エッチ体験談 13,000話 突破!!

悪戯は楽しくて気持ち良い

悪戯っ子さんから投稿頂いた「悪戯は楽しくて気持ち良い」。

僕はママとお姉ちゃんに悪戯するのが楽しみな子供だった。
だって反応が面白かったから。

ママに後ろから抱きついてお尻の割れ目に顔埋めて喋ると声が響くみたいでママが笑い出すし、お姉ちゃんが何か飲んでたら電話してる時にマンコ触るとビックリして飛び跳ねるんだ。

そんな悪戯しても怒られた事はないし笑って許してくれる。

悪戯好きなまま育って性の知識も色々と増えたC学生時代。

洗い物をしてるママのお尻に顔埋めて話しながらマンコ触ってみた。

お尻をフリフリして逃げようとするから頭が揺れて気持ち悪くなった。

顔はお尻から離してマンコ触るのだけ続けた。

だんだん下着が湿ってきてエッチな匂いがし始める。

かなり下着が濡れてニチャニチャ音がし始めたら、ママの様子が少し変だ。

いつの間にか洗い物をする手を止めてるし、シンクの縁を掴んでプルプルしてる。

それでも悪戯を続けてたら「んん〜!」と変な声を出して身体をビクビク震わせてた。

振り返ったママの目はトロンとしてて頬も染めて色気ムンムン。

こんなママは初めて見たからドキドキした。

これ以上は怒られそうだからマンコ触るのやめて立ち上がる。

もう悪戯してないのにママはジッと僕を見つめてくる。

なんか変な空気感。

続けて欲しかったのかな?と思い立ちママにピッタリ密着して後ろから手を前に回して下着の中に手を入れて直接マンコを触った。

正解だったみたいでママが上体を放って振り向き僕にキスした。

ママとキスなんて小さな頃以来だったけど、昔と違うのは舌が入ってきた事。

ニュルンとママの舌が僕の口に入ってきて僕の舌に絡みついてくる。

ママの右手が僕のズボンのチャックを下ろしてチンコを触ってくるから硬くなっちゃう。

ママと舌を絡めながらアソコを触り合ってたら、パパとお姉ちゃんが来て慌てて離れた。

ママの手が気持ちよかったなぁとかマンコ柔らかくてヌルヌルでチンコ入れたら気持ち良さそうだなぁなんて考えてた。

キッチンカウンターで下は隠れて見えないし悪戯の続きしたくなってママの後ろに立つ。

スカートの裾を持ち上げて腰に挟んで下着を太ももの真ん中くらいまで下げた。

パパとお姉ちゃんが向かいのテーブルに居るからママは驚いても声を出さない。

ママの腰を持って手前に引いてお尻を突き出させた。

エロ動画だと舐めたりしてたよな?なんて思い出しながらママのマンコを舐めてみた。

全体的に柔らかいけど、ビラビラが特に柔らかくて舌触りが良い。

ヌルヌルした愛液も舌に絡みついて微かな塩気を残して喉に流れていく。

これは美味しいし楽しい。

夢中で舐めてたら誰かぎテーブルからこっちに歩いてくる足音が聞こえた。

急いでスカートの裾を戻して隠れる。

声からするとお姉ちゃんみたい。

ママと何か話してるけど、僕は聞き流してマンコを舐め続けた。

そしたら急にお尻をグイッと突き出してきて僕の顔に押し付けるんだ。

そのせいでママのアナルで鼻を潰された。

ブルブル震えてるから気持ち良くなりすぎたのかな?

鼻を潰された仕返しに舌をマンコに入れてみた。

ピクンと反応があったし、お姉ちゃんとの受け答えも少し乱れだした。

舌でマンコの中をかき回す。

愛液がどんどん溢れてくるから飲むのが大変。

口の周りがビショビショになっちゃった。

足音が遠ざかったからまたスカートの裾を持ち上げて腰に挟んで空気の入れ替え。

ママの匂いがこもってムンムンしてたからね。

ママが振り向いてたから見上げたら少し怒ってる。

やり過ぎたなぁと反省して立ったら、ママにチンコを掴まれた。

引っ張られると痛いです。

そのままマンコの入り口に誘導されて固定した。

口パクで早くと言ってるみたい。

怒らせちゃったのは僕なので素直にマンコにチンコを入れた。

ニュルンて先っぽが入ったんだけど、ママの中が気持ち良くてもっと奥まで入れたくなる。

手が離れたからズブズブと根元まで入れちゃった。

凄く熱くてチンコ火傷しそう。

ヌルヌルで気持ち良いから自然と腰が動いちゃう。

パパとお姉ちゃんが居るのに気付けばママに抱き着いて腰振ってた。

全然腰が止まらない。

むしろドンドン激しく振っちゃう。

もう出そうって時にママのマンコがキュッと締まって、ビュルっと中で出しちゃった。

ママの中で出てる〜と解ってるのにまだ腰が止まらない。

出しながら振り続けてるから精子も止まらない。

壊れた蛇口みたいに精子を出し続けた。

こんなに出したの初めて。

出しすぎて腰がガクガクして振れなくなった。

ヌポッて感じでチンコを抜くと、マンコから精子が逆流して溢れ出してくる。

ママの下着の中にボタボタ精子が落ちるけど、ママは気にせず下着を持ち上げて穿いちゃった。

スカートも戻して飲み物持ってパパとお姉ちゃんの居るテーブルに向かう。

腰に力が入らなくて歩き辛い。

ママは僕とあんな事したばかりなのに普段通りだ。

僕はまだ余韻が残っててボーッとするのに。

お姉ちゃんが心配して顔を覗き込んできた。

何でもないって言ってるのにしつこいから、テーブルの陰でスカートに手を入れてマンコ触った。

それで覗き込むのをやめてくれたけど、マンコ触るのはやめなかった。

お姉ちゃんも態度は崩さずに普通に話をしてる。

だけど下着はみるみる濡れてきてビチョビチョになっていく。
どこまで耐えられるかな?と思いつつ下着の中に手を入れて直接マンコを触った。

流石にこれは効いたのか、返事が遅れたり聞き逃しが多くなっていく。

面白くて触り続けたらビクビクって小刻みに震えた。

そして僕の方をキッと睨むんだ。
お姉ちゃんも怒らせたかなぁって手を離そうとしたら脚を閉じられて手が抜けない。

今度はゆっくりじっくり触り続ける。

そしたらお姉ちゃんの手が伸びてきてズボンの上からチンコ触ってくるんだ。

さっき拭いたから乾いてると思うけど、ママの感触が上書きされそうでチンコ出す気になれない。

そんな僕の気も知らずにチャックを下ろされてチンコ出された。

あれだけ出したから触られても硬くならないと思ってたのに、しつこく触られたら元気になっちゃった。

お姉ちゃんの手の感触でママのマンコの感触が上書きされちゃう。

ビンビンになったらお姉ちゃんが肩揉んでと言って僕の膝に座ってきた。

座る位置を調整しながらさり気なく下着を膝まで下ろしてる。

生尻にチンコ挟まれてるんですが。

少し肩を揉んであげたらもう良いよって言われたんだけど、全然膝から降りてくれない。

仕方なく後ろから抱きしめる感じで腰に腕を回す。

お姉ちゃんが前のめりになってテーブルに膝をつく態勢になった。

まるで下を身体で隠してるみたい。

お姉ちゃんの腰が少し浮いたから、チンコの向きを調整してマンコの入り口に先っぽ当ててみた。

ゆっくりお姉ちゃんの腰が下りてきてチンコがマンコに入っていく。

ニュルゥ〜と根本まで入っちゃって、ママよりも狭い穴がキツく締めてくる。

話に合わせてオーバー気味にリアクションしながら腰を打ち付けてくる。

バレそうだから前に回した手でクリトリスを触る。

ビクンッと反応してマンコがギュッと締まった。

それでビュッと精子が出ちゃった。

ズッポリ奥まで入ったままビュルビュルお姉ちゃんの中に精子が流れ込んでる。

キュンキュンとリズミカルにマンコが締め付けを繰り返してくる。

座ってるのに腰抜けそう。

負けた気がして悔しいからクリトリスをいっぱい触った。

ビクンビクン腰を震わせて余計にマンコの締め付けが強くなる。

引き分けかな?

そろそろ僕の足も痺れてきたし、いつまでも入れたままじゃ居られないからソッとお姉ちゃんの下着を引き上げる。

少し腰が浮いたからチンコ抜いて素早く穿かせる。

さっきママが精子逆流させて溢れさせてたからね。

ズボンに垂れたら嫌だもん。

ここでチンコ拭けないからそのまましまう。

やっとお姉ちゃんが膝から降りて椅子に座ってくれた。

僕はしばらく立てないかも。

そろそろ夕飯の支度だって言ってママがキッチンに入る。

パパはテレビをつけて野球を見だした。

ママに手招きされて僕はフラつく足取りでキッチンに入る。

ママの横の立ったら、お姉ちゃんに悪戯してたの怒られた。

パパは気付いてないみたいだけど、ママにはバレてたみたい。

それでお姉ちゃんもキッチンに呼ばれて来て、ママに怒られてた。

だけどママも悪戯されてたってお姉ちゃんに教えちゃうから、今度はお姉ちゃんに僕は怒られる。

どっちが気持ち良かったか聞かれたけど二人とも気持ち良かったから決められない。

そしたら下着を脱ぎだして、どれだけ沢山精子出したか比べ始めた。

お姉ちゃんには一回だけだし、ママには連続で出し続けたからママの圧勝。

納得いかないお姉ちゃんは後ろ向いてお尻を突き出してきてチンコを欲しがる。

僕がもう腰が砕けて無理って言ったら床に押し倒された。

ママが見てるのにチンコしゃぶられて強引に元気にさせられて上に乗られた。

ママより沢山出すまで抜かないって言われて気絶しそうになるくらい出させられた。

もう無理って言ったらお姉ちゃんもやり過ぎたと思ったみたいで僕の上から退いてくれた。

チンコ抜けたらボタボタ精子が溢れ出す。

ママに向かって勝ち誇った顔したのが間違いだと思う。

床に転がって動けない僕にママがキスしてきたと思ったらチンコしゃぶられた上にアナルに指入れられて強制勃起。

今度はママが乗ってきて腰を振る。

ほとんど何も出なくなってるのに繰り返しイかさせられて辛い。

たぶん一生分の精子出したんじゃないかな?

満足したママが僕の上から退く。

息するのも辛い。

悪いと思ったのかママとお姉ちゃんがチンコしゃぶって綺麗にしてくれて、ちゃんとズボン穿かせてくれた。

邪魔にならない所まで移動させられてしばらく座って休んだ。

夕ご飯が出来てもフラフラだったけど、何とか立てるようになったからテーブルにつく。

ママとお姉ちゃんが気遣ってくれるけどそれなら何度も精子を出させないで欲しい。

ご飯の後にゆっくり休んで体力回復。

まだ少しフラつくけどお風呂にゆっくり浸かって腰を労る。

部屋に戻るとお姉ちゃんとママが交代で様子を見に来てくれて、腰をマッサージしてくれた。

一晩寝てもまだ腰がダルいけど、部屋を出た所でお姉ちゃんと顔を合わせたから部屋に引き込んで仕返しをした。

指と舌でグッタリするまで悪戯してからマンコにチンコを入れる。

もうダメとか言っても腰を振って中に出した。

お姉ちゃんにはリベンジ成功したから次はママだ。

今日はパパは朝早く釣りに出掛けたはずだし、ママも起きてるはず。

リビングに行くとママがソファーに座ってテレビ見ながらお茶飲んでた。

後ろから静かに近付いてチンコ出して顔の横にズイッと差し出した。

いきなり顔にチンコが触れてビックリして振り返ったママは、チンコを見てすぐにしゃぶってくれた。

主導権を渡すとまた負けるから程々の所でママの口からチンコ抜いてソファーにママを押し倒す。

今日はデニムのズボンだったから下着と一緒に脱がしてお姉ちゃんのように指と舌で悪戯。

マンコがビチョビチョになってグッタリしたらチンコ入れて腰を振った。

お姉ちゃんよりもチンコに慣れてるから降参の声がなかなか出ない。

負けるもんか!と気合を入れて腰を振り、なんとか勝利して中に出す。

僕とお姉ちゃんのご飯を用意してくれると言ってママがフラフラとキッチンに入っていったから、追いかけて後ろからまたチンコ入れた。

そしたらお姉ちゃんが来てママもやられてるねなんて笑ってる。

ママの膝が笑い始めて立ってるのも辛そう。

床に崩れ落ちて四つん這いのママの上半身を抱き起こしてシャツを脱がして片手でオッパイ揉んで片手でクリトリス触りながら腰を振り続ける。

ママが凄い痙攣してお漏らししちゃった。

大人なのにお漏らしするだらしないマンコに中出し。

お姉ちゃんが目を見開いて近付いて来たから、引き寄せて服を脱がせて押し倒す。

ママの横でお姉ちゃんに覆い被さってマンコにチンコを入れて、僕もシャツを脱いだ。

オッパイ吸いながら腰振ったらお姉ちゃんもビックンビックン痙攣してお漏らしした。

二人分のオシッコで床がビショビショ。

僕の下腹部も濡れたし、躾の為に中出しする。

グッタリしてる二人の間にチンコ差し出して舐めさせた。

今日は完勝出来て気分が良い。

一生懸命舐めてくれたから二人の顔に精子掛けてあげた。

ついでに床の雑巾掛けもして綺麗にしてあげてから朝ご飯。

何故か二人とも服を着ない。

僕の服も取り上げられて三人揃って裸のまま。

しかも狭いテーブルなのに横並びに座ってご飯食べてる。

真ん中の僕はかなり狭苦しい。

最初に僕が食べ終わったから、二人の背中から腕を回してオッパイ揉んだ。

二人とも乳首勃たせて可愛い。

指で挟んでクリクリしてあげると気持ち良さそうにする。

そこで昨日ママにアナルに指入れたのを唐突に思い出した。

ママのオッパイ揉むのやめてお尻の下に手を入れる。

手探りでアナルを探して指を入れた。

グニッて感じで指が埋もれていく。

第二関節くらいまで入れて中で動かしたらママの箸が止まった。

お姉ちゃんが何してるのか聞いてきたから教えたらお姉ちゃんもやって欲しいと言い出した。

お姉ちゃんのアナルにも指を入れて中で動かす。

二人して箸が止まって変な声出し始めた。

気持ち良いのかな?

ママなんて自分でマンコ触り始めたし、お姉ちゃんは自分の胸を揉みだした。

二人に顔をこっちに向けさせて三人で舌を絡め合った。

王様になったみたいで気分が良い。

ご飯なんてそっちのけだ。

このままじゃダメだと思って、ご飯を食べ終わったらまたチンコ入れてあげると言ったら二人して急いでご飯食べ終わらせてた。

片付けはママとお姉ちゃんがしてくれて、僕はアナルに指を入れたまま二人の後をついていく。

こんなに二人が気に入ってくれるならもっとアナルも悪戯すれば良かったと思う。

食器洗いも終わったから、二人にジャンケンしてもらって順番を決める。

ママが勝ったから先にママのマンコにチンコを入れる。

負けて悔しいのか、お姉ちゃんがママの顔を跨いでマンコ舐めさせてた。

僕はママのマンコを突きながらお姉ちゃんとキスした。

三人同時に楽しめて良いかも。

ママが痙攣してマンコが締まる。

お姉ちゃんも痙攣して僕を強く抱きしめる。

口はお姉ちゃん、チンコはママと繋がったまま中出しした。

ママに出したらすぐにお姉ちゃんと交代。

ママがお姉ちゃんの顔を跨いで精子の溢れるマンコを舐めさせる。

僕はお姉ちゃんのマンコにチンコ入れる。

腰を振ってお姉ちゃんを気持ち良くさせてママとキス。

ママの方がキスは上手い。

ママの中に出したての精子を吸い出す音が聞こえる。

ママが僕をキツく抱きしめてきて、お姉ちゃんのマンコがギュッと締まってこしが跳ね上がる。

僕も耐えられずに中に出す。

あ〜気持ち良い。

マンコこらチンコ抜いたらママがお姉ちゃんのマンコに吸い付いて精子を吸い出してた。

ママとお姉ちゃんがお互いにマンコ吸いあってる姿はエロい。

しかもそのまま二人共また痙攣してるし。

床に仰向けで転がる二人に、順番に跨ってオッパイにチンコ挟んだ。

マンコに入れるのとは違う気持ち良さ。

お姉ちゃんもママも顔を上げてチンコの先っぽ舐めてくれるし最高。

ご褒美に二人の顔に精子掛けてあげた。

ママもお姉ちゃんもドロドロの顔で満足そうな笑顔だ。

汚れた二人を起こして肩を貸してお風呂に連れて行く。

三人だと狭いけど洗いっこして汗と精子を洗い流す。

せっかく綺麗にしたのにお風呂上がりも休憩しながら何度も二人のマンコにチンコ入れた。

欲しがるんだもん。

リビングだとパパが帰ってきた時に間に合わないからって僕の部屋に移動してベッドで楽しんだ。

二人に挟まれて休むの気持ち良い。

夕方にパパが帰宅した。

三人で出迎えたら釣果を嬉しそうに話してくれた。

僕達三人も楽しめたし良い1日になった。

夕飯の支度中はママが魚を捌くのに包丁使って危ないから、隣に立つお姉ちゃんのマンコに悪戯してチンコ入れる。

中に精子出したら夕飯食べて、洗い物してる時はママのマンコに悪戯してチンコ入れる。

二人とも腰振りながらアナルに指入れると喜んだ。

ママのマンコの中にも精子出したらお茶用意して家族団欒。

パパの話を聞きながら二人共マンコから僕が注ぎ込んだ精子溢れさせてると思うとゾクゾクする。

皆んなも良かったらママやお姉ちゃんか妹さんに悪戯してみてね。

凄く気持ち良いよ。

2 COMMENTS

不如帰

長えなオイ!
妄想にも限度っつーモンが
あんぞ!
イマジネーション貧弱
だから、どっかで聞いた
噺の寄せ集めだし…興奮
しねーんだよ!

返信する

コメントを残す