エッチ体験談 13,000話 突破!!

年上再婚妻を緊縛調教してマゾ覚醒させました

S夫さんから投稿頂いた「年上再婚妻を緊縛調教してマゾ覚醒させました」。

バツイチ子有り同士で5年前に再婚した、私41歳、妻49歳の夫婦です。
交際は8年前からしていましたが、妻の娘が大学進学で上京した5年前に再婚しました。

因みに、私の娘はまだ中1なので、母親の存在はありがたいです。
妻は8歳年上ですが美形で、垂れた目尻がとても優しそうな印象を与え、可愛らしくもあります。
スリムながらも年齢相応に贅肉のついた身体は、特にお尻から太腿にかけてのムッチリ感がたまらなく艶かしいです。
若い女性には無い、経産婦熟女特有の黒い乳首にもハマっています。

妻の結婚期間は10年、私は3年で、前妻は娘と離婚届を置いて若い男と逃げてしまいました。
妻は人妻歴10年の貫禄で、オマンコもドドメ色、交際時から気付いてましたが、マゾっ気がありますので、再婚後は調教しています。
可愛らしい美貌の熟妻を辱めるのは、何とも言えない興奮です。
特に、調教の様子を動画撮影したものを見ると、客観視できて新たな魅力発見です。
画面の妻は、年上の上品なおばさまがM字開脚で緊縛されて、年下の男から好き放題に恥ずかしい穴を責め立てられて、ヒンヒンしている素人投稿動画のようです。
この「年上の上品なおばさま」の痴態というのがソソルのです。

何しろ、女の悦びを知り尽くした女体ですから、若い娘には無い乱れっぷりを見せてくれます。
年上熟女妻の調教は、下手なAV女優よりもメス豚ぶりを披露してくれます。
年上熟女妻のセックス経験値が高いからこそ、日常的な性生活に飽きて、緊縛調教での変態行為に目覚めるのでしょうね。
妻を調教するだけじゃなく、その調教動画を編集するのも楽しいです。
手足を縄で縛られ、アナルとオマンコを丸晒しでバイブを2穴に突き挿され、延々と振動を繰り返され、潮を噴くほどの連続アクメするその姿は興奮します。
分別あるアラフィフの淑女が、あられもない格好で縛られ、恥ずかしい穴を責められ、はしたない反応を見せるのですから、非日常を楽しめます。

乳房を協調するように緊縛され、乳首を洗濯ばさみで挟まれ、クリトリスを吸引され、オマンコをバイブで突きまくられる凌辱に、快楽の絶頂が突き抜けるのです。
バイブだけでなく、アタッチメント付きの電マや、極め付きは吸引した直後のクリトリスにローターを張り付けてイカせ続けると、白目を剥いて気絶します。
家では、夫婦の寝室の奥のウォークインクローゼットだったところを改造して、調教部屋にしていますが、やっぱりラブホの方が楽しめますね。

縄で縛られて拘束された妻は、オマンコに入れられたバイブを縄で固定されたまま、吸引されたクリトリスを責められて、
「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」
と悶絶します。
49歳の清楚な奥様が、完全にマゾ覚醒してヨガリ狂う姿を、前の旦那さんに見せてあげたいくらいです。
ラブホに行くのは安全日なので、最後、中出し精液が緊縛された股間からドロリとこぼれ落ちる様子は、興奮します。

妻は帰宅すると、
「ああ~~気持ち良かった・・・」
と満足した表情をしますが、その時の妻の顔はとても綺麗なんです。
中年女性特有の落ち着きと、穏やかな笑みが楚々としていて、つい1時間前に縄の快楽に潮を噴いていたとは思えないのです。
私は、こんな妻をずっと愛していこうと思っています。

1 COMMENT

コメントを残す