つかりましたか?
私は、もう1週間でここを出ていきます。
私には都会より田舎の方が似合うから、帰郷します。
もう、一生会うこともないと思うと辛いけど、もう終わったんです。
3年間、本当にありがとうございました。
これで、本当にさようならです・・・

3 COMMENTS

匿名

体験談はこのくらい短い方がスッキリ読めて、しかも心に残るから良いです。最近のはダラダラ長いのが多くて…

返信する
匿名

私初めてだよ。お別れなんて、言ってないよ…誰にも、何も言われてないよ。嫌がらせされても、何があっても、あなた愛してるよ。

返信する

コメントを残す