エッチ体験談 13,000話 突破!!

昨日はかわいい嫁さんと

オナ禁男さんから投稿頂いた「昨日はかわいい嫁さんと」。

オナニーしない生活をして、1年くらいになる
つまり、女性とのsex以外では射精していない

最近は、前回までに投稿したミキさんとのsexがメインだったが、昨日は久しぶりにかわいい嫁さんとのHで射精することができた…

僕とsexする女性には、必ず喜んでもらいたいし、女性にオーガズムを味わって頂いてから、射精するという事を決めている

この日、とも(嫁さん)と自然な流れで、長い時間をかけてキスをした…
胸、乳房、首すじ、耳、腋、ともの好きな箇所を知り尽くしている俺は、ゆっくり時間をかけて愛撫する

ともは、愛撫だけでも、必ず一度オーガズムに達する…乳房に吸いついて、優しく、ゆっくり、時間をかけて舌で転がす時に、イク事が多い…

「ん…ふぅぅぅぅん…あ…や…イ…クッ…」

と静かにのけぞり、可愛いくイッた…

イッた後…ともの足にしばらくキスをしたり…ゆっくり時間をかけて足の指を舐めた…

「や…あぁぁ…」

「とも…気持ちいい?」
「もっと…?」

「ぅん…シテ欲しい…」

とものマンコを舐めたくなり、
パジャマに手をかけ…
ショーツごと、脱がせると…

「ぁ…ゴメン…生理…」

と、可愛いく手で隠す…

僕は、ともの生理のサイクルを把握していたが、
最近になって、不順気味との事…

「口でシテあげるね…」

今回は、3週間射精していなかったので、
ペニスはパンパンになり…溜まった睾丸が大きく膨れていた…

ともは、そのペニスと睾丸を確かめるように、手で撫で…裏すじ…睾丸のシワ一つ一つを舌先でなぞった…

睾丸に吸いついて、舌を使って口の中でコロコロ転がす…

我慢汁が先っぽから溢れ…
「ああぁぁ〜とも…気持ちいい…」
と、思わず声が出る

ともは、ガチガチにそそり勃った、ペニスをしごき…ゆっくり、口の中へ挿れて行く…

「あっ…あああっ…うううん…」

俺は思わず、脚をともの胴体にからめ、腰が持ち上がるほどの快感が走る…

しっかりと吸いつきながら、口の中で、裏すじ…カリ…の順番で舌を絡めて…俺を射精に導いてくれる…

「とも…いい?イキそう…」
「出していい…?」

「いいよ…口で出していいよ…」

ペニスの先から、少しずつ精液が漏れ出す…
その後…2〜3回にわけて勢いよく、飛び出すのがわかる…その度に腰が持ち上がり、ともの口の中に射精する快感に浸ることができる…

精液の量が多過ぎて、ともの口から溢れ出て来た白い液体は、ともの唾液と混ざり合い、陰毛がベットリ濡れた…

射精の勢いが良すぎて、半分は飲み込んでしまったらしいけど、もう半分は、ティッシュに出していた…

次回は、挿入してイカせてあげたい…
マンコもアナルも、全身愛撫してあげて…
何回もオーガズムを味わってもらいます。

6 COMMENTS

匿名

えーーーーーっ??奥さんを抱いたの?
ミキちゃんは??
まさか、飽きたんじゃないでしょうね!!

返信する
オナ禁男

コメントありがとうございます。笑
ミキさんも、嫁さんも魅力ある女性ですよ♪

返信する
オナ禁男

いろんな考え方があると思います。。
ミキさんにも、愛する旦那様…いらっしゃいます。
それぞれの魅力を尊重していますよ♪

返信する

コメントを残す