エッチ体験談 13,000話 突破!!

昨日の私達

ササミさんから投稿頂いた「昨日の私達」。

先日、と言いつつ昨日のことです。両親の喘ぎ声を聞いてしまいました。

私20代、父50代、母40代の3人で暮らしていてその日も普段と同じように1日を過ごしていました。
ただ、夕食のときに普段と少し違ったことがありました。

「お父さん、少し外に出ようよ〜」

文字だけでは伝わりにくいと思いますが、母が父に対して少し可愛く?外に出るように誘いました。この時はペットの様子を見に行っただけだったのですが、今思うとここで決めていたと思います。

夕食後、私は2階にある自分の部屋で友達と通話をしながらブラウザーゲームをしてリラックスしていました。

10〜11時か曖昧ですが、それくらいの時間に母が2階にある寝室へ上がってくる足音が聞こえ、少し後に父の足音も聞こえました。このとき私は盛り上がっていたので特に気にしていませんでした。

ですが、

「はっ…んっ…あっ…」

と、母の微かに、おそらく私にバレないように我慢しているような喘ぎ声が聞こえてきました。即座に通話をミュートにして、ゲームをしながらですが聞き耳をたててしまった私。僅かな音に意識が行くのは人の習性なのでしょうか…

「あっ…んっ…はっ…はんっ!」
と、喘ぐ母。

実は、幼少期に一度両親のセックスを見ている私。なので今回で両親のセックスを知ってしまうのは二度目。はっきりと覚えているのが二度なので実際はもう少し多いと思います。

私自身、そのような欲は強いので理解はしていますが私ももう成人して大人ですからもちろん幼少期の頃とは違いますからね。なかなか耐えるものがありました( ´•̥ω•̥` )

両親の喘ぎ声が止んで父か母のどちらかが1階へ降りていく足音が聞こえてきました。その後、私は寝ようと思いましたが案の上すぐには寝れず。私が寝た後本当に両親が眠ったのか、それとも1階で続きを楽しんだのかは分かりません。今朝は聞くのは野暮だろうなと思い何も聞きませんでした。

普段は喧嘩ばかりしている両親が仲が良いことに安心すると同時に、もう少し考えて欲しいなと感じて少し複雑な気持ちになった私でした。

コメントを残す