エッチ体験談 13,000話 突破!!

元カノの雰囲気を感じられる部屋に戻った僕

ヘタレさんから投稿頂いた「元カノの雰囲気を感じられる部屋に戻った僕」。

毎週末、元カノと待ち合わせてデートして、元カノのアパートか僕のアパートでセックスして、一緒に朝を迎えてた。
元カノ、本仮屋ユイカさんに似てて可愛かったんだ。
僕が25歳で元カノが22歳で交際が始まったんだ。

清純そうな元カノ、初めてのベッドインの時、
「私、初めてじゃないんだ。ごめんね。」
って言ったんだ。
本当に清純そうだったから、ちょっぴりショックだったけど、でも、こんな可愛い子が22歳まで手付かずのはずがないって思ったよ。

元カノ、スレンダーな身体を恥ずかしそうに開いてくれた。
非処女とは思えないくらい綺麗なピンクのオマンコだったよ。
クリトリスが包茎じゃなくて、皮からピョコンと出て大きかった。
「クリトリス、異常に大きいでしょ?それ、初めての彼だった前彼に、キャップで吸い出されたの・・・そういう人と付き合っちゃったの・・・」
なるほどと言う思いと、まだ幼くて清純な元カノに変態的なセックスを仕込んだ前彼に激しい嫉妬心を抱いたのも事実。
実際、そのクリトリスをクンニすると、元カノは七転八倒するほど感じて、クリトリスだけで逝ってしまうんだ。
その姿は、普段の清純そうな本仮屋ユイカさん似の元カノのイメージを覆すほどだった。
フェラチオも上手だったし、セックスも中でしっかり感じてたし、完璧に開発されてた。

「大きいクリトリスも、男性経験がちゃんとあることも、先に言っておいた方がいいと思ったの。フラれるなら、夢中になる前のほうがいいから・・・」
そんなふうに言ってくれた元カノだったけど、2年後、僕が転勤になって、100kmくらい離れちゃったんだ。
その時、
「一緒に来てくれないか?」
とプロポーズしたんだけど、
「そんな、急に言われても・・・」
って断られたんだ。

新幹線で2駅、中間の駅で待ち合わせてデートしたり、僕が高速飛ばして元カノのアパートを訪ねたり、最初のうちは良かったんだけど、100kmって、近いようで遠いんだ。
毎週会ってたのは半年くらい、そのうち隔週になって、やがて月イチ・・・
転勤して1年後、満を持してポロポーズしたら、
「ごめん・・・もう、終わりにしよう・・・これ以上は続かない・・・」
と断わられたどころか、別れを告げられた。
胸がガラスだったら粉々になっていたと思う。

元カノにフラれてから8年、転勤に転勤を重ね、今年、元カノと過ごした街に戻ってきたんだ。
僕、バカだから8年前に住んでたアパートに空きがあったので、そこに入居した。
部屋は違うけど、間取りはおんなじ。
8年前と同じ位置に家具を置いて・・・今にも元カノが訪ねてきそうだった。
元カノとの思い出が溢れた街、待ち合わせをした住宅街の公園、よく買い物をしたスーパー、たまに入ったラブホ、あの頃が思い出されるよ。
でも、元カノのアパートを訪ねたりはしない。
だって、僕はもう36歳だし、元カノだって33歳、あのアパートにいるわけないし、きっと結婚してると思うから。

ここに戻ってくるまで、2人の女性と交際した。
でも、元カノをあまりにも好きすぎてて、元カノがあまりにも理想の女の子だったから、その時付き合ってた女性と元カノを比べてしまうんだ。
そして、元カノをまだ好きな自分を確認しちゃうんだ。
そして、転勤の都度別れてた。
一緒についていきたいみたいなことを言われたこともあったけど、断ってしまった。
そんなだったら付き合わなければいいのに、失礼な僕を今、反省してる。
元カノと過ごした街に戻ってきて、元カノと過ごした部屋に戻して、ここで僕は変わろうと決心したんだ。
実際にはいない元カノに、僕が変われたことを見て欲しいんだ。

部屋にいると、いろいろ想像する。
こういうとき、元カノはいつもこう言ってたなあ。
もし、今の僕ならこういうだろうな。
なんてね。
仕事は失敗を経て成功に導かれるんだけど、元カノは二度と戻ってこないんだよね。
だって、あの後新しい彼女が出来ても、最初から新しい彼女について学ばなければならないんだもんね。
なんだか、そういうのに疲れちゃったよ。

もう、あんな哀しい思いはしたくないから、させたくもないから、僕は、この街に戻ってきて、他人と言い争いをしない、他人を傷つけない、感情的にならない、そして明るく振る舞うことを勝手だけど元カノに誓ったんだ。
そう心掛けないと、この街とこの部屋にいると心が死にそうなんだ。
だから時々、雰囲気だけこの部屋に居る元カノに、
「どう?僕は、変われたと思うかい?」
と呟くときがある。

なんだか、思い出したら涙が出てきたよ。
本当は、元カノと一緒に幸せになりたかったんだ。
元カノを幸せにしたかった・・・

元カノと別れるとき、
「幸せになってね。もしこの先、僕が必要になったなら、僕で力になれるなら、連絡して欲しい。全力で力になるから・・・」
って言ったんだ。
本当に、元カノには幸せになっててもらわないと困るんだ。
そうじゃないと、プロポーズしてフラれるという悲劇で、深く傷ついた胸の痛みに耐えた甲斐がないもん。

実はネクラな僕は、無理に明るく生きてるけど、実は面倒臭がりでもあるから、元カノに頼られた時に備えて、今後は一人で生きて行こうと思ってる。
一人なら、誰も傷つけないし、誰にも傷つけられることはないからね。
本当に、エロがほとんどなくて、ヘタレな僕の駄弁を読まれた方、ごめんなさい。
でも、ここに吐き出したら、誰かに聞いてもらえたような気がして、少しすっきりしたよ。

3 COMMENTS

サイトウシンイチ47歳

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーあ、ここにも、悲しい恋愛を経験した人がいますよね❗️。俺には、そんな恋愛やセックスすらしていないから、失恋することが、どんなにものすごく辛い人生を歩くかは、わからないから、なんとも言えないけどね❗️。でも、貴方は、転勤の間に、ちゃんと恋愛をしてきたんだからね❗️。別に、元カノのことを忘れろなんて、言わないから、これからもちゃんと恋愛やセックスをたくさんしてほしいですね❗️。

返信する
匿名

僕はあなたのことを何も知らないけれど、好きな人が出来たら付き合って良いし、幸せにしたい人が出来たら結婚したら良いと思います。あなたの人生はあなたのものですからね。これからも前向きに、幸あれ。36歳より。

返信する

コメントを残す