エッチ体験談 13,000話 突破!!

女系家族の俺の黒歴史リバース

バター犬ポチさんから投稿頂いた「女系家族の俺の黒歴史リバース」。

私がS学生の頃に父方の従姉を悪戯した事が有った。私には二人姉妹の従姉が居て、姉は私より5つ上でセミロングで綾瀬はるか似のM。妹は私より2つ上で若い頃のあべ静江をショートカットにした感じのH。

叔父さんと叔母さんも子供は女の子しか居ない為か?男の子の私を比較的可愛がってくれた方、よく従姉達が私の家に遊びに来たり、私も従姉達の家に遊びに行ったりして居た。従姉達も下に弟居ないからか?私を可愛がってくれた。MとHは姉妹でも性格が異なって居た。

どっちか言うとMの方がおっとりタイプでちょっと考えが子供ぽい感じ、Hは気が強く几帳面でしっかり者だが少しオマセさんって感じ、私がS学二年生の頃にHから「叔父さんと叔母さんには内緒だよ!女の人のアソコに男の人のオチンチンを入れたら、子供が出来るんだよ」って教えて貰った。未だセックスやマンコって言葉は全く知らなかったけど。

当時はハレンチ学園と言うエッチなドラマの再放送やキューティーハニーの影響で子供達の間でスカートめくりが流行って居た。私は従姉達のスカートもめくった事も有りますがMはスケベとかエッチやなとか怒ったりするが、Hの方は怒らんかった記憶も有ります。服の上からMの膨らみ掛けたオッパイを触った事も有ったなぁ。

Mの方が美人だが、私はどっちか言うと年も近しHの方に懐いて居た。私の子供の頃は内弁慶では無かった。外で発散するタイプで毎日、上級生との喧嘩に明け暮れて居ました。学校一番の悪ガキで通って居る位で、私には一人じゃ勝てないと踏んだ近所の子供達全員に地面へ羽交締めにされ、一つ上の学校で5本の指に入る不細工な女の子Cにファーストキスを奪われました。

近所の子供達は私が嫌がると思ったんだろうが、私は未だほっぺにチューがキスで、唇を重ねるって事を知らなかったから、嫌って言うよりびっくりして居た。不細工って事だけで皆はCを嫌って居るみたいだが、Cは私にとても優しい子やったから嫌いでは無かったからです。今思うとCは私が好きやったんかな?私にキス出来る絶好のチャンスって思ったのかな?今思うとおだててマンコ舐めたっら良かったかな?その頃はそんな知恵が無かった。

従姉のHは私が可愛い顔しとると思ってた様で多少好意を持ってみたいな所有りました。イケメンって顔では無いが醤油顔で黒目、当時は御相撲さんみたいな肥満児でフツメンだが小動物系の顔らしい?私のアダ名はタヌキでした。Hが家に遊びに来て、二人で火燵に入って居た時にCから教わったキスに味をしめてHにキスしてしまった。誰から教わった訳では無いが、本能的に舌を入れたら、私の包茎ぺニスがムクムク大きく成って勃起した。

そして私はHのズボンのベルトを外し、チャックを下ろしたがHは「パンティが見たいのね?エッチねぇ!」と思ったんか?Hは何も言わなかった。私はその時、Hのパンティへ右手を滑り込ませ、S学四年のつるつるマンコを触って居た。Hは最初はイヤイヤと言ってたが、次第に何も言わなく成って行った。

マンコを撫でたり、マンコを軽く揉んでみたりしたが、未だ指を動かすって技術を知らない私は触って居る内に自然にマンコの割れ目に中指が堕ちた感じで触って居ると、いきなりドロッと生暖かい液体が吹き出して来た。女の子はマンコを触って気持ち良く成ったら濡れるって智識が無かった私はHがお漏らしたと思って、パンティから手を抜き、手の臭いを嗅いだら、オシッコとは違う何か変な例え様も無い今まで嗅いだ事も無い臭いだった。慌てて手を洗いに行きました。

当時は火燵は大好きな夢の空間!Hが叔母さんと家に来た時にわざとHの横を陣取り、火燵の中は外から見えないのを良い事に、近くに叔母さんや母親が話して居る最中にこっそりHがスカートで来たら、手を伸ばした。Hの太股を撫でたり、スカートの奥に有るパンティごしにマンコを触るのが嬉しく思えた。親達にバレ無い様に触るとスリル感も味わえるし、Hも触れとるのを隠し、平然を装う表情をして居た。あれから三年後再び中学一年に成ったHが家に遊びに来て、火燵に入って居た。私に触っと欲しいかの様なミニスカートを履いて居たHは火燵の中で白いサテン地のパンティ丸だし、S学年の頃の綿のパンティに比べ物に成らない様なセクシーさに欲情した私はHの太股を撫でた。

今思うとパンティの横から手を入れたれば良かったが、手触りの良いたパンティの中へ右手を滑させたら、Hがパンティの上から右手でガードして来た。何とHの股間には陰毛が生えて居たから、恥ずかしかったのでしょう?何度もチャレンジしたが全てガードされてしまった。私の右の手の平にはじょりじょりしたHの陰毛の感触が残っただけでした。Hのマンコが触れられないなら、私の勃起した包茎ぺニスをHに触らせたれと思って、Hの右手の手首を握って私のグリーフの中へ突込ませた。

Hの指先が私の皮被りの包茎ぺニスに触れた瞬間、腕を引くH。同じ事を二回繰り返したら、オシッコが出る所やから直接触ると汚いと思ったんか?何とグリーフの上からだけどHの方から私のぺニスを触って来たのです。優しい触り方やから、私はHの手の上に私のを被せHの手を押し付けて触らせて居ました。今度はHのブラウスのボタンを外し、Hの乳房を見た。Bカップ位で乳輪も小さな薄茶色い乳首が露に成った。私は夢中でHの右の乳首を吸った。

乳房は微かに粉ミルクぽい香り、吸って居る時には腋の下の臭いも近くやからした。乳輪を舌で舐め回すとかの智識が無いから、赤ちゃんみたいに吸ってるだけやった。長時間余りしつこく吸うとHは気持ち悪かったんか?私を乳首から一度引放したが、強引に今度は左の乳首に貪り付くと、Hも諦めた様子でした。男は呼吸時にお腹が動くが、女は胸が動き、Hの乳首を吸って居る間に動く胸にも興奮したものです。その翌年の夏に私の方が従姉達の家に遊びに行くと、ワンピース姿で寝転んで扇風機に当たってたHの太股から見えるパンチラに欲情した私は太股を撫で撫で、フリル付きの白い綿のパンティへ右手を滑り込まそとしたがガード。

仕方無しにワンピースの下から手を伸ばし、ブラジャーの下の乳首を触った。寝返りを打ったHの白いパンティをずらし、丸だしに成ったお尻を触った。お尻の割れ目から右手をを突込んでも何も言わんH。多分前には陰毛が生えて居るから嫌がり、後ろからなら陰毛が無いからかな?私に触られ興奮したんか、マンコはグッチョリ濡れて居た。

太股とか舐め回して置けば良かったけど、その時には思いつかなかった。慌ててパンティを戻すHだが、すっかりスケベモードの私は自分のズボンのチャックを空け、グリーフをずらした。私の飛び出した勃起した包茎ぺニスをHのすべすべな太股やお尻、パンティの上からやがマンコに擦り付けたり、押し付けて居た。皮被りで今よりぺニスのサイズは小さかったと思うけど、硬さは半端無いと思います。

それでもHは何も言わなかったが、Hのパンティのクロッチの部分を指でつまみ上げ中を覗いたら「いや~っ」と悲鳴を上げたから止めました。真っ黒な陰毛しか見えかったけど。今なら「一万円お小遣いやるからマンコ舐めさせて」とか言うかも知れないがS学生にそんな金も無いし、此以上の事は出来んかった。

それから二年後、私は中学生に成った。Hは高校生に成って居ますが、私の家に遊びに来たHのピンクのトレーナーの裾から手を入れ、ブラジャーの中の乳首に触れてたら、びっくりする程発達して居た。指先に乳輪が500円玉程も有り、大きく成って居るのが伝わり興奮した記憶が残って居ます。Hはジーパン履いて居て、思う様にマンコは触れませんでした。

当時は未だ子供やからか?温泉や銭湯でお父さんと一緒に来た女の子のマンコは見れるが、陰毛が生えたマンコは珍しく先ず見れんから、Hのマンコを見たい!Hのマンコを触ってみたい!成長した乳首を吸いたい!と言った願望は有りました。残年ながら、叶わぬ夢で終わったけど。それからHは短大生の頃に彼氏が出来たり、その後で別の男性と結婚した。

二人共、Hとセックスはしたでしょうけど。しかし元彼や旦那はHの発展途上の乳首は吸ってへんし、陰毛生えて無いマンコを触って無い。私のS学生の頃の皮被りでチンカス溜まった包茎ぺニスの方が先にHに触って貰ったと知ったらと考えると「勝った」みたいな優越感に浸れます。此だけは流石に墓場に持って行く秘密だが!未だ私もセンズリさえ知らぬ頃の話ですが、童貞の頃の話の方がエロさ溢れる文面が書けますね。私も五十半ばで高が付く病気には全てかかり、何時突然死しても可笑しく無い位に成って来ました。虎は死んで皮を残すと言うけど、私が死んだ所で何も残らないから、此読んで興奮してくれる若い男女の為に文章を残しました。

コメントを残す