エッチ体験談 13,000話 突破!!

旦那が3Pの話を・・

リンさんから投稿頂いた「旦那が3Pの話を・・」。

1ヶ月ぐらいの話ですが、旦那が突然に3Pをしたいと言いだしました。私はエッチは好きだけど3Pは無理だよって言っても、上手く言いくるめてする事になり、家でする事になりました。とうとう3Pをする日になり、私はドキドキしてソワソワします。

旦那の友人さんが来て少し話してから、私と友人さんが裸になり私が座ると後ろから友人さんが胸を触って乳首をコリコリ・・
友人さん『胸、おっきいし乳首が小さめ目がいいね』
私『恥ずかしいよ』
私は目を閉じてされるままに身体を友人さんの身体に密着してると、片方の手がアソコにクリを擦ったりアソコに指が入るか入らないぐらいで触ってきます。私もだんだん気持ちよくなり腰が動きだした時、旦那が近づいてるのがわかり友人さんが指で私のアソコを拡げたら旦那の指が・・
旦那『今日はよく濡れるなぁ』
私『・・・ダメ・・』
そうすると旦那は私の弱い所知ってるので、手マンとクンニであっと言う間に逝かされて私がビクビクしてる時に
友人さん『目を閉じてないで、ほら見なよ』
私はゆっくり目を開けると旦那がカメラで撮ってました。
私「撮る事は聞いてないよ。やめてよ』
旦那『いいからいいから、今日だけ』
友人さん『楽しくヤリましょ』
私は手で邪魔をしようとしても友人さんに止められ、その時も旦那は手マンからバイブになり私もだんだん気持ちよくなり抵抗は止めされるままに・・
旦那『気持ちいいだろ』
私『・・うん。』
友人さん『そろそろフェラを』
私は四つん這いなりフェラをしてお尻を旦那の方に向けてると。
旦那『指で拡げな』
指で拡げるとバイブが・・・私は思わずフェラをやめてしまい、喘いでると友人さんが私の手を持ってチンコを擦るようにと言って擦らせます。
友人さん『もうそろそろ挿れていいかな』
旦那『いいよ』
私『生でなの?』
旦那『いつも生でしてるだろ』
私『・・でも・』
友人さん『生でいいの?』
旦那『いいから早く』
私はそのまま騎乗位で挿れ友人さんは下から突いてきてる所も旦那はアップで撮りもっと撮りやすやすい様に私を背面にして友人さんの上に仰向けにしてマンコに入ってるのを撮り私は、恥ずかしいですが逝かされマンコから凄く汁が垂れると
友人さん『奥さんの汁がオレの尻まで垂れてるよ、気持ちいいでしょ』
私『・・はい、気持ちいいです、もっと突いて下さい・・イッちゃいます。』
友人さん『じゃあガンガンいくよ』
私のマンコ汁とチンコが擦れる音が響きいやらしく聞こえました。
私『・・ダメーイッちゃう・・イクッイク』
友人さん『俺もイクぞ』
旦那『中でいいよ』
友人さん『いいの?』
私『中でいいです。中に下さい・・イッちゃよー・・熱い精子を・・中に・』
友人さん『イクッ』
私『イクッー・・・』
旦那『どうだ』
私『中が熱い精子で・・気持ちいいです。』
私はゆっくりチンコを抜いて四つん這いになりアソコから垂れる精子を2人に見てもらいました。すると友人さんが垂れた精子をチンコに塗ってまたマンコに挿れてきて、バック突いてきて、私は余韻に浸る事も出来ず友人さんがイク前に私は逝きます。
旦那『ほれ、チンコだ』
私の口に挿れられマンコにもチンコが・・私は3Pってこんなに気持ちいいのって思い、凄い勢いでフェラをしてたら
旦那『出すぞ』
友人さん『こっちも』
2人ともいっしょぐらいに逝きました。私が旦那の精子を飲んだらすぐに友人さんが
友人さん『綺麗に舐めて』
私『はい』
旦那『今度はオレが』
私『マンコを精子でいっぱいにして』
そのあとはカメラ役が代わったり、色々な所でエッチをしました。時間を忘れるぐらいしました。エッチも終了して旦那がトイレに行くと友人さんが私に・・2人でしよと言って後ろからキスをしながら手マンもしてきます。私は思わず足を開いてしまい、それでは済まず私から前屈みなってました。
友人さん『また違う日に』
私『うん。内緒だよ』
旦那が出てきて、『気持ちよかったな』と笑いその日は終わりました。
私は旦那に内緒で、友人さんに逢うのが楽しみです。
読みづらくてすみません。

コメントを残す