エッチ体験談 13,000話 突破!!

トイレ内全裸拘束放置風

ミチさんから投稿頂いた「トイレ内全裸拘束放置風」。

思えば中学生の時にケータイからネットで無修正の勃起チンコを見たのが運のつきだった
私は暇さえあればネットで検索してチンコを見るのが日課となった

いくつものチンコを見て、そのチンコが私のマンコに入ってくる妄想でオナニーをするようになった
それは高校生になっても変わらなくて、むしろ妄想内で過激になっていった
押し倒され、服を破かれ、組み伏せられ、無理矢理挿入してきて、何人ものチンコに何度も犯される。そんな想像ばかりしていた
まだ処女なのにレイプされたくてどうすればいいのか、そんなことを考えていた
レイプはされたいけど、それで妊娠とか困るし、病気とか持ってて移されたら嫌だし
何ヵ月もかけて立てたプランを実行することにした
使う場所は団地内にある多目的トイレ
私は中に入ってまず、誰も入らないように施錠
服を全部脱いで全裸
買ってきたコンドームを使用済み風に中に練乳入れて便器回りに何個か放置
口には手拭いで猿ぐつわ
そしてカギは解除してから自分で足をロープで固定
マンコには中出しされた風に練乳をたらし、それから実際には拘束されてないけど両手を後ろ手に縛られてる振りをした
私の横には未使用のコンドームが箱にまだいくつも入っている
自慢じゃないけど私は顔は悪くない。告白されたことも何度かある。私の今の姿を普通の男が見たらきっと襲ってくるだろう
私が中出しレイプされてるのを見たら病気を恐れて横のコンドームを付けてレイプしてくるだろう
後は破瓜の痛みを我慢するだけ
私はワクワクしながら誰か来るのを待ち続けた
2時間は待ったと思う。その時は来た
ひとりの男の人が入ってきた
カギはかかってないし誰かがいるなんて思いもしなかっただろう
私の姿を見てフリーズしてた
たっぷり30秒は立ち尽くしていた
やがて動き出したかと思うとジロジロ私のオッパイとかなめ回すかのように見て、両手で両方のオッパイをつまんできた
少しの間オッパイ揉んでいたけど、いきなり力一杯両方の乳首をつまんできた。いきなりの痛みに私は涙が出てきた
猿ぐつわでまともにはしゃべれないけど、痛いって伝わったようで乳首から手を離し、口に含んで舐めてきた
男の人は私のマンコをじっと見て、「あっ」
と呟いたかと思うと忘れてたと言わんばかりに、ドアのカギをかけた男の人もズボンを脱ぎ捨て、夢にまで見た生チンコを披露
ああ、今から犯されるんだ
男の人はしゃがみこんで目の前のマンコにしゃぶりついてきた
「ん?」
ビックリしたように男の人が私のマンコから離れた
「甘い」
男の人はトイレの端に置いてある私のカバンを探りだした。そして取り出した練乳のチューブ
そして、私の背後を覗き込み、私の両手が拘束されてないのを確認している
「お前、さてはただの変態だろ?」
男の人が私をメス豚でも見るような目付きで見ている
「お望み通りしてやるよ」
と男の人が私の両方の膝を広げ生で挿入してきた
ヤバイ、生でヤる気だ
そして初めての痛み
痛い!痛い!
想像以上に痛い
男の人のピストンで終わらない痛みに耐えてそして男の人は中に射精した
私のマンコから垂れてくる血とザーメン
「へっ、処女でこの変態かよ。救えねぇな」
男の人は一旦、私のマンコをトイレットペーパーでキレイに拭った後、2回目をしてきた
処女は無くしたけどまだ痛い
そして2回目の中出し
男の人は私のなんちゃって両手拘束をロープで本当に拘束してズボンを穿いて入り口のドアをつっかえ棒で全開にしてトイレを出ていった
トイレ周辺はあんまり人は通らないけど、少しは通るのであっさり男二人組に見つかった
「おいおい、マジかヤり放題かよ」
「シンタも呼ぶわ」
一人が犯してきてる間にもう一人が電話して他の人も呼び出した
二人プラスもう一人の三人が交代で私を犯してる時、全開だったドアは閉めてあったけど、カギはかけてなくて、たまたま入ってきたもう一人も参戦。何時間もレイプされ続けた
何度も中出しされたので生理が来るまでヒヤヒヤしていた
幸い妊娠はしなかったけど、それから中出しNGで性処理に呼び出され何年もの間、犯された
時々、知らない人が増えて、そこから更に知らない人が一緒に私を回した
中出しNGだったのにいつの間にか中出しされるようになって私は20代前半で妊娠
それからは性に乱れる事もなく、シングルマザーとして暮らしてます

コメントを残す