エッチ体験談 13,000話 突破!!

二穴セックスして喘いでいた元カノを思い出すとき

元カレさんから投稿頂いた「二穴セックスして喘いでいた元カノを思い出すとき」。

昨夜、いつもの様に優しい前戯をして、妻とセックスをしました。
妻のラビアをめくり、ヴァギナを舐め、クリトリスを吸いながら舌先で転がしました。

私の前戯に吐息を漏らし、愛液を溢れさせる妻のことは愛していますし、セックスも気持ちいいし、満足していると思っています。
子供も二人産まれ、三十路夫婦となりましたが、今も変わらず夫婦の営みが楽しめています。
でも時々、元カノのことを考えることがあります。
いままでに一番好きだった元カノは、妻の前に付き合っていた彼女です。

その彼女とのセックスを鮮明に思い出し、妄想は膨らむ一方です。
元カノはとてもセクシーで美しく、魅力的な女性でした。
そして元カノとのセックスは最高で、他の元カノとのセックスとは別物でした。
変態的で、双頭ディルドでアナル同士で繋がったまま、ペニスとヴァギナでも繋がるのです。
このセックスはどうしても対面座位になるから、結合部が丸見えになります。
二人で向き合って、腰をくねらせ合い、淫らに、そしてえげつない喘ぎで貪り合いました。
もう一度元カノ二穴セックスがしたいと思ってしまいます。

元カノは、夢を追って上京しました。
私は、夢を追う元カノの背中を押しました。
「君ならできる。頑張れよ。」
「ありがとう。元気でね。」
と見送り、背を向けて泣きました。

やっと元カノとの恋を過去のものとできて、別れて2年くらいで妻と付き合い始めた頃、風の便りで元カノの活躍を聞きました。
舞台、頑張ったんですね。
別れて間もなく10年ですが、ここ数年は、時々テレビでも元カノを見かけることがあります。
もし、保守的な私と続いていたら、今の元カノはいなかったでしょう。
私は、可愛い妻と子供達と楽しく暮らしています。

元カノと過ごした日々は、忘れられない青春の思い出、そして淫らな思い出です。
画面の元カノはとても清楚で上品で、二穴セックスするような淫らな女性には見えません。
これからも頑張ってください。
元カノのことは、遠い空から応援しています・・・

1 COMMENT

コメントを残す